レッツエンジョイ!トイレの便器で半身浴!

新年早々死んだかと思った

今週のいつだったかに、トイレで気絶しました。 どっちかといえば失神かもしれませんが、まあどっちもでよし。

なんか眠いなと思いぼくにしては珍しく0時回る前ぐらいに寝たのですよ。 そしたらこれまで珍しく、3時頃に尿意に起こされまして。 当然トイレに向かったわけです。

小を終えて流したらへんで、ふっと立ちくらみが。 「おっ、これはデケえぞ!」とふら~っとしたまま壁にもたれかかかり…。

気づいたらトイレに右腕を(多分)肩の下ぐらいまで浸してました。

ヴォエ!!!!!!!!!!!

もう最高にビビりましたよ。 とはいえ、寝起きでぼーっとしてる上、気絶から回復後なので超絶ぼんやりモードです。 腕が濡れてんな…と考えながら着ていたものを全部ポーイしてシャワーを浴びました。 最高に気持ち悪かったような気がしたのは覚えています。

初体験ではないという事実

なんと、この手の経験は初めてではないという。 先月にも同じような事態に陥ったんですよ。 その時はトイレから出た直後で、台所の前でぶっ倒れてました。

本当に面白いのは、感覚的には気絶後の状態から数秒も経ってないのに倒れてるってことですね。 倒れていく過程だとか、倒れる瞬間だとかは一切覚えてなかったです。 なんかもう気づいたら地面に伏してる感じ。

会社の人たちに行ったら医者行けって言われました。 友人からも医者行けって言われました。 内科が良いそうです。

流石に今度行きます。 今はちょっと仕事がね…。

それでは今日はここらでサヨウナラー

関連記事

2020.02.05
脳死営業マンのみんな~~~~~~~~

脳死営業マンの心得 1.リソースの確認はするべからず 調達可能なリソースの確認なんてしない。仕事が取れてから「できますか?」って聞き出す 2.できることを前提に受ける できないは言わない。できることを前提に見積もりしはじめる。後になって「リソースありますか?」とか言い出す 3.見積もりは勘と気合 現リソースなんて知らないから普段どおりの見積もりを出しはじめる。いざというときに外注できる余裕を持たせるとかは考えない。周りの状況に捕らわれない柔軟な見積もりを出す。(毎回出す見積もりはほぼ同じ、内容は問わない) 育 成 失 敗 上司は早くこの事実を認めて? 実際、定形で作っといて出すだけっていうのは大変便利です。誰でもできるように形が決まってる点もベスト。問題は本人の頭がキマってるという点。 見積もりするならまずはリソースの確認からしてくれませんかね…。ていうか見積もりした後に「ここからここ、空いてますか?」とか言い出すのやめませんか? 別にできるけどさー!!ぼく優秀なので!!!他の人に手伝ってもらうので!!!(?) 必ずリソースを確保できることを確認してから見積もりをしましょう。というかそもそも周りの状況を把握して、外注するなりなんなりの判断ができることを前提とした見積もりを出しましょう。つーか、できる奴がいるかどうか確認しないで作るんなら、それが常識では?ぼくより倍は長くこの仕事してんだからさぁ!!そのぐらい分かれや!! ていうか!!!!!!最近ぼくがフロントエンドやってんだから!!!先声掛けろや!!!!!!!

デフォルト画像
2020.02.24
クリエイティブ性能が低すぎてフロントエンド職の適正が高まらない

ド深夜のエントリー。転職して~~~~~~~~!? ただの愚痴みたいな将来の不透明性みたいな。 求められるデザイン性 そろそろ今の職業続けて3年間経ったと思う。そもそも2月頃バイトで入ってたし実質3年。フロントエンドエンジニア3年やった。 コーダーから入ってフロントエンドの領域色々やってるわけだけど、そもそもフロントエンドエンジニアって何よ。 フロントエンドエンジニアとは?HTMLコーダーとの違いや役割 https://html-coding.co.jp/knowhow/about_coder/front-end-engineer/ およそ5年前の記事だけど、まあ今も大体こんな感じ。 さて、3年続けて大体わかってきたことだけど、フロントエンドの人間はある程度デザイン性能を求められるわけで。別にガッツリデザインしろって話ではなく(それは専門職がいるから)、部分部分で必要な要素をこっちで補完する必要がある。 一言で言ってしまえば「そこそっちで良い感じにしといて」っていう話。 特にこれが求められるのがアニメーションとかの細かい動き。デザイナーは「終点」は示すけど、そこに至るまでの「道中」までは指示しない。これも具体的に言うと、「要素をホバーした時のデザイン」はあっても、「ホバーするまでの動き」は指示書にはない。だからそこはなんとかこっちで埋めないといけない。 なんでこっちでそこまでやんなきゃいけねえんじゃとは思うけども、そこまで指示してたら仕事になんないし…。逆に、そこを楽しめるんならなんも問題ない。 多分だけど、世の中の上級フロントエンドエンジニアはデザイナーとしての側面も持ってる人が多いんだろうなと。ていうかむしろデザイナーからこっちの領域に足を踏み入れる人が結構いる。そうなるとそいつらの独壇場で、フロントのコーディングもできてデザインもできてって、そりゃ無敵よ。勝てる道理がねえべ。 だからってわけかそうじゃないかなんとも言えないけど、フロントエンドエンジニアはある程度のデザイン力が求められる。(ここでのデザイン力は、ひとつのデザインを作る能力じゃなくて見えない部分を補完する能力) 生きてけねえよって話 ぼくの場合は、デザインのインプットが完全に0だからアウトプットもできないんだよね。基本的にデザイン苦手だし。 とはいえ、WEB業界におけるデザインは勉強すればなんとかなる世界だったりする。およそ勘違いされやすいのが、デザインとアートの違いについて。学校とかで工学の授業受けたりすればわかるけど、デザインはセンスじゃなくて引き出しの数が強さ。アートなんて門外漢だし知らんけど、デザインなら実はインプットとアウトプットを繰り返して勉強すればなんとかなるもの…だと思う。 そんなこと言ったところで、じゃあ今からそれやりますか?って言われても絶対やらんけど。 会社の人と話してて面白かった話で、「デザイナーは基本コーディングを嫌う」。このあたりはぼくがデザインを嫌う理由と大体同じで、なんとなく無理ってだけ。なんかつまらんらしい。ぼくからすればデザインのほうがよほどつまらんけど。下手なりにアニメーション考えて実装してるほうが楽しいわ。 話が脱線、要は ・フロントエンドエンジニアで生きてくにはデザイン力はある程度必要でしょ・デザインなら色んなの見て引き出し増やして勉強すれば大体解決する・今からやる?無理! っていうぼくの状態を語りたかっただけです。 いやー、実際無理よ。今からデザインやれって言われたら会社逃げ出すわ。だって無理でしょ!?!?!? ぼくが裸足で逃げ出す、それがデザインだね!!! 逃げてもいられん でも流石に逃げてばっかりじゃどうしようもない。奇跡的にぼくが今の若い感性のまま30,40と歳を重ねていけるんなら、同世代を叩き落とすこともできるのかもしれん。まあでもそんなことはまず無理だろうので、感性がある程度若いうちに逃げ場を作る必要があるのね。 そんなこんなで最近考えてるのがCSSアニメーションとか。理想的な流れとしては、 ・CSSアニメーションがちょっと楽しいからやってみる・引き出しを増やすために良い感じの動画とか動きのあるサイトを見る・デザインの引き出しが増える→なんかいつの間にかフロントとしての提案力も身についてる~~~~!? という完璧なもの。これはもう勝ち確定未来が光り輝く黄金パターン。 つーことでCSSアニメーションやってるけどダメだわ、わかんね。何が良いのか悪いのか正直判断つかんしどうしようもねえな。 やればやるほど自分の無能さが目について逆に気持ちよくなってくる気がする。マジで最高にクソで楽しいな。 M3終わるまでは、関連した事柄で色々忙しいんでアレだけど、終わったら本格的にCSSアニメーションで遊んでいこうかなって考えてたりする。具体的には、アニメーションの引き出しを増やしていきたい。 そのためにはまず今中途半端な状態になっちゃってるポートフォリオを完成させたいんだわ。アレ一応CSSアニメーションガリガリ動かして作る予定だから。完成したら結構良い感じに慣れると思うんだよなあ。 この仕事も3年経ったということで、そろそろ本格的に特化した技術身につけようとしてたりなんだり。でも楽しくねえもんは絶対やりたくねえから、ちょっと面白そうなCSSアニメーションを頑張ろうな。 誰か今サイト作ってほしい人いないの?身内でもいいからぼくの作品リストのひとつとして載せるから話くれ。

デフォルト画像
2020.04.19
テレワークの兆し

テレワーカーぼく氏 このご時世、仕方のない話ですがテレワークの話がぼくの会社でも出ました。面倒くせえ!!! 当たり前の話ですが、守秘義務とかなんやかんやがあるため、基本的に自分のPCに仕事の内容を持ってくることができないんですよね。そこで当然のように手段としてあがる、「PCを持ち帰る」「リモートデスクトップ」ですよ。後者はぼくが案として挙げたので、自業自得なんですが。 テレワークとかそんな簡単にパッとできるものかよ!なんかもう色々とどうすんだよ!リモートデスクトップとか正直遅延が酷すぎて話にならんぞ!!! とかなんとか頭の中では考えてるんですが、まあそれをせざるを得なくなるんだろうなあとも思っています。だってしょうがないんじゃんね。 というわけで、もしかしたら今週の半ばぐらいから試験的におうち勤務が始まるかなーって。どうやってモチベーション確保しましょうかね。在宅勤務の一番の難しさはそれやねんな。 勤務態度監視とかいって常にzoom付けっぱを強要されたらやだな~~~~。ありえるから困る、意味もねえのに。