20200425-1

関連記事

デフォルト画像
2018.12.04
イベント始まりましたけど

この子可愛い 髪の毛いつ伸ばしたの?って感じですが可愛いので許します。 今回ばかりは性能ではなくビジュアルで選びましたよ。 こんな可愛いのならカオスに堕ちてしまっても致し方なし。 報告は以上です。 アイエエエエ! ニンジャ!? ニンジャナンデ!? にんじゃなんで? 記念すべき初(?)イベント対象キャラは、不思議なことにアマネちゃん! いや可愛いからいいんですけど。 報酬も忍者。 こういうのもなんですけど、アマネちゃんあんまりストーリーに関わってないから影薄いですよね。 それなりにデカいイベントとしては初なのになんでアマネちゃんなんだろう…。 可愛いからいいけど。 ソシャゲあるあるイベントピックは、スタートダッシュガチャになってしまっているのでステラです。 不思議なことにアマネちゃんはピックアップされてません。 なんで? ソシャゲあるあるイベント特効ですが、なぜかシンボルにしか付きません。 せめてアマネちゃんに付けてくれりゃいいのに。 こんなんでツバクロウくん手に入るんですかね…。 いや多分ストーリー進めるだけでツバクロウくんは手に入るんですけど。 ツバクロウくんは一生ツバクロウって言われると思う、きっと。 色々と疑問が尽きませんけど、ストーリー内のアマネちゃんが可愛いので大丈夫です。 可愛いは正義ってママが言ってた。 これが終わったらぼく、アマネちゃん育てる。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2018.09.02
恋声を使って生配信日記

女の子の声を目指すプロジェクト どうもです。 恋声がすげえって思ったsaikoです。 勢い余ってニコ生プレ会員になって配信までしてみましたよ。 その時の様子がこんな感じです。 {% youtube TQ6qp11i5Z8 %} ニコニコ生放送 9月2日 18時半~17時 PSO2での配信 てな感じの内容です。 音がちっちゃかったりするのは我慢していただきたい。 環境的にこれで頑張ってるなってぐらいなんですよ! 今回使ったソフトは配信用にOBSと、ボイチェンとして恋声になります。 マグロナさんが恋声を使ってるとかなんとか聞きました。 あの声がこれで出来てるってすごいことですよ本当に。 なんであんな声出せるんだ、どうなってんだ声帯。 ほんとは女性なのでは!?としか思えないっす。 反省点 じゃあ反省点行ってみましょう。 地声が出てる 慣れてないから声が段々と出てこなくなっていく 喋り方が男 といった所でしょうか! 会話内容が薄いとかは気にしない方向で進んでいきます。 だって別に会話したいわけじゃねえし! まだ! では最初の「地声が出てる」から。 これは、言ってしまえば慣れの問題ではあるんですけども。 基本的に裏声っぽい感じで出してる声なので、ふとした拍子に地声が出てくるんですよね。 これをなんとかするとなると、数こなすしかなさそうなんですよね、結局のところ。 飲み物消費しながら喉を消費していくしかない…。 続いて「声が出なくなっていく」件について。 これ、喉を鍛えるしかないんですよね!!! でも喉を鍛えるってそれつまり繰り返すしかないんですよね!! じゃあ慣れろって話だ!!! 最後の「喋り方男」ですけど。 これもうアレですよね、世の中のボイチェン配信者さんは女性の喋り方を学んでるのでしょうかね。 かなり難しいと思うんですけど。 男性のキレのある感じな声を封印しなければ無理という。 ちなみに、そのままの雰囲気で恋声に掛けると、オタク女子、腐女子的な感じになります。 UDKっち、みたいな? ということで、記念すべき第一回恋声放送を行いました。 ほとんど突発的にやったみたいとこありますけど、そこそこ楽しかったです。 一応今日だけで「Twitch」→「YouTube」→「ニコニコ」と経由して放送してみました。 唯一人が入ったのはニコニコだけでしたね。 なんだかんだであそこはゲーム実況ってだけで人が入りますからね。 最終的な人数は24人でしたけど、PSO2はそれでも注目されるもんなんすね。 ちなみに、コメントが入ってるかもしれませんけどほぼすべて身内です。 そうそうコメントする人なんて出てきませんでした。 まあ恋声使ってますって名言してるし、多少はね? 初めてのことでしたけど、わりと楽しかったです。 次回やるとき、それは気が向いたときです。 恋声練習のためにやるかもしれません。 将来の夢はゔいちゅーばーかもしれないぞ! だから誰かぼくに受肉用の肉体をくれな! それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2020.01.31
WordPressの愚痴を書いた日記

ただの愚痴だよ Gutenbergは本当にクソですよ、本当に。何がクソってフックかけて操作できないからだよ。 Gutenbergって、投稿画面の上と右にそれぞれ色んな機能をもった管理バーがあるんですよ。 赤枠で囲ってる部分ね。この部分、4.X系の時はfunctions.phpでフックかければ色々できたんですよ。それが、5.X系になった途端にできなくなってしまったという。 なぜか…いやぼくもようわかってないのですが、多分主な構成がjsになったからじゃないかな。どうやらWordPressの新エディタであるGutenbergは、ブロックとか諸々がReactで生成されているらしいのです。つまり、jsでできてるってことですかね。多分非同期での処理とかREST APIの実装とかそういうのを考慮してのことなのではないかとは思う。 これのせいでPHPによる操作、つまりはフィルターフックとかアクションフックとかなんかそういうのでわちゃわちゃできなくなってしまった模様。 「プレビューボタンを消して!」とか「文書で不必要なものを削除して!」とか そういうことができねえ!!! ただ、別にできねえってわけじゃあなかったりする。消すだけならぶっちゃけCSS使って無理やり削除することもできる。ボタンの追加なら基本部分が全部jsでできてるわけだから、それで操作したりできる。 作業は100%完了したのですが、希望が見える90%ぐらいまでイライラしながら作業してました。ほんとクソって思った。 希望が見えたのは「wp.domReady」という存在を見つけた瞬間。これ、エディタを操作するために用意されてるらしく、要は「WordPressのDOMが用意されました」っていう瞬間を捉えられる。つまり、これを使えば「WordPressが用意されたら指定のjQueryを発火させる」ことができる。 具体的には、wp.domReadyを起点にしてbeforeでプレビューボタンをもいっこつけることができるし、removeで「パーマリンク」を削除することもできる。 cssでは限界があって、「テキスト設定という文字を持つDOM要素」とかって指定ができない。jsは恐ろしいことにその辺もなんとかできてしまうため、超優秀なんですなぁ! ということで解決案見つけてから即終了。最後の10%ぐらいは晴れ晴れとした気持ちで仕事を終えることができました。 まあアレだよ、90%ぐらい無茶振りだろとか考えてたけど、終わってみれば知見が増えたとも言えるんだよ。後付だけど。 マジで許さねえからな、昨日の残業3時間分返せよ。