秋M3オンライン会場、最高に便利で楽しかった

M3お疲れじゃない様です

M3が終わりました、今日でした。
ぼくは新幹線の予約だけして、面倒だったので行かなかったです。
いやあ、今回のM3は例のアレで制約があったり参加者が少なかったりと、ずっと迷っていたもので…。
正直現地でしか手に入らない!みたいなのがあまりないなと思ったので結局行くのをやめました。
遠いし。

本イベントは、他イベントと同様(?)に、オンラインイベントが施策として盛り込まれていました。
どうも、諸々を見るにメロンブックスが仲立してる模様。
他でもここのを使ってたりするんかな。

これが大っっっっっっ変に便利で、流石に現地と全く同じものが手に入るというわけではありませんが、結構なサークルさんがこっちでも販売していました。
ぼくのような田舎民には大変便利なシステムであります。

そして何より、各種サークル情報に加え、頒布物の説明とかが書かれているという充実ぶり!
本家、従来のサークルリストは、リンクが書いてあるだけでその手の機能は存在してなかったんですよね。
(だからぼくが自分でスクレイピングしてサークルチェック用のを作ってたわけですが…)

ネットによほど疎いサークルでなければ、こちらとしてあちらとしても相当な恩恵があったはずです。

できるならこれは一生やってほしい…システム利用料とかそういう問題はあるんだろうけど。

取得物リスト

オンライン版だけなので現地がどうなってたかは知りませんが、それなりに買わせていただきました。

商品名だけですけど、こんな感じです。

  • Iris Tears
  • こんな私の音楽を、どうか聴いてくれますか。
  • Connect
  • Uneven
  • Little King
  • BACON!~bass compilation Album~
  • 東京風花
  • 人魚姫が、もうひとり
  • 水の都のアリエッタ
  • pf_es
  • Mountain Peaks
  • 円環と星のグリモワール
  • Diary
  • Axioma
  • alone
  • 滅亡せる魂の道
  • おうちだいすき
  • なついろのまもの

そこそこ買った気がしますね。
合計で16,000円ぐらいでした。

参加サークル自体が少ないので、今日ぱぱっとサークルチェックしながらポイポイカートに入れていった感じです。
なので、後日「アレもあったのか!」とか言い出すと思います。
今回はサークルチェックしてる余裕がなかったので…(仕事)。

大変助かるオンラインイベント

ぼくみたいな人間にとっては非常に有用なシステムですほんと。
大体の人がクロスフェードをどこかしらにアップロードしてますしね。

しかし、こうしてみると本当に色々なイベントがオンラインに場を移してます。
現実的な問題があるので仕方ないと言えば仕方ないんですが…。
音楽作ってるような人たちが機械に疎いとはあまり思えませんけど、それでもこの手のフィールドに慣れてない人たちはいるんですよね。
そのあたり、力の入れ具合に顕著に出てて、サークル登録だけして動画も何も、情報も何もネットのほうに書いてない人が結構いたりして。

まあこの辺は前からそうなんで一概にどうという話ではありませんが。
ありませんけども、現実よりwebに場所が移りつつあることは確かなので、最低限の知識は入れていかないといけないんでしょうね。

今日のオンラインイベントを見ていて、大抵が下記のパターンでした。

・youtube/サンクラ/ニコニコ クロスフェード動画(4:5:1ぐらい)
・BOOTHへの誘導(BOOTH側だけでクロスフェードが置いてあるパターン)
・特設サイトへのリンク(あんまりなかった)
・自分たちの情報(HP、SNS系統)

ちょっとアクセス解析的な話になるんですが、大体のサイトの回遊率って、およそ1~3(2寄り)です。
つまり、アクセスしてみて、もう一枚遷移した先に必要な情報がなければ人はそれ以上見るのを諦めます。

今回のもそれがモロに見受けられるんじゃね?って思ったのが、「クロスフェードまでの距離」ですね。
web業やってると(まあやってなくても)、人って案外ほしい情報にたどり着けないとすぐ諦めます。
特に今回みたいな場合、最低限自分たちの音楽を知ってもらわないといけないので、2件以上先にクロスフェードとかがあると見てもらえなくなる可能性が高くなります。

そうなってくると、オンライン会場だけで完結できるyoutubeとかサンクラは非常に有用で、そのジャンルに興味のない人でも「見てもらえる可能性」は上がるんですよね。

ネットに場を移すことのデメリットがこれで、ちゃんと見てもらうならその辺の知識が多少必要になってくると思うんですよ。
とはいえ、別に難しいことを要求しているわけではなく、

・すぐ見れる所に見せたい情報を置く
・SNSとかで必要な情報を常に流す

ことができてれば十分だと思います。

そういう意味では、ネット上に情報が一切ない(イベント会場とかでしか情報が得られない)というサークルはその辺からやっていかんとならんのでしょうね。

はなまるひゃくてん

随分と話が脱線しましたが、今回のM3イベントは大成功だと思いますよ!!!
オンライン会場が便利すぎて泣きそうになりました。
毎回これやってくれ。

来年の春M3は行くかどうかまだわかりませんが、同じようなことをするのであればそれで十分かなーとか思ったりしてます。
その頃、どれだけ現地組が戻ってるかが焦点ですかね。

冷静に考える時間も与えられるので、オンライン会場はとても良い場だと思います!
サークル側にとってたまったもんじゃねえ部分もあるかとは思いますが、ぜひとも続けていってほしいです。

関連記事

2019.12.22
時の経過が早すぎてもう来週がコミケという事実に対応しきれなかった

時間が足りねえ サークル参加をするわけでもない一般参加者でも!!!やることはあるのよ!!! ということで来週…来週?いや今週?コミケがもうすぐそこという事実に恐れおののいています。28日からだってよ。 残されたやること、というかこれだけはやらなくちゃいけないというサークルチェックが何も進んでおりません。まあはじめたの今日なんですけどね。 コミケはWEBカタログが大変優秀なので500円だけぽいっと課金して、リストバンドを購入したら準備完了です。後は頑張ってサークルチェックをしようねって話なわけで。 今年もコミケは、チェックしたサークルをWEBカタログでPDFに出力、それをPhotoshopでそれっぽく加工したものをスマホに入れていきます。つまりぼくの作ったWEBページは一切使わないということになります。だってしょうがないじゃない、特に使う必要もないんだから。アレ以上に便利なもの誰か作ってよ、使うから。 未だに紙を持ってる人たち こういうイベントとかがあると、ぼくは当日紙を持ってる人を見て「大変だなあ」という感想を持ちます。別に見下すとかそういうことを言っているわけではないんですけど、君等が持ってるスマートフォンというアイテムは何のための道具なんだろうねって。多分Twitter専用機。 スマホなんてものは大変便利で、PDFとかはそのまま読み込めます。WEBカタログは500円課金するだけで、サークルリストの生成とリスト化したPDFの表示なんてことをやってくれちゃいます。じゃあそれをそのまま読みゃいいじゃねえかよ!っていうレベルで便利。 とはいえ、紙の利点も大きいのは事実。一番デカイのは当然、自分の好きなように情報を配置できること。しかも余計な知識は一切不要、小学校通ってなくても鉛筆が使えりゃ自分だけのお宝地図が作成できちゃう。スマホを使ったりすることの不利な点は、やはり情報がないとそこまでたどり着けないこと。ぼくも高校の頃とかは普通に紙に直接書き込んだものを持っていって見てました。自由に情報配置できるのって強すぎると思うんだよ。未だに実現できないシステムの壁(利用者の知識・情報的な壁) そんな紙使いの人々ですが、たまに地面に地図敷いて読んでる人がいるんですけど、アレはどういう人種なんですかね。結構レベル高いと思うんですよ、お前水曜どうでしょうのヨーロッパ編かよみたいな。あそこまで行くともうスマホ使えよって思ってしまう。 実際、イベントとかで一般参加者側の人達はどのぐらいの割合で機械・紙なんですかね。もりもり増えてるのでしょうか、機械側も。 なんだかんだ言った所で、結局「知らんからできん」に落ち着くんですけどね。ぼくみたいにもうスマホしか見ない人間もいれば、紙しか知らねえしこっちのほうが便利だろうがって人間もいるし。全員が全員同じもの使った所でつまんねーししょうがない。 それはそれとして、コミケ1週間前だからちょっと言いたいことがあって。紙使うのはいいんだけど通路真ん中塞いで紙をじっと見つめてるのやめてもらっていい?君すごい邪魔なんだけどなんで毎回君みたいな子がおるん?情報弱者か? あ~~~~~~~~~~~~~~~道塞ぐ全国の人々が急に爆発しねえかな~~~~~~~~~~???「頭がパーン!」してほしいな。

デフォルト画像
2018.05.12
M3で買った人にオススメしたいやつ

イベントが終わって2週間ぐらい 2018年M3春が終わって2週間ぐらいです。 そろそろ良い感じに聞けてきたので現状のオススメトラックを書き出します。 買って。 きっと、澄みわたる朝色よりも、 Tynwald musicさんの昔のゲームサントラ。 今更感半端ないけど、今手に入ってしまったものは仕方がない。 全体的に和テイストが揃ってるエロゲサントラですね。 発売は2009年ですけど、未だに生活音用でBGMとして流すのにちょうど良いです。 今回のM3はこれを見つけて、更に目的の一つとなってしまったので当然オススメしますよぼくは。 かなり優しげな曲が詰まってるので最近は寝る時用のBGMになってます。 難点は入手手段が少ないことですかね。 手に入っても中古しかないんじゃないっすか、知らんけど。 今回はたまたまM3で新品が!ってだけでしたので…。 一番のオススメ。 自由と銃と十三の鎖 はい名盤。 正直ピアノロックって文面だけで購入決めたのはありますけど、最高。 透き通る系の声でガチガチなロックなので声聞こえねえんじゃ…と思いましたけどそんなことなかったです。 われこういうのすき! 我こういう重めなサウンドに響く高音でキレイな声好き! だいすき! ちなみにぼくは 「落陽の魚、モノクロの珊瑚礁」の重苦しい感じ 「0db」の壮大感 「白亜のオペラハウス」の疾走感 でこの3曲が好きです。 次のM3とかでまたアルバム出るならチェックして行きます! 行きます! Quadrifoglio サインもらったやつ。 これ大好き。 歌ってる人たちが好きってのもあるんですけど…。 この中で「お弁当を届けに」っていう曲を聞いてほしいんだぼくは…。 情景をめっちゃ想像できる日常的な歌詞を島みやえい子さんが綺麗な声で歌っててぼくはもう。 特にサビの 「笑顔で一日が終われますように」ってのと 「いつか子供が生まれた広い部屋を探して」って部分が大好き。 すげえ良い歌詞してて素敵なサウンドと声なんですよ。 もう皆に聞いてほしいし、勿論全曲すごく良い曲だからアルバム買ってほしい。 メロブで買える。 https://www.melonbooks.co.jp/search/search.php?mode=search&search_disp=&category_id=0&text_type=&name=Quadrifoglio 買える。 全部は聞けてません! 以上の3つのアルバムをひたすら聞いてるせいで、他のCDあんまり聞けてないです。 多分まだ37枚あるうちの半分ぐらいしか聞けてないと思います。 まあまだまだ時間はあるしゆっくり聞きます。 この記事見た人はぜひとも買っていただきたい。 一番上のやつは…まあ、うん。 皆聞こう! そんでもって誰か一緒にぼくとM3行こう! それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2018.10.01
マリオパーティ予約しました

あまりにも何もないので買いました switchを購入して少し経ちましたが、見事に置物と化しています。 まあやるゲーム買ってないので当然といえば当然なのですが。 現状特に買いたいと思えるものもないのでね。 それもどうかな!ってことで、最近話題のマリオパーティを予約しました! 初めて買うゲームがまさかのパーティゲームというね? 別にいいんだけどさ。 きっかけは間違いなくありかちょですね。 プレイ動画見て普通に面白そうだと思ったので決めちゃいました(コナミ) ミニゲームとかパーティプレイとか、全体的に懐かしさを覚えるラインナップ最高かよ? ぼくが最後にマリパをしたのは、それこそ中学生のときですね。 多分ゲームキューブとかの時代です。 あの頃で止まっているので、最新作はどんなもんなのやら。 というわけでして。 誰か一緒に遊んでくれ、折角買ったんだから。 ついでにコントローラーも持ってきてくれ。 オンライン? ギスギスしそうなのでやらないです…。 それでは今日はここらでサヨウナラー