01

関連記事

2020.03.28
チップ特装完全に理解した(完全に理解した) #pso2es

気合と運のチップ特装 esくんは鬼システムとして、チップ特装とかいうのがあるんですけど、とうとうそれに手を出し始めました。去年の6月とかに実装されたんですが、各種チップが鬼のような強さに変貌を遂げるので、上位層には必須級となるクソシステム。強くなるのは良いことなんだけどさあ! チップ特装まとめ wikiでもどこでも散々言われてるのでありふれた情報ですが、死ぬほど手間のかかる強化システムになっています。 チップ特装解放まで 「解放」と「レベル上げ」は別物。チップ特装解放でそれに応じたチップレベル上限の上昇がされます。素材は各共通素材4種類と、属性別素材3種類の計7種類。 特装解放することで、レベル上限が10上がるため、最大30まで上がる。プラグレベルが1になるので、解放した時点で5%とか6%ぐらいチップ効果は挙がった状態になる。中にはプラグレベル1が最大のものもあるため、そういうのは解放した時点で終了。 曜日クエストの「特装素材を求めて」で入手が可能。多分主戦力の★12の場合は、★4素材2種類が50個近く必要とかいう鬼仕様。ちなみにドロップは1周につき3個とか4個。★10素材とかに至っては1周につき1個しか出ないし、2種類別々で出ることは恐らくないため運試し状態。 マジ? プラグ強化 地獄の始まり。プラグ強化はプラグ強化で、解放とは違う素材が求められる鬼仕様。レベル2~10は、こっちの素材を使って強化していくことになる。拷問かなにかの類。 素材は、レベルが「2・3」「4・5」「6・7」「8・9」「10」で必要な種類と数が切り替わる。正確に言えば、2・3のときは★3素材のABCを5個ずつ求められて、4・5では★4素材のABCを5個ずつ求められたりする。 求められる種類に関しては全レアリティ共通で、数だけが増えていく。最終的に、 ★11 = 共通素材である★3~★6が10個ずつ、属性別素材である★8~★11が4個ずつ、最終素材として★12が5個と★13が1個★12 =  共通素材である★3~★6が14個ずつ、属性別素材である★8~★11が6個ずつ、最終素材として★12が7個と★13が2個 ★13 =  共通素材である★3~★6が24個ずつ、属性別素材である★8~★11が10個ずつ、最終素材として★12が12個と★13が4個 必要。 素材獲得クエスト レベル上限を上げたいなら「特装素材を求めて」で、プラグレベルを上げていくなら「プラグ素材を求めて」を周回。 ちなみに、体感情報としてスタミナが269ある状態でスタートして、★12チップの特装を上から「9 9 6」にするのに費やしたラッピーメダル枚数は10枚~15枚程度。多分運が悪かった可能性あり。 プラグレベル10に関しては、タワークエストがないと強化素材が手に入らないため、現実的な落とし所としては「9 9 5」とかの一歩手前で止める感じ?多分、コスト低下とかの重要そうなものに使うべき。(倍率が尋常じゃないぐらい上がるものは除く) これが気合の力だ うちのモタ腐ちゃんです。これで、素の強化倍率である「E枠:160%」とプラグ強化による「①:126%」の、合計286%ということになります。 モタブは何よりコストダウンしてくれる部分が嬉しさを感じるところなので、ひとまずプラグ③のチップコストダウンだけ最大強化してあります。なかなか厳しい戦いだった…。 esはただでさえクソザコサーバーなので、ひたすら周回するのに向いていないゲームです。だというのに死ぬほど周回しないと強化ができないという恐ろしいシステムなので、もしやるならじっくり腰を据える必要があります。それと、思ったよりもメンタルを削られるのでラッピーメダルをジャブるよりも少しずつ集めるほうが建設的です。 今やってる「6周年記念任務」はプラグ素材と解放素材両方がドロップしますし、属性素材も複数落ちたりします。目当ての属性デイリークエストがないのであれば優先して回したほうが良いような気がします。 覇級ワンパンは昔の1倍通常であれば余裕のよっちゃんイカでした。現状では×4とか×10とか、その辺になるとHPが跳ね上がるためにチップ特装が必須になっています。もし覇級×4ワンパンとかやりたいのならチップ特装に手を出す必要があります。地獄を見ような。 ちなみにモタブ、多分タワークエストが使えません。確かアレって初期属性値参照だよね?相手の抵抗って。じゃあ何に使うんだってなってるけど、それこそ覇級でオート周回とか…。 皆もやろうぜes!皆もやろうぜチップ特装!

デフォルト画像
2019.05.13
Twitterくん、キミいつの間にそんなAPI取得面倒になったの?

英語を読ませるな 昨日、新ブログのTwitter連携のためにAPI取得をしてたんですよ。 大分前だけど経験あるしなんとかなるやろ、みたいな。 的な? そしたらもう死ぬかと思いました。 項目数は増えるわ色々やることが増えてるわ電話認証が追加されてるわ。 全部やりましたけど。 いつものApp作成画面はあんまり変わってなかった気がしますが、それ以外の工程が結構増えたんじゃない? APIの使用用途、具体的な使用例、そんな概要的なものを最低文字数込で書かされました。 もちろん全部英語でしたけど。 まあそんな面倒な話ではなく、Google翻訳にかけたものそのまま入れただけです。 それで通りました。 【2019年4月版】WP to TwitterでWordPressからTwitterへ自動投稿する WordPressとTwitterを連携する(WP to Twitterを入れてみる) 一応ここら辺が最新情報?ですかね? 多分下のほうが新しいですが、それでも微妙に違う部分があったので注意ですね。 create an appからは同じでしたけど、それまでの開発者登録までは違ったと思います。 どのAPIを使用するか、とか妙に細かく分かれてましたが、そこは適当に「bot登録したい!」の項目を選択。 あとは適当にGoogle翻訳かけて解決しました。 WP to twitterのためとはいえ、中々面倒ですよねぇ。 前はもっと気楽にAPI keyの取得ができたと思うんですが。 APIの時代ではない? そうなってくると頭に思い浮かぶのはやはりIFTTTですね。 xmlファイルさえちゃんと出力できてればRSSで簡単投稿が可能なので便利です。 このブログも静的ページなので、Twitterの投稿にはIFTTTを使ってますし。 基本的には ①IFTTTがxml巡回APPを起動 ②前回の巡回と内容(日付とかURL)が変わってればTwitterに自動投稿 ※投稿内容はIFTTT側で制御可能 といった流れです。 弱点としては、たまに動かないってことと定期巡回なのですぐには投稿されないことです。 15分ぐらい待ってやっと投稿されたりもあるので、そのへんが気になる人は使えないですね。 あと、半年ぐらい使ってましたがなぜかAppが動かなくなったので新しく作り直しました。 何が原因だったのかはわかりませんが、そういう風にたまに動かなくなるのが玉にキズ。 Wp to twitterとかのプラグインを使うもIFTTTとかの連携機能使うもどっちもありですね。 前者はかなり広い範囲で制御できるしやれることが多いですし、 後者はAPIの取得とかをしなくてもRSSでなんとかなるのが超楽です。 仕事でもたまに依頼されることがあったりする内容なので、どっちも覚えておきたいところではあります。 が、まあぼくは面倒事が嫌いなので極力IFTTTとかのサービスで解決したいですね…。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2019.01.09
レッツエンジョイ!トイレの便器で半身浴!

新年早々死んだかと思った 今週のいつだったかに、トイレで気絶しました。 どっちかといえば失神かもしれませんが、まあどっちもでよし。 なんか眠いなと思いぼくにしては珍しく0時回る前ぐらいに寝たのですよ。 そしたらこれまで珍しく、3時頃に尿意に起こされまして。 当然トイレに向かったわけです。 小を終えて流したらへんで、ふっと立ちくらみが。 「おっ、これはデケえぞ!」とふら~っとしたまま壁にもたれかかかり…。 気づいたらトイレに右腕を(多分)肩の下ぐらいまで浸してました。 ヴォエ!!!!!!!!!!! もう最高にビビりましたよ。 とはいえ、寝起きでぼーっとしてる上、気絶から回復後なので超絶ぼんやりモードです。 腕が濡れてんな…と考えながら着ていたものを全部ポーイしてシャワーを浴びました。 最高に気持ち悪かったような気がしたのは覚えています。 初体験ではないという事実 なんと、この手の経験は初めてではないという。 先月にも同じような事態に陥ったんですよ。 その時はトイレから出た直後で、台所の前でぶっ倒れてました。 本当に面白いのは、感覚的には気絶後の状態から数秒も経ってないのに倒れてるってことですね。 倒れていく過程だとか、倒れる瞬間だとかは一切覚えてなかったです。 なんかもう気づいたら地面に伏してる感じ。 会社の人たちに行ったら医者行けって言われました。 友人からも医者行けって言われました。 内科が良いそうです。 流石に今度行きます。 今はちょっと仕事がね…。 それでは今日はここらでサヨウナラー