ファンタジーサバイバル「Valheim」をやろう!

オープンワールドは好きですか?

休日、何気なくSteamを探訪していたら新作のゲームを発見。
その名も「Valheim」!

まーたオープンワールドだよ。
死ぬほどあるからね、この手のゲーム。

バイキングっぽい見た目で、神々の世界みたいなワールドを探索するオープンワールドゲーム…。
いつものやつじゃねーか!と思いながら即ポチ。

今月にリリースしたばかりの新作で、アーリーアクセス2000円
この程度ならお買い得と思って何も考えずに買ってしまうのが悪い癖です。
だから貯金も0なんだよな。

それはさておき、このValheim、容量がまさかの1GBしかないという挑戦っぷり。
むしろどこに容量割いてんだよってぐらいちゃんとグラフィックもそれなりなんですが、どうなってるんでしょうかね。

とはいえ、美麗グラを堪能するゲームではないので、そこに期待してもしょうがないです。

夜はマジで暗いけど、空にある謎の世界樹みたいなのは好き…。

まだゲームプレイ時間3時間程度なのでなんとも言えない所ですが、割と楽しいです。
近頃プレイしてたオープンワールド系は敵と戦うようなものでもなかったので、槍作ったり弓作ったりで戦闘の準備をするのが本当に楽しい。
やっぱり殺しあってこそのオープンワールドなんだよな。

公式も推奨してますが、マルチプレイをしたほうが良いです。
ぼくは友人とやってますが、ソロで…まあソロでできない難易度でもないけどもにょる。
別にソロでも楽しいと思いますよ(小声)

まだアーリーアクセスなのでほとんど要素もないでしょうが、一応ロードマップは既に提示されている模様です。
今年だけでも第一弾から第四弾まで予定されているので、大体春夏秋冬で更新していく感じになるんですかね。
結構期待が持てる新作だと思っています。

紹介できるようなことも特にないですが、皆もValheimやろうな!
バイキングになってゴブリンみてえな連中を殺してやろうや!

関連記事

2021.03.10
【Valheim】素材の宝庫、沼地

臭い、汚い、敵が強い 黒い森を抜けた先で急激に難易度が上昇するバイオーム、「沼地」。長老を倒したと思ったら、クソ地形にクソデバフを撒くことで有名。 敵が毒持ち(ブロブ2種、蛭)、妙に強い人型、夜にのみ生息する霊。 更には地面が水没していたり無駄に暗かったりと、まるで良いことのない沼地ですが、意外にも素材にあふれています。 中盤から後半にかけて料理で使うアザミ、(現状で)最終段階の装備にも使う羽目になる鉄、そこそこ作りやすくて長持ちするソーセージの主成分である内臓など。実に豊富な素材が、バラエティ豊かに生息しているわけです。終いにゃスルトリングの核も落ちてる。 この中でも特に個人的に重要だと思って、今なお回収作業をしているのが、もちろんこれ。 蛭から落ちる血袋ですねー。今日はこれを集めています。 これが実に便利で、現状では2つの使い道が主にあります。 ひとつはポーション。 大釜に何種類かの素材と一緒にかけてあげることで、ポーションの素が作れます。これを樽にぶち込めば、なんと6つもポーションが生成されるんですねー。ポーション酔いが存在するといえど、ボス戦などでは必須になるアイテムだと思います。死にたくないなら1スタック分は持て。 もいっこは料理。 大麦が解放された後なので、ほぼほぼ終盤の話になりますが、「血のプティング」に血袋を使います。血袋2、アザミ2、大麦の粉4で生成可能なこれ、なんと体力を90も向上してくれるんですねー。素晴らしいコストパフォーマンス。 Valheimでは、回復は基本的に料理頼みになります。ポーションはかなりの回復量を誇るのですが、どうしてもリキャストが必要です。3種類まで料理を食すことができるので、基本的には「重い飯+軽い飯+軽い飯」がわりと最適解?です。ハチミツとかは消化が早いわりに回復量が多いので、緊急的にポーションとして使えたりします。 嫌になるほどの暗さと敵の強さがある沼地ですが、後半になって装備も強くなれば頭空っぽにして周回できるので今は素材集めに重宝しています。雪山は必須な素材などが特にないのでスルーしても問題ないのですが、鉄とかの関係もあって沼地は周回しないといかんのですよね…。今後のアップデートで、もっと高級な素材とかが手に入るバイオームが追加されていってくれるとありがたいのですが。

2021.02.21
【Valheim】いきなり骸骨!

地獄の大骨狩りも終わり 沼地ボスである「大骨」くんをなんとか倒したわけですが。 どうもこの叉骨(さこつ?)が新規のキーアイテムな様子。カラス君によると、貴重なアイテムだとか銀鉱脈を探し当てることができるみたいっすね。 近づくとピカンピカンとダウジングの如く光るわけですが、中々の苦行っぷりを感じますね。 緑の光が出てる所を掘っていくとアイテムが出ますが、中身は普通に換金アイテムぐらいでした。まあそんなもんよね。 いきなり骸骨! 大骨を倒したら、襲撃イベントがまた変化しました。長老を倒した時はドラウグル襲撃でしたが、今回は骨襲撃。 日本語訳の問題ではありますが、「いきなり骸骨!」ってずっと出てるのちょっと笑っちゃうね…。 ひたすら骨が襲撃してくるだけなので、実力的には雑魚の集団って感じです。ただ、一体だけ緑色の謎の骨がいたので、それがボス的な役割になるんですかね?毒持ちってだけで、性能は一般的な骨と変わんなかったけど…。 急に襲撃かけといて、速攻飽きる襲撃者のクズ。 ここまで進めてるヴァイキングなら何の問題もなく収められると思いますが、案外数が多いのでメイス持ちじゃないと結構キツかったですね。骨特攻の叩き武器がいいゾ! 次は雪山? 敵の強さ的な観点で言えば、次は雪山になるんでしょうね。平地に関しては、いまだにフューリングが鬼のような強さを誇っているので、安易に手を出すと痛い目に遭います。あっち、現状メリットとしてロックスを狩れる程度ですし。 雪山にドラゴンがいることを信じていくぞ…。ついでに銀も探すからな~?

2021.02.19
【Valheim】沼地ダンジョンフィーバー

不動産管理でもされてます? 沼地を探して三千里、鉄のために今日も働きアリ。1つ目のダンジョンを見つけた所で粘ったら、そういう設定なのか周辺に大量のダンジョンが見つかりました。 どこに隠れてたの君たち?ボスがいるわけでもないのにこんな群衆してて恥ずかしくないの? 鍵は使いまわすことができるので、ダンジョンが10個あろうが100個あろうがいくらでも入れるのが良い所ですね。 沼地ダンジョンは骨ダンジョンとかに比べて広いことが多いので、多けりゃ鉄が80個~100個分くらい取れてとても美味しいですね。ただ、基本的に銅とかと同じく重みがあるので、そう数を持てないのが難点。 星付きドラウグルとか毒持ちブロブにひたすら殺されながら潜ってるわけですが、銅より数は手に入ります。 銅は黒い森でそれなりに手に入りますが、どうしても荷運びの面倒さにパフォーマンスが追い付かないというかなんというか。装備更新のことを考えると、若干面倒になるのも事実です。 鉄を加工しよう! そんなわけで鉄を大量に持ち込めたわけですが、これらをすべて加工しなくてはなりません。 持ち運びは非常に面倒だったので、別ワールド経由して持ち帰りました。いちいちクッソ離れた所に船使って持っていくのもね…。 鉄文明が解放されたわけですが、恐らく次に目指すべきはゴブリンみたいな連中が落とす黒い金属なんですよね。 ただこれ、普通に炉にかけようとしたら普通に「使えない!」とか出たので、他に炉の役割を持った何かがあるんでしょうなぁ。それがどこで手に入るのかも、皆目見当つかん!といった感じなのですが。 鉄装備を作れるようになったので、ひとまず防具だけ作りました。 一気に文明人みたいな恰好になりましたが、なぜか侍っぽいですね…。名前も侍にしてポニテなので、余計にヴァイキング感が消えうせたような。頭にヘッドライト付けてるのも原因だと思いますが。 今のところ、鉄武器=銅武器最大強化ぐらいの違いなので、鉄供給の観点から武器更新はしないかもしれません。 さて、次の目的は大骨討伐ですかね。多分沼地だろうし、ダンジョンもあったりしないかなー。