【Valheim】いきなり骸骨!

地獄の大骨狩りも終わり

沼地ボスである「大骨」くんをなんとか倒したわけですが。

どうもこの叉骨(さこつ?)が新規のキーアイテムな様子。
カラス君によると、貴重なアイテムだとか銀鉱脈を探し当てることができるみたいっすね。

近づくとピカンピカンとダウジングの如く光るわけですが、中々の苦行っぷりを感じますね。

緑の光が出てる所を掘っていくとアイテムが出ますが、中身は普通に換金アイテムぐらいでした。
まあそんなもんよね。

いきなり骸骨!

大骨を倒したら、襲撃イベントがまた変化しました。
長老を倒した時はドラウグル襲撃でしたが、今回は骨襲撃。

日本語訳の問題ではありますが、「いきなり骸骨!」ってずっと出てるのちょっと笑っちゃうね…。

ひたすら骨が襲撃してくるだけなので、実力的には雑魚の集団って感じです。
ただ、一体だけ緑色の謎の骨がいたので、それがボス的な役割になるんですかね?
毒持ちってだけで、性能は一般的な骨と変わんなかったけど…。

急に襲撃かけといて、速攻飽きる襲撃者のクズ。

ここまで進めてるヴァイキングなら何の問題もなく収められると思いますが、案外数が多いのでメイス持ちじゃないと結構キツかったですね。
骨特攻の叩き武器がいいゾ!

次は雪山?

敵の強さ的な観点で言えば、次は雪山になるんでしょうね。
平地に関しては、いまだにフューリングが鬼のような強さを誇っているので、安易に手を出すと痛い目に遭います。
あっち、現状メリットとしてロックスを狩れる程度ですし。

雪山にドラゴンがいることを信じていくぞ…。
ついでに銀も探すからな~?

関連記事

2021.03.10
【Valheim】素材の宝庫、沼地

臭い、汚い、敵が強い 黒い森を抜けた先で急激に難易度が上昇するバイオーム、「沼地」。長老を倒したと思ったら、クソ地形にクソデバフを撒くことで有名。 敵が毒持ち(ブロブ2種、蛭)、妙に強い人型、夜にのみ生息する霊。 更には地面が水没していたり無駄に暗かったりと、まるで良いことのない沼地ですが、意外にも素材にあふれています。 中盤から後半にかけて料理で使うアザミ、(現状で)最終段階の装備にも使う羽目になる鉄、そこそこ作りやすくて長持ちするソーセージの主成分である内臓など。実に豊富な素材が、バラエティ豊かに生息しているわけです。終いにゃスルトリングの核も落ちてる。 この中でも特に個人的に重要だと思って、今なお回収作業をしているのが、もちろんこれ。 蛭から落ちる血袋ですねー。今日はこれを集めています。 これが実に便利で、現状では2つの使い道が主にあります。 ひとつはポーション。 大釜に何種類かの素材と一緒にかけてあげることで、ポーションの素が作れます。これを樽にぶち込めば、なんと6つもポーションが生成されるんですねー。ポーション酔いが存在するといえど、ボス戦などでは必須になるアイテムだと思います。死にたくないなら1スタック分は持て。 もいっこは料理。 大麦が解放された後なので、ほぼほぼ終盤の話になりますが、「血のプティング」に血袋を使います。血袋2、アザミ2、大麦の粉4で生成可能なこれ、なんと体力を90も向上してくれるんですねー。素晴らしいコストパフォーマンス。 Valheimでは、回復は基本的に料理頼みになります。ポーションはかなりの回復量を誇るのですが、どうしてもリキャストが必要です。3種類まで料理を食すことができるので、基本的には「重い飯+軽い飯+軽い飯」がわりと最適解?です。ハチミツとかは消化が早いわりに回復量が多いので、緊急的にポーションとして使えたりします。 嫌になるほどの暗さと敵の強さがある沼地ですが、後半になって装備も強くなれば頭空っぽにして周回できるので今は素材集めに重宝しています。雪山は必須な素材などが特にないのでスルーしても問題ないのですが、鉄とかの関係もあって沼地は周回しないといかんのですよね…。今後のアップデートで、もっと高級な素材とかが手に入るバイオームが追加されていってくれるとありがたいのですが。

2021.02.23
【Valheim】銀装備解禁パレード:ドラゴン狩り

ブレイクスルーが早すぎる 鉄を発見して数日、大骨も倒して雪山に移動したのですが、想像よりもはるかに早く銀が見つかりました。叉骨を装備してると、雪山のあちらこちらでポンポコポンポコダウジングが反応して大変です。 銀鉱脈は鉄ピッケルでしか採掘できないのと、性質上地面に埋もれていることが大半なので、銅ピッケルとかで周囲を掘ってから鉄ピッケルでカンカンする形になります。鉱脈自体はそこかしこにあるので、銀装備を作るのは比較的楽ですね。ただ、どうしても雪山の敵がわんさか現れるので、正直ソロで掘りたいとは思えない一品なわけ…。 雪山はドレイク・ストーンゴーレム・狼・(夜のみ)人狼がいますが、全部ヤバめ。ダークソウルよろしく、単体相手であれば特に問題はないのですが、雪山の敵は群れること群れること。というかこのゲーム、基本的に敵はすべて群れますが、アレ本当にやめていただきたい。狼が一塊5匹ぐらいでワンワン吠えてくるのですが、遭遇したら諦めて死ぬしかないです。この山奥で何回死んだことか。 そんなこんなで無事銀を採掘することができたので、早速銀装備に新調。新調が早すぎないか…? 性能だけで言えば、純粋に鉄からの強化というよりかは、何か特殊な能力方面の強化といった感じですね。攻撃力が上がるのではなく、同じぐらいの攻撃力と何かしらの特化属性を持っている、みたいな。例えばフロスナーであれば氷属性みたいなのがありますし、ドラウグルの牙(弓)であれば毒属性を持っていますし。 うーん、このモンハン感。 それと、雪山で黒曜石(テレポート可)を掘れますが、これで作れる矢が大体協力なのと、死ぬほど持ち帰れるので、純粋に弓矢方面が強化された感じがあります。鉄矢を凌ぐ攻撃力を持つ黒曜石の矢、毒矢、氷矢…最高か?暫く矢に関してはコイツらのお世話になりそうです。 あの厄介者だったドレイクだってあっという間に狩れちゃう! 新ボスを探せ! いつも通り、もうほーんといつも通りにロケーション登録箇所を発見。 ドラゴンくんの名前は、「モデル」というそうです。日本語訳合ってる?大丈夫? 毎度のことですが、ロケーション登録を行うたびに「意外とちけえな…」ってなります。灯台下暗しというかなんというか。 何はともあれ、ドラゴンの場所は分かったので早速行ってきました。 ??? マジでデカい。ロケーションが回を重ねるごとにどんどんデカくなっていくんですが、最後はどうなっちゃうんですかね。確か墓王ニートみたいな見た目の犠牲の石がありましたが、アレどんなサイズ感なんでしょうね。 それはともかくとして、ドラゴンくんのロケーションを発見しました。 相変わらず端的にしか物事を言わない説明ですが、「彼女の子」を捧げよとのことです。道中で発見してるルーンストーンによれば、このドラゴンくん、実は雌のドラゴンちゃんらしく、雄(ドレイク)に比べるとバカデカいみたいです。まあ雪山探索してりゃ犠牲にできるものなんて限られるんですが、(若干ドレイクの首と迷った)卵を持ってきます。 やったぜ。 どうもモデルさんは1匹しかいないと思うんですが、どんだけ卵作ってるんですかね。お盛んすぎない? それはともかく、ようやく戦闘準備ができたので、早速。 いざドラゴン狩り 装備の準備も整った所で、供物をどーん。おいでませモデルちゃん。 ドラゴンだ!思ったよりもまごうことなきドラゴンだ!なんかマイクラで見たことあるな!? 初っ端から「そらをとぶ」を使ってるので、近接ヴァイキングは死です。その時点で勝ち目がなくなります。わりと卑怯だと思ってるよ。 雪山にいるぐらいですから、氷のブレスっぽいのも吐けるなんて当たり前です。着弾地点には氷が刺さるので、身動きが取れなくなる予感。結局終始遠距離戦を挑んだので、正直アレがどういう効能を持ってるのかは知りません。多分ダメージが入ったりするんじゃないですかね(適当) ドラゴン的には陸地に上がるのも当然のことらしく、戦ってると時折普通に降りてきます。それより空飛んでたほうが強いような気がするんですけどね、どうなんですかね。 正直な話、大骨に比べると地形的有利が取りやすいので、かなり戦いやすいと思います。大骨は地形に助けられてる部分があると思うから感謝すると良いよ。マジで水辺で戦わせるのと、ブロブ召喚するのだけは一生許さんからな。 結局、これといった障害もあるわけではなくそのまま死んでいきました。かわいそうに…。 敗因は地面に降り立った時にスタックしてるんじゃねえかってぐらいの動きを見せていたことと、普通に弱かったことですね。もうちょっと強くなってもいいんじゃないですかね?個人的に、「大骨>長老>モデル>鹿」なんですが。 ということで無事、新素材と新建設物を入手して終いとなりました。後は多分最後の平地へ向けて歩みを進めるだけかなぁ、と。 かなり駆け足でプレイしてる?のですかね。そろそろプレイ時間的には100時間行きそうなので、2000円でここまで楽しめてると考えると、かなりのお得感を感じています。 あまりにも行きたくない所ですが、平地で大麦育てて牧場を作る、そんなスローライフゲームをしに行きます。多分「牧場物語」か「動物の森」みたいなゲームに生まれ変わると思うよ。

2021.02.17
【Valheim】文明開化の音がする

木→銅→鉄 帰宅したら原神>Valheimというスタイルを確立しつつあるこの数日間。この手のゲームをプレイしているにしては、中々良い進みをしているのではないかと自画自賛しています。Arkとかもそうなんですが、大抵ボスとかいかずに建築やらなにやら、サブ扱いされてるコンテンツを延々とプレイしてしまう癖があるので…。300時間ぐらいやって結局ボス戦すらやってませんからね、Arkに至っては。 それはともかくとして、Valheimはアーリーアクセスとは思えないぐらい完成度が高くて良く出来た作品だなぁと改めて実感しています。要素もそんなないでしょう、と高をくくってはおりましたが、どうもキッチリと初期で把握できるボス戦もちゃんと用意されているみたいですし。 今の所のチャートとして、 ①木文化でデカい鹿倒す②銅文化が解放されるので黒い森でダンジョン探す③銅文化でデカい木倒す(長老)④沼地で鉄文化が解放されるので石建築ができるようになる⑤沼地ボスを探す←イマココ! ここまでで大体60時間ぐらい遊んでます。鉄文化が解放されたおかげで石を使った建築ができるようになったので、建築物を壊される心配もなしというのがありがたいですね。問題はこれまで作ったものを石に切り替えるのが面倒なことですが。(どうせ草原に建てているため切り替える気もなし) 鉄文化が解放されたものの、沼地ダンジョンでしか手に入らないという性質からして集まりにくいため、未だにメインは銅装備です。沼地バイオームは確定でダンジョンが生成されるというわけでもないので、入手できる数も限られてるのが難点ですねー。とはいえ、マイクラとかと同じように別ワールドを作れるので、そっちで素材を集めるとかすればなんとかなることも確かですが。 鉄文化は消費量も銅に比べて非常に多いので、暫くは鉄集めに奔走するか、銅を極限まで強化するぐらいしか選択肢がなさそうです。 「毒」が極悪すぎる 沼地に登場する敵は半分が毒持ちなので、どれだけ防具を強化しても無駄な感じがあるのが怖いですね。Valheimはレベル制度ではないので、基本的には自分のHPが成長していくわけではないということもあり、継続的なダメージはキッツイです。ぶっちゃけ普通に死ねます。 毒持ちは把握している限りでは、ブロブ・リーチ・ブロブ亜種(死ぬとブロブ撒く奴)ぐらいですが、こいつらが複数出たら死を覚悟するレベル。正直一発でも攻撃を受けたら撤退を余儀なくされるほどに削られるので、相手したくはないんですね。倒しても得られるものがまるでないのもつらい。 一応、対抗策として毒耐性つけるポーションもありますが、生成するためのコストが高すぎてねー。沼地遠征のたびにそれをやるとか頭おかしなるで。だったら沼地駆け抜けてダンジョン探ししたほうが良いレベル。 一回沼地ダンジョンを引き当てることさえできれば、人数次第では70個分ぐらいの鉄は手に入るので割はいいっちゃいいんですけども…。 すげー人気らしい 何気なくsteamで見かけて買ったこの作品ですが、とんでもねー人気が出てるみたいですね。同接30万人とか?既に100万人のヴァイキングが誕生してるとか?やべーじゃん? アーリーアクセスでこれですし、発売2週間ほどですが売り上げランキングがずっとトップぐらいですし。既にロードマップも示されているようですので、暫くはガチでこれ一本で遊んでいけそうなレベルですね。 皆もなろうぜヴァイキング!