1596535691776

関連記事

デフォルト画像
2018.08.04
GODがなんぼのもんじゃい

GOD陥落 今日も今日とてオンゲキ日和。 イオンとカプコでオンゲキしてました。 虹レ目指して邁進中でございます。 昨日から「できねえできねえ」と嘆いていたGate of Doom…。 ついに陥落のときがやって参りました! はい、というわけでして。 個人的に最難関(13の中では)とも言えるGODをAB堕ちさせてきました。 めっちゃ辛かった。 金額にして1400円ほどかかりましたね。 今日は結局これ以外の楽曲ほとんどしてないです。 俺偉いやろ?言うてみぃ。 そのうち抜かれるでしょうけど、県内2位のスコア出せたんだから誇らせろよ。 頑張ったやろ俺…。 レート的なお話 そろそろ見とくか、ってことでwikiでレートについて見てきました。 コメに書いてあったんですが、13+すべてをSSS取らなくても虹レは行けるとかなんとか。 そうなってくると、頑張れば虹レまで一直線できるってことになるんですが…。 実際のところどうなんでしょうね? もしそうならモチベーションが上がりますよ、余計に。 ぼくが勘違いしてたことなんですが、直近10曲と上位30曲なんですね。 てっきり逆だと思ってました。 チュウニズムやってた時代もあったのに、すっかり忘れていますねこれは…。 まあもう1年以上プレイしてないからしゃーない。 レートはちょっとずつですが、順調に増えてるのでこのまま虹レ目指します。 他の音ゲーに比べてオンゲキはやりやすい部類に入るので助かりますね。 おら、お前らゲーセンでオンゲキするんだよ! 正直物理ボタンに慣れてさえしまえば結構楽しいゲームだと思いますよ。 まだ物理に関するノーツも弱めですし。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2017.07.15
今日のハマりごと、lity.jsと右クリック禁止

自分の力での解決は不可能でした 今週はハマりごとが大量にありましたけど、クソ面倒だったのは多分今日。 動画周りのお話です。 備忘録代わりに書きますが、詳細な技術面の話は一切しません。 自分で理解できてないことが多いし、再現しろと言われてもできないからです。 HTML5からなのかは知識不足で知らないけど、videoタグがありますよね。 直接mp4とかの動画を埋め込んでくれる便利なやつです。 その辺で大分やられました、主に5時間ほど。 今日やろうとしたのは、動画の埋め込み。 やったこととハマったことは以下の通り。 ・動画を埋め込む、埋め込みにはLity.jsを使う Lity採用理由:colorboxがクソダサだからもっとシンプルなやつっていう指示 ・Chromeはvideoタグにダウンロードボタンが付いたのでそれを削除 理由:多分ダウンロードをされたくないから、Chrome氏ね ついでに右クリックも禁止、ダウンロードされるから ・PC/Android/iPhoneすべてで問題なく見れること 理由:それなりにデカイ案件だったし、そもそもその三機種で見れるのは最低条件 主に下2つでハマりました。 とりあえずまずは一番下のやつから Android PCとiPhoneは問題なく見れたんですよね。 前者はLityのボックスで、後者はフルスクリーンで。 んだけども、なぜかAndroidは見れないわけですよ。 色々と調べてみると、どうやら4系は標準メディアプレーヤーがゴミカスな模様。 Lityで頑張って出そうとするのになぜかダウンロードをしはじめる始末です。 そのくせただvideoタグで埋め込むだけだと再生ボタンすら表示させないというクソ仕様。 誰だよAndroid4系を開発したのは、開発者出てこい。 仕方がないので、Androidに関してはJSで対処しました。 やったのはPlay()とPause()を交互に繰り返すこと。  (多分書き方は合ってる) って感じで、videoにidを振って、クリックしたときに関数を呼びました。 JS側では function play_movide() { } みたいな感じで作った関数の中で、 ・クリックされた要素のidを取得 ・それがPlay中ならPause() ・それがPause中ならPlay() ってのをやっただけです。 Androidくんの場合だけで適用され、表示的にはフルスクリーンにならずにその場で再生されます。 タップをすると再生、もう一度タップで停止。 便利なのは、HTML5のおかげか、再生中と停止中の状態をJSで取得できることですね。 なのでif文でPlayかPauseかを判断することができるわけですよ。 このことに気づくまで3時間ぐらい掛かりました。 オイオイオイ死ぬわ俺とか思いながらやってましたよ? Chromeのダウンロードボタン Chromeは標準のメディアプレーヤーに、56?ぐらいからダウンロードボタンがつきました。 それをクリックすることで簡単に動画を落とすことができます。 クソ仕様です、クソ仕様。 何がクソって、そういうのは基本的にしてほしくないからです。 そもそもいらねえでしょ、そんな機能。 まあそんな文句ばかりは言えないので、対処のお話です。 何やら調べてみると、 ・CSSでwebkitを用いてダウンロードボタンを消滅させる(無理やり消失) ・ver58から、videoタグにcontrolListだかでnodownloadを指定すると消えるようになった の二通りがあるようです。 後者はすごく便利ですが、なんと58系のChromeからしか適用されません。 それにしたって57以下はコンマ以下の%の人間しか使ってないから問題ないんですけどね。 で、「だったら付けて解決じゃねえか」って思うかもしれませんが、そうは問屋が卸さない。 ここに使っていたプラグイン、Lity.jsが立ちはだかります。 という本題に入る前に、ついでのお話。 もう一つの指示があって、それは右クリックを禁止するというものです。 いくらダウンロードが消えたといっても、右クリックされるようでは簡単にダウンロードはされます。 開発者ツール開かれたら簡単に落とされますけど、そこまでする人間はそういない。 右クリック禁止のやり方については調べてください。 この2点、 ・nodownloadかwebkitでボタンを消す ・右クリックを禁止する ということをしようとするとLity.jsが邪魔するわけです。 何が邪魔かって、クリックするまではそのオブジェクトが存在しないんです。 最初は ってあるんだからbodyかvideoにかけりゃええやろって思いました。 webkitだってvideo::webkit~でなんとかなるやろって思いました。 はい違います。 ぼくも良くは知りませんが、Lity.jsは画面内でiframeとbodyを生成するんですよね。 要は別画面を生成して、その中に動画をcolorbox化して読み込むみたいな? 読み込まれるのは標準プレーヤーなんですが、iframe内のせいでJSをが入り込めません。 なんていうか、iframeの中をJSを操作することってできないらしいです。 CSSは理由がよくわからん。 要は、生成されてないんだからそのDOM操作できねえよバーカ! iframeだからJSで疑似要素を操作することもできねえよアーホ! って感じでハマりました。 助けてもらって解決しましたが。 解決案は、Lity.jsを使用するために付けるdata-lityを利用すること。 これを持ったDOMをクリックするときにfunction()して色々やります。 クリック関数になるので、生成されたiframe内からvideo要素を取得。 そこらへんで右クリック禁止したり、removeAttributeしたり、setAttributeしました。 という感じで解決。 氏ねって思ったのはLity.jsが想像以上に難解な仕様をしてくれたからです。 素直にHTML上で設置したvideoタグを使えって思いますよほんとに。 なにはともあれ、お陰様でダウンロードボタンを消すこともできました。 もーまんたい!もーまんたい! ほとんどぼくの力じゃないけど!! もうこんなんはコリゴリだよ、氏ね。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2019.11.02
文章力を上げるべく感想を積み重ねる日記

継続は力なり…らしい。 最近感想書いてんの。M3行ったからね。ついでに飯食ったりして写真撮ったりして。そんなことしてるわけなので。 継続は力らしい。まー中身が伴ってなけりゃ大した経験値にもならないそうなので、ない語彙振り絞って文章にしてみたり。普段なら「尊い」とか「すげー!」「やべー!」で終わらせる部分を言語化してみる練習になったり。 webのお仕事してると、文章屋さんが度々出てくる。いわゆるライターってやつ?実質企画屋さんにもなってたりするので、そういう場面でも登場する。そういう人たちが書く文章ってすげー。商品の特徴を的確に捉えた上で、「何文字以内で」とか指示を出すと、その指定されたルールの中で仕上げてくる。しかも短時間で。何年文章書きゃあのレベルに至るんだろうね。 ぼくも日記は書いてるものの、別に文章力を上げる練習~とかでやってるわけでないので、大して文章力は上がってない。多分初めてブログを書いたのは中学生の頃だったりする。FC2とかいうのすんごい懐かしい。おそらくその頃よりはマシな文章が書けてるのは間違いない。初期の頃なんて全部話し言葉で面白いぐらい読みづらい文章だったし。 で、最近思ったのがなんとなく美味しいなーとか面白いなーって感じたことを言語化してみるのもまた一興ってこと。それで考えてみると大変難しい。そしてなぜ難しいのかを考えていくと、語彙力・知識力のなさが原因に上がってくる。 例えば最近M3に行ったので、自然と音楽に関する感想を書くことになる。まずジャンルが出てこない。「なんとなくこの音が良い」ことを伝えたいのにそれを言語化する術を持っていない。まあ当然。音楽の勉強をしたことあるわけでもないし、今まで「なんとなくこれが良い」で大まかなジャンルぐらいしか考えたこともなかったから。そうなると、文章ひとつ書くのにGoogle先生に頼ることになる。結果、感想を書くのに30分かかることになる。 ま、でも、多少は言語化できてるんじゃないかなーって思ったりする。正直めっちゃふわふわしてるから上手く言葉で言い表せてるのかはしらんけどー。 今後の練習は、 書こうとする→わからないから調べる→知識がつく→どんどん書きやすくなる→つまり言語化能力が上がる はー完璧。誰がどう見ても完璧なスケジュール。もうライター一直線。きっと面白い文章も書けるようになる。お、天才か? そんなことを考えたりする午前3時。初の真夜中お散歩 in 新潟をやったばかりだから少しテンションが高い。 アレだね、この時間に書く日記はハイテンションだ。 今日(昨日?)は感想おやすみしたので、多分次は書くぞぅ。見てる人がいたら嬉しいなー。ついでに感想見て興味を持ってくれたりするとすげー嬉しいよな。 よろしくですぞ。