20210301

関連記事

デフォルト画像
2018.11.30
複数行の文末3点リーダー省略「line-clamp」で省略がされないバグ

line-clamp 仕事で憤慨したので珍しく技術エントリです。 世の中のニュースサイトとかブログサイトでは、度々「文末省略」が用いられます。 ググればいくらでも出てくる、text-overflowとかのことです。 これを使えば文末に3点リーダーを持ってきて、文章を省略することができます。 1行ならな! 2行以上になると、また別のプロパティを用いる必要が出てきます。 それが「line-clamp」。 -webkit-line-clamp: 3; ってのとそれ専用のプロパティを指定してあげると、line-clampの数の行で3点リーダー省略してくれます。 超有能。 しかしやはり制約はつきもので、webkit系ということもあってかIEやFirefox(?)などでは使えません (火狐は違ったかも) それに正直使用は推奨しないのがこれのビッグ・問題点です。 なぜならおそらくは今後制定されることのないプロパティだからー! ほぼ仕様版的な感じで、なおかつもう開発されることはないと思ったほうがいいです。 なので人間ならおとなしくPHPとかJSで区切るようにしましょう。 どっちもある程度の制約もありますが、ちゃんとプログラムでやったほうがいいよ。 【本題】line-clampで区切れない場合がある まずはこちらをご覧ください。 See the Pen line-clampで区切れない場合があることの説明 by 【LIGHT WINGER】 saiko (@saikofall-the-typescripter) on CodePen. このコードを簡単に説明すると ・メニューの切り替えタブと、中身のタブがある ・タブ1/2/3をクリックすると、対応した中身タブの表示が切り替わる っていうだけのものです。 使い道としては、ちゃんとデザインすればタブ切り替えメニューになったりします。 最近だとサイドバーに表示するミニランキングとかそういうの? さてここで本題、見りゃわかるんですが、タブ2をクリックして表示させますと、なぜかline-clampが効いてない状態でタブが表示されます。 もちろん、3つのタブすべてに同じcssを適用しており、理想の表示としてはタブ1のようになるものとします。 で、これを調べてたのですが、どうもwebkit系特有のバグ?だそうですね。 というわけで下記の2ページを参照。 マルチラインのラインクランプ(省略記号)は、私は、H3タグにこのクラスを適用 -webkit-line-clamp is not respected when visibility is hidden どちらも英語ページですが(上のは無理くり日本語翻訳されたもの)、言ってることはひとつです。 どうやら、line-clampは再描画?が上手くされないらしいです。 今回上のメニュー切り替えでは、隠れているものには「visibility:hidden」が設定されています。 それを切り替えタブクリックでvisibleにしているわけですね。 ですのでレンダリング時点でvisibleがhiddenしてるってのが原因だそうです。 これはwebkitのバグとして認められているのでどうしようもありません。 諦めろん。 ただし、解決策がないわけではなく、その要素を「hide().show()」とかで再描画すると直ります。 だから開発者ツールでline-clampを付けたり消したりするとなぜか直るっていう現象が起こったりするわけですが。 やってはないんですが、もしかしたらvisibilityじゃなくてdisplay:noneとかなら影響が出ないかもしれませんね。 アレも多分再描画だし。 でも色々とcssの動きが面倒になるのでやっぱりhideとshowとかで再描画させてあげたほうが楽かも? クソ雑魚js使いなので正直正しいかもわからんっす。 ぐち ぼく思うんですけど、そもそも3点リーダーの省略やめようぜって。 だってアレ面倒なだけじゃないですか。 css → できないのとできるのが多すぎ、そもそも制約デカすぎ php → 文字数制限があって日本語だと微妙、バイト制限でやっても結局多少のズレは発生する js  → 重すぎ、一番綺麗にできるけど負荷が半端ないので現実的じゃない っていう問題児なので、もし省略を誰かに頼むときは 「なんかこう、下のほうがグラデーションで消えてく感じで省略してほしい」 って頼みましょう。 下白のグラデ掛けるだけでなんとかなるので作るほうとしては非常に楽です。 あとこれは個人的な意見ですが、見栄えが「...」よりもグラデでスッと消えたほうがいいと思います。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2019.11.04
イキった中高生みたいなことしてる

徘徊老人への道を着実に歩んでる ここ2日、かねてより試してみたかった夜のお散歩(別名:深夜徘徊)を行いました。まあ、具合悪くなるだけだと思うよ。 ふと思い立ったので、夜中の2時・3時頃に外へ飛び出し散歩をしてました。この時点でめちゃくちゃ頭悪くなってると思います。 最初は近くの24時間スーパーへ行く程度でしたが、2回目は少し思い切ってそれなり(?)に距離のある商店街まで歩きました。 楽しいな~と思ったのは、人がいないから閉まった店頭やガラス窓に貼ってあるポスターなどを気兼ねなくじっと見れること。ぼくはなんとなく周りの目が気になってしまうので、昼間とかはあまりじっと見たりすることをしません。あまりにも自由なので同じ所のポスターをぽーっと30分くらい見てました。 あとは、これまた基本的に誰もいないので解放感が非常に高まってること。高まりすぎて拍手しながら歩きたくなるぐらいです。 ちなみに、流石にド深夜だからか人どころか車もタクシーぐらいしか動いていません。そのタクシーも大抵車外に出てタバコ吸ったり、道端に止まって寝てたりしてる感じです。走ってるのもめちゃくちゃゆっくり走ったりしてましたし。 楽しかったといえば楽しかったのですが、注意する点が。当然っちゃ当然なんですが、カバンやらリュックやら、そんなもの何も持たずに飛び出てるので明らかに不審者です。誰がどう見ても不審者に限りなく近い不審者です。なのでもしお巡りさんと遭遇してしまったら、間違いなくなにか聞かれるであろうことは覚悟して歩いてました。結局一度も会いませんでしたが。 後は健康状態でしょうか。ド深夜に1時間半ほど歩く、こんなこと普段しないしこの時期は非常に寒いので翌日わりと具合が悪いです。なんであんなことしたんだ…とまではいきませんが、「もうちょい暖かい格好をすべき」ぐらいは思いました。多分アホなんだと思います。 そこそこには楽しかったのでまたやるとは思います。 ちなみに、一番楽しかったのは3時頃に吉野家で豚丼食べたことです。

2021.02.09
ファンタジーサバイバル「Valheim」をやろう!

オープンワールドは好きですか? 休日、何気なくSteamを探訪していたら新作のゲームを発見。その名も「Valheim」! まーたオープンワールドだよ。死ぬほどあるからね、この手のゲーム。 バイキングっぽい見た目で、神々の世界みたいなワールドを探索するオープンワールドゲーム…。いつものやつじゃねーか!と思いながら即ポチ。 今月にリリースしたばかりの新作で、アーリーアクセス2000円この程度ならお買い得と思って何も考えずに買ってしまうのが悪い癖です。だから貯金も0なんだよな。 それはさておき、このValheim、容量がまさかの1GBしかないという挑戦っぷり。むしろどこに容量割いてんだよってぐらいちゃんとグラフィックもそれなりなんですが、どうなってるんでしょうかね。 とはいえ、美麗グラを堪能するゲームではないので、そこに期待してもしょうがないです。 夜はマジで暗いけど、空にある謎の世界樹みたいなのは好き…。 まだゲームプレイ時間3時間程度なのでなんとも言えない所ですが、割と楽しいです。近頃プレイしてたオープンワールド系は敵と戦うようなものでもなかったので、槍作ったり弓作ったりで戦闘の準備をするのが本当に楽しい。やっぱり殺しあってこそのオープンワールドなんだよな。 公式も推奨してますが、マルチプレイをしたほうが良いです。ぼくは友人とやってますが、ソロで…まあソロでできない難易度でもないけどもにょる。別にソロでも楽しいと思いますよ(小声) まだアーリーアクセスなのでほとんど要素もないでしょうが、一応ロードマップは既に提示されている模様です。今年だけでも第一弾から第四弾まで予定されているので、大体春夏秋冬で更新していく感じになるんですかね。結構期待が持てる新作だと思っています。 紹介できるようなことも特にないですが、皆もValheimやろうな!バイキングになってゴブリンみてえな連中を殺してやろうや!