01

関連記事

デフォルト画像
2017.05.25
高級マウス「Steamコントローラー」を手に入れた!

秘めたる野望 この度、Steamコントローラーを購入してしまったのです。 とりあえず結論だけ書きますね。 理想 PSO2を後ろに付いたボタンとか駆使してプレイできるようにする ブイブイ言わせる 現実 Steamでしかまともに使えねーよバーカ! アナログパッドとして認識してやんねー! 意外な現実 マウスとしての性能は超優秀 Steamゲーで使ってみたら死ぬほど快適で草 って感じですね。 7000円越えの高級マウスです。 詳細書いていきましょう PSO2で使えない そもそも、SteamコントローラーはSteamで使うことを前提としたゲームパッドです。 キーボード+マウス、に加えアナログパッドとしての性能を兼ね備えたハイブリッド型。 ゲハパッドをやめたいそこのお前!俺を選んどきな!というのがコンセプトな雰囲気。 そのため、基本的にオンラインゲームとかで使うことは意図されていないものとなります。 なので、当然PSO2でなんか通常使えるわけがないんですよ。 しかし世の中には奇特な人もいるもので、わざわざ使えるようにするわけです。 それで生み出されたのがGloSCとかのソフトウェアになります。 そいつらを上手く使えればPSO2でも快適に使える、らしい。 のですけど何度やってもできないので諦めました。 いや普通に出来た人に直接お話を聞きたいレベルでできませんでした。 もう知らんがなは。 そんな思いを胸に秘め、コントローラーをぶん投げるに至ります。 使えないわけではなかった そんな現実を知り意気消沈してしまったぼくに、一筋の光が差し込みます。 そう、Steamです。 そいつに登録されたゲームをプレイするのは実に快適なのです。 Steamのゲームは、キーボードとマウスを使うものが結構あります。 Mount & Bladeとかそういうのです。 それらのゲームをプレイするのに、このSteamコントローラーは一役買っちゃうんですね。 右パッドでマウス操作しながら、パイメニューとかを駆使してキーボード的な操作をする。 これは非常に画期的で、通常のコントローラーではできない動きを軽々やってしまいます。 それに、Steamゲームだけではなかったのです、快適となったのは。 なんとなんと、単なるマウスとしても優秀だったわけですよ。 キーボードで良く使うショートカットキーを登録して、右パッドでマウス操作を行う。 これで、寝転がりながらストレスフリーにネットサーフィンが可能です。 流石に緊急で「今すぐに!」ってときは普通のマウス使いますけど。 なにはともあれ、Steam用のコントローラー兼マウスとして使っていくことにします。 返品とか売却とか考えましたけど、使い道あるならいっかと。 暫くはマウス用として使っていこうと思います。 あと、ブイブイ使いこなしたいのでSteamゲームとかも買ってみようかと。 なんか良い感じで安いのあったら教えれ。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2019.11.11
「SEO対策したい」とか「Google上位に出したい」とかに対する雑感

SEO対策費用 ○万円 webのお仕事してると、SEOという単語が頻出します。んで、それ、どこまでやればええねんって話。 正直、内部対策と呼ばれるもの自体はHTMLを構築してく段階で勝手にやってます。 ・imgとかにaltを入れる(アクセシビリティ対策含む)・HTML構造を考えて作る・title、descriptionの設定(中身は大体客からもらうかこっちから提案)・OGPタグ等々の設定(画像とかはこっちで作るかあっちから提供もらう)・sitemapの生成(最近のは大抵wordpressが入るのでAll in One SEO入れる)・アナリティクス入れる(アカウントは大抵ウチの使う、保守費用もらったりする)・SearchConsoleの設定する(こっちもアカウントは大抵ウチの使う)・PageSpeed Insightsの確認(Googleは極力これの点数が高いものを重視する)・上記PSIの点数が低ければ、よほどのことがない限りは90点は目指す(綠点数になればまあ合格) とりあえずはここまでが構築段階でこっちが勝手にやるSEO対策だと思ってます。そこまで大変な作業じゃないので既存制作費用に乗せてもいいと思うんですけど、どうなんですかね。 ここからが「それ以上のSEO」を求められた場合のこと。全部が全部やらないといけないことでなく、作ってるサイトによって使い分ける。 ・Google広告出す(当然別途費用が必要)・採用サイトであるなら、Google求人とかIndeedは無料でイケるので別途費用もらって対応(システム部分の理解が必要)・Facebookとかの代理投稿やらとか各種SNSとかアナリティクスの解析(人力アナリティクス的な部分) とまあ、これが主にできることです。多分これ以上になると代理店とかのお仕事になってきます。 結局みんなどこまで求めてんのよ? SEOって話が出てくると、それは大抵「Google検索で上位に出したい」という話になると思います。これが意外と困りがちなことで、そう安々と検索上位に来れるようなことはないんですね。 例えば、自分が音楽をやってたとします。そんでそれ用のアカウントとサイトを作ったとする。「自分の名前」で自分のサイトとアカウントが上位(一番上とか)に出てくるのは当たり前なんですよ。問題になるのは、「ジャズ ○○」とかで上位に出そうとしたくなると途端に難易度が上がります。簡単な話ではあるんですけど、(極論ですが)「自分の名前」は10件しか検索対象しかいなくとも「ジャズ ○○」なら数百万件が検索対象になるからです。その中で上位を目指そうとするんですから、大変なのは当たり前。 そこで結局やらなきゃいけないことが、「コンテンツの拡充」と「宣伝・広告」になります。web作成をしてる人たちができるのは、サイト運用する人の武器を揃えることだけです。つまり、その武器を使うのはサイトを作ってもらった人たち、ということになりますね。じゃあ武器持ってる人が何できるのかっていうと、ぶっちゃければGoogleに金出すことと、自コンテンツを増やすことです。 よく言われることではありますが、「良質なコンテンツ」をGoogleは上位に持ってきます。これを詳しく言うと、良質なコンテンツというのは「多くの人が訪れて見ているサイト」を意味してると思います。アクセス数が多いだとか、長い時間滞在するようなコンテンツがあるか、とか。 ぼくのこのブログ、平均で言えば滞在時間は1分とか2分です。これには当然理由があります。例えば、 ・記事から記事への移動経路が少ない(おすすめ記事、とか人気記事トップ5とかそういうの)・記事ひとつひとつの文章量が少ない(すぐに読み終わってしまう)・訪れる人が興味のあるコンテンツを提供できていない(要はただの日記ということ) などが挙げられます。 さっき例として出した「音楽」であるならば、なにかひとつのジャンルに特化した音楽をコンテンツとして設置するのが一番の対策になります。要はGoogle検索などで流入した人を、自分の音楽で繋ぎ止めることができるかどうかという部分が大事なので。それで更にその音楽を気に入って、お気に入り登録なんかしたり、Twitterにアクセスしてもらったりすれば万々歳です。その時点であなたの勝ちです。 つまりは大事なのはサイトじゃなくてコンテンツじゃんってことじゃん? まあそういうことなんですよね。一時期流行った「○○について調べてみました!どうでしたか?」の記事が優れている点というのは、上記したものをすべてクリアしてるからです。 ・良質なコンテンツ→記事(コンテンツ)の中身量を増やすことで滞在時間を伸ばしています。また、定期的に迫力のある見出しを出すことで飽きさせない。 ・記事と記事の遷移が容易→素人でも近頃は「WordPressを入れる」「テンプレートを使う」ことでまともなブログサイトを作ることができ、かつそのテンプレートが非常に優れています。大抵は人気記事機能とか自動オススメ記事機能が付いているので、基本的には文章を書くことだけ考えることができます。 ・訪れる人の興味のあるコンテンツを書く→基本的に長文でテーマに沿った文章を書いています。一番最後に「何もわかりませんでした!」と書いて締めたりするのは、途中で離脱が出ないように既存の知識で上書きして、ユーザーに「そういうのもあるのか~」と思わせる施策です。非常によくできてると思います。 とまあそういうわけで、案外馬鹿にできないぐらいの良質さがあるわけですねぇ。(何度も言っている「良質」というのは、Googleにとっての良質です。中身がどうあれアナリティクス的に強いなら検索上位に出てきます) 正直な所、ぼくらweb屋がページを作ったところで、お知らせ機能を作ったところで、使わないなら宝の持ち腐れなわけで。サイトを依頼してる時点で何かしら意図があるんでしょうから、作った機能ぐらいはちゃんと活かそうよって話です。 最近SEOという単語を会社とかでもよく聞くことがあったので、雑感的な雑な文章で書いてみました。いかがでしたでしょうか!?

2019.11.28
ワールドフリッパーは性癖お化けでも作りたいのか?

ぼくの思ってたのと違う きっとみんなが考えてたワールドフリッパー 実際に出てきたもの 実際楽しい 配信初日からまったりプレイしてますけど、普通に楽しいと思いますよ。出来の良いピンボールゲームがソーシャル要素携えて現れた!的な。 サイゲくんは頭がおかしいので発表から配信開始まで1週間と待たず駆け抜けたわけで。やっぱり頭がおかしいんだと思う。どう考えてもやることが普通じゃない。君ら準備期間って知ってる? それでも実際に出てきたものを見てみたら、昔ながらのピンボールとRPG的な要素が合わさった個人的にはなかなか面白いゲームだったとさ。 本当に懐かしいんですが、3Dピンボールをやってた我々世代としては、現れる要素ひとつひとつに懐かしさを覚えます。触ると跳ねるバネとか、ボールをシュンシュン弾くよくわからんやつとか、通過すると加速する床とか。 やってみるとわかりますが、思った以上に手間のかかったゲームになっています。サイゲくん、こういうのも作れたんだ、みたいな?今の所各ステージ短い時間で遊べるので、暇なときにサッとやれててちょうどよい感はあります。 個人的には、何よりも全体的にポップな雰囲気が大好きの好き好き大好き。ドット絵もすごくよーできてるし、キャラの絵柄と合わさって大変ポップポップしててかぁいいです。(開始当初からいきなりカリオストロとかの自社キャラ出すあたりが最高に頭サイゲ) ウマ娘難民の方々には申し訳ないのですが、すごく面白いのでこれで正解だったんだと思います…。メディア化頑張ってるから我慢してね…。 ソーシャル要素 最近ぼくがやってるソシャゲはだいたいソーシャル要素がほぼなく、個人でガチャ引いて遊ぶゲームばかりです。その点サイゲくんはグラブルの実績がありますから、このゲームでもちょっと期待してたわけで。 ワーフリではみんなで遊べるボス戦があるんですよ!しかもちゃんとリアルタイムっぽい感じで全員同時にピンボール始めるし。わかる?この時代になってリアルタイム4人でピンボールやってんだよ? 世も末。 まだ1回しかプレイできていませんが、気楽に遊べてかつワイワイ感があるのがすごく楽しいです。ああいうアクション要素のあるゲームを何人かでやるのって、見知らぬ人相手でも楽しいんですよ。 ぼくはネットにおいてコミュニケーション能力的な問題を抱えてるので、過度なやり取りを交わさなくても勝手に進んでいくのもプラスポイント。 ただ、難点を挙げるなら通信的な問題ですかね…。エラー出たり、妙に人が集まらなかったり(人が少ないだけ?)、この辺ちょっとなんとかしてほしい感。まあリアルタイムバトルだった時点で仕方のない話ではあると思うんですけども。 ケモの匂い エッッッッッッ…チダ…。 先程ポップな雰囲気だとかゆるふわ感だとか言いましたが、世界観の都合上、獣人がいるんですよ。何人か見ましたけど、ちょっとエッチ過ぎませんか? 欲望に忠実になるとしたら、ケモの☆5とかほしい、超ほしい。もうこれ、このケモ、肉付きのエッチさダメだろ。エッチさ独占禁止法違反です! ショタとかロリとかケモとか、この世の性癖バーゲンセールみたいなゲーム、ワーフリですが。ぼくの現状最推しエッチはこの子です。 エッチしたがってる格好してんじゃん…。完全に痴女。なにが目覚めた古代兵器だ、お前が性癖を目覚めさせてんだろ。 みんなもやろうワールドフリッパー 思った以上に面白くてびっくりしちゃったので、みんなにもプレイしてほしいです。基本料無料!!!!(鋼の意志) ちなみに今のぼくのパーティです。 おっさんがリーダーで悪いか???????当てづらいけどスキルつええんだよ。 やってる人がいたら教えてね!!!!!!!一緒にボスバトル、しよう!!!!!!!!!!!!!!!