あめーじんぐがなんぼのもんじゃい

腕壊れるゥ

こんなん一生無理じゃろって思ってたAMAZING MIGHTYYYY!!!! 理論値出してる奴は人間じゃないAMAZING MIGHTYYYY!!!! AMAZING MIGHTYYYY!!!! AMAZING MIGHTYYYY!!!!

落としました。

ひたすら粘着してサビをゴリ押しして鳥取ってきました。 というわけでアメマイ?も陥落させてしまいましたよ。 つまりぼくを阻む存在はもういないってわけですよ! 多分!

現状レートは14.93で止まっています。 ここからどう上げればいいのかがいまいちわからない現状でございます。 オシャマを粘着すればいいのか、それともひたすらスコアを上げたほうがいいのか?

よくわからないのでDolphika粘着してるんですが、どうなんでしょうね。 オシャマ粘着してればそのうち虹レぐらいなら行きそうではありますけど。 Ai Novでもいいけどな!

今週の木曜にやたらと大量に新譜面が来ますが、それを待つかどうか悩んでます。 最近はオンゲキにお金を使いすぎてる感があるので、新曲待って虹レ目指したいと思ってたり。

今日はMightyが鳥取れたのですべてがどうでもよくなっております。 安心したとも言う。 なんだかんだと結局また明日になったらオンゲキするわけですよ。 ここまで来たら虹レなってやんよ。

それでは今日はここらでサヨウナラー

関連記事

デフォルト画像
2018.07.03
カタンかったんですけど

とうとう買ってしまった よくわからないんですけど、カタンを購入しました。 ぼくはそこまで深くプレイはしてないんですけど、わりと好きな人多いですよね。 運要素もありますけど、基本的に戦略詰めプレイな所あるので苦手。 楽しいけどフィーリングで遊べない感じ? それはともかくとして、カタンを購入しました。 ヨドバシのポイントを使って200円! 買ったのはでかいやつです、つまりベーシックなやつ。 買った時期が時期だったのか、日本大会のよくわからん広告が付いてました。 これいらないょ…。 というわけで、我が家でカタンを遊べるようになりました。 部屋が狭いのは仕方ないものとして扱ってください。 カタンを遊びたい人間募集中。 ぼくの部屋でカタンしような! それでは今日はここらでサヨウナラー

2019.08.18
必要に駆られて「grid」の使い方を調べる

Gridレイアウト 技術ネタ発表みたいなのがあるので、Gridレイアウトについて話すことにしました。問題として、ぼくがこれの使い方を完全に忘れてたので、ここでまとめておきます。 CSSプロパティ「grid」は、flexみたいに要素を整列させたりすることができるdisplayの値のひとつです。flexとは違って、描画サイズを自分で決めて、その中で要素を好きな位置に置いていく変な指定方法を取ります。 親要素に「display:grid」を敷いて、描画サイズを決めます。その後、子要素に対して「ここに配置する」というプロパティを設定すると、そこに子要素が配置されていきます。 ぼくが使ったことのあるプロパティとしては、 display: gird(基本値:親要素)grid-template-rows(横列の長さをひとつずつ決める:親要素)grid-template-columns (縦列の長さをひとつずつ決める:親要素)grid-row(横列のどこに置くか決める:子要素)grid-columns(縦列のどこに置くか決める:子要素) IEはそれ用に別途プロパティが用意されてるのでそれを使う形になります。詳しい説明とかはW3Cでも見てみりゃ書いてあると思いますよ。 過去に使った案件 こいつを使った案件は、地方のローカルニュースサイトです。新聞みたいなレイアウトを求められたので普通にflexとかで組んでいたのですが、システム組み込みで面倒が起きたらしく、「自由に置けるようにしてくれ」と言われたのでgridプロパティを使いました。 使ってみるとそれなりに便利で、同階層のdivを好きな位置にレイアウトできるのでシステム組み込みが必要な場合にもわりと使えるプロパティです。新聞紙とかの変なレイアウトを求められたら意外と使える便利なヤツ。 ただ、IE用のプロパティはあっても完全には対応できなく、中途半端なレイアウトを実現しようとすると途端に使えなくなったりします。実際、システム会社から管理画面作成を依頼されたときに使ったら、IEがボロボロになったのでやめました。普通の表組みとかには、普通にtable使いましょう(という教訓)。さっきの新聞紙みたいな突き抜けたレイアウトぐらいじゃないと現状使えないと思います。IEが全部悪い、Chromeなら開発者ツールでも便利に使えるレベルなのに。 明日のネタ用 という話を明日のネタとして使う想定で書きました。実際、gridレイアウトは使えるヤツだと思います。ただ、繊細な使い方をしようとすると色々複雑で面倒なので、その辺を許容してくれるデザイナーの元で使ったほうがいいです。例の案件では、デザイナーが「いやもうそれでいいでしょ十分でしょ」ってなったのでセーフだっただけの話です。 具体的に言うと、一列一列が親要素で指定した横幅、または縦幅になるので細かいレイアウトには向いてないです。結構ざっぱに、でも変な置き方を指定されてる表組みとかでは使えると思いますよ!!!そんな機会そうそうないけどな!!! 現状ほとんど使った試しのない値だったりするんですよね、実は(取り扱いは過去の案件ひとつだけ)まあそのうちまた使いますよ、わりと嫌いじゃなし。みんなも使おうGrid Layout! それでは今日はここらでサヨウナラー

2020.01.02
C97、6日目の開幕です!!!

1年ぶりにコミケ行ってきた C96はお金と体力が尽きていたので、まさに1年ぶりの参加となりました。久々すぎて足が痛くなりましたが、もーまんたい。 ビッグサイトの夜明けぜよ…。 ブレすぎて何が写ってるのかわからない?心の目で見ればビッグサイトってすぐわかるでしょ。わかって。 今年は財布消失事件が発生した件もあったので、バスでした。まあ財布落とす前に予約してたのであまり関係ないんですけど。 2日目~4日目を参加し、3日間でおおよそ70kmを歩きました。東京というコンクリートジャングルを、森の賢者よろしく闊歩したわけです。 いやー、久々のビッグサイトくんは相変わらず馬鹿デカかったです。なんでいちイベントでこんな大規模なことになってるんですかね。そろそろぼくもわからなくなってきました。 ぼくは初めてのことだったんですが、今回も西と南が会場となりました。賑わいを見せすぎて死ぬかと思いましたが、なんとか生き残ることが出来たので上々といった所でしょう。 今年の目的は、「デジタル(音楽)」「ゲーム(FE・PSO2・魔女兵器)」「同人ゲーム」「雑貨」です。いずれ書く予定ですが、中々に中々なものをいくつか入手してきたのでご紹介したい所存。 人の群れ 今年もまた、男性向けエリアは冬だというのに異様な熱気に包まれていました。 南で上から下へと降りる最中のことです。階段に差し掛かった辺りで、ふっと会場内を見下ろしてみました。 人、人、人人人人…人!!男!!!!オタク!!!! まさにそれは人の波のようで、これから行くということを考えただけでも気分が減退してしまうほどでした。この20分ほど前では西の同じく男性向けが募っているエリアに訪れており、その際には死にそうな思いをしています。 ぼくのお目当ては上記画像のある辺りではなく、ここからすぐ右にある雑貨エリアではあったのですが…。結局、たどり着くのにもう10分ほど費やす羽目となってしまったわけです。 例年のことですが、笑うしかないほどにすべてが人で埋まった空間に自ら飛び込んでいくというのは、まるで死地へ向かう兵士のように感じられます。確かにぼくも飛び込んだのは間違いないのですが、これもまた次回になれば忘れてしまうような程度のことであったりします。 寒空の下、東京 今回も、ぼくは旅を共にした益荒男共と寝床探しをしていました。そう、ネットカフェです。 ただでさえ金のない我々は、切り詰める所を切り詰める覚悟を持って東京に足を踏み入れています。ホテルを取ればいいだけとは、その通りなのですがそれが中々どうして上手くいかないわけで…。(ただ面倒である、とも言う) 今年の東京は、そんな我々田舎人を死に追いやる恐ろしい街へと変貌を遂げていました。ネットカフェが、空いていないのです。 4,5件のネットカフェへ訪ねても、どこも 「満席です」「5名待ちとなりますが、よろしいですか?」「ブッ、ツーツーツー」(即切) といった様子。大変に繁盛しているご様子で、嬉しい悲鳴といった所でしょうか?ぼくたちは悲しみのあまり悲鳴を上げているわけですが。 結局、当初の予定だった新橋から更に場所を移し神田や赤坂へと移動したわけですが、あのまま寝床がなかったと思うと…。いやはや全くもって恐ろしいことでありますなぁ!!! 例年、何の支障もなく宿代わりを得られていたのですが、今年に限ってはそのようなこともなく、ただただ虚しい時間を過ごしました。寝る時間も大幅に削られてしまい大変な思いをしましたが、それでもなんとか寝床を見つけることができたのは、大変喜ばしいことなのでしょう。 もう少し視野を広げて寝床の選択肢を増やすべきなのだろうな、と思った冬でした。 余談ではありますが、こういうときにちゃんとした宿として使っていた東京木場ホテルがありまして。過去に2,3度お世話になったカプセルホテルでもあります。こちら、なんとなしに調べてみましたら、なんと閉業しておりました。開いた口が塞がらないとはこのことですなぁ。 余談です。 東京=飯を食らう場所 麺屋虎杖(めんや いたどり)・カレー担々麺というこれまた珍しいラーメン。・カレー感強すぎず、坦々感強すぎずのベストマッチなラーメンでした。 東京煮干し らーめん玉(東京駅ラーメンストリート内)・普通に美味しいかな、といった様相・ネギが異常に辛かったのですが、仕様ですか?そうですか。 グリルハンター 新橋店・肉、美味え(語彙力低下デバフ)・チーハンは国の誇りだよ カレーは飲み物・赤を頼みましたら、まさかこんな並々としたカレーが来るとは思いませんでしょう?・無料トッピングが選べて「キミの最強カレーを作り出せ!」って感じでございました。・美味。 ベローチェ・カロリーの暴力。・こんなん食ってるから冬は太るんだよデブ。 C98は? 実は半年もしない内に、C98がやってきます。オリンピックの都合上、今年のゴールデンウィークに移ったわけですよ。 ただ、ぼくはその前の3月にM3へ行きたいと思っています。C98も行けないわけではないのですが、如何せん資金不足的な…。まあ身を削ればいけないこともないのですが。多分その辺は将来の自分が考えてくれると思います。 知らんのですよ!!!未来のことなど!!! というわけですが、現状は行かない方向で考えています。それにお仕事的にも死にそうな思いをする1年な気がしているので、そういう意味でも難しい可能性が高いです。 ていうかそもそもさ、 C97(12月)→M3(3月)→C98(5月) とかいう超短期間で新曲ガンガン作れる人なんて限られてるでしょ…。大したもんも見れない可能性があるので、そういう意味でもC98はスルー対象にするべき、と思っています。 M3はいきまーす!よろしくね!!