20190718-thu

関連記事

2021.05.19
最近、面白かった小説とか漫画とか(商業問わず)

お久しぶりです(小声)ふっと忙しくなったタイミングで更新をやめていました。Valheimの記事は定期的に人に読まれている様子。 久々に更新したくなったんですが特に書くこともなかったので、最近面白いなーと思ったもんでも書き連ねてみます。 じゃあお前らもこれ読めよな。 スーパーカブ 今アニメやってるカブを題材にした小説。カクヨムでやってたのが元っぽいんですが、どういう経緯でメディア化に至ったんでしょうかね。 ニコニコ漫画で一話だけ試し読みができたので読んでみたら、思ったよりも面白くてアニメも見て漫画も買って小説にまで手を出してしまいました。きらら系か?と思って読んでたのですが、想像してたのと違って妙に硬派な雰囲気を感じて一気買いに走ることになりました。1巻、2巻頃は「カブを買った女の子!」な日常感を楽しんでたんですが、巻が進むにつれて「バイク乗りの日常を非日常的かつ硬派に描いた」的な何かに変貌していくのが面白いです…。もっとふわふわしたものが出てくることを想定してたのですが、読み進むごとに首を傾げることに。 作者がバイク乗りだからか、カブに関しての描写が妙に細かくて、修理するシーンですら相当に比重が重かったりします。小熊の成長っぷりが早すぎて脳が追いつかなくなったりしてますが、初期の頃の小熊を見ると変なものを見た感じになるのはしゃーない。最新刊の小熊とかもう戦場のカブ乗りとかになってもおかしくないのでは?途中で「戦場の間をカブで縫って走る自分」を幻想したりしてるし…。 アニメでは多分2巻の終わりぐらいまでしかやらなそうですが、是非とも大学編とかまでやってほしい。 女の園の星 Twitterで話題になってて、ちょっと気になったので何気なく買ってみたやつ。 最初から最後までずっと笑ってました。女性向けなんかな~と思いながら買いましたが、バチクソにギャグ全開でここまで笑うと思っとらんかったのですよ。 「女子高教師、星先生の日常を描いた作品」とありますが、高校生特有(?)の妙な会話まわしがテンポよく途切れなく繰り広げられるので、ずっと笑います。ひっさびさに笑い続けて息できなくなった。ここまで笑ったのは吸死以来です。 女子高がどうとかは知りませんが、シュールさが許容量を越えて襲い掛かってくるのほんとずるいと思う。まだ2巻までしか出てませんが、永遠に続いてほしい作品。 松岡・安藤・ペタリスト小林が好きです。 怪異と乙女と神隠し まだいまいち全容が掴めないけど、アングラ感があって「ひと昔前のラノベ」な雰囲気を感じ取って買いました。 日本のみならずな怪異を相手に切った張った(?)を繰り広げる漫画なんですが、まだ主人公達の存在が掴めてないんですよね。3巻まで出てるんですが、まだおぼろげにしか目的が読めてこないという…。1巻は「なんで?なに?それなに?」としかなりませんでしたが、3巻になってようやく主題、的なものが見えてきたのでなるほど感に包まれてます。 能力者バトルものというわけではなく、「推理バトルで敵に弱点となるものを突き付けろ!」な作風。相手(怪異)の習性から正体を見破って、「口裂け女にはポマード」的なものをぶつけて倒す、みたいな戦いをしたりしてます。なんでしょうね、逆転裁判? なんとなくこれからが盛り上がり所な雰囲気を感じるので、ぜひともまだまだ重版を重ねて続いてほしい作品。 二次創作 『錦の輝き、鈴の凱旋。』(ウマ娘) 最近の個人的な推し二次創作。現実にいた馬(ビゼンニシキ)をウマ化して主人公にしたよくあるやつ。 主人公の成長速度がどこぞの週刊少年ばりの勢いで、超加速・失速を繰り返して読者の感情がボロボロにされてます。今日最新話の40話が公開されましたが、「あ~~~~~~~~~~~」ってなりながら4回読みました。早く更新してくれ…薬を処方してくれ…。 今、ウマ娘の二次創作で一番好きな作品です。 「第13話:まるで脚に翼が生えているかのようだった」から「第15話:私、天才なので」の勢いは何回読んでも飽き足らない。 『勇者の記録』(ウマ娘) またウマ。勇者(へんたい)たるアグネスデジタルを主人公として構成した二次創作。 ぼくはこれを見てアグネスデジタルが好きになりました。あのデジタルを主人公にしてるのでギャグ臭多めと思いきや、しっかりスポ根とシリアスを兼ね備えた珍しき硬派作品でした。ていうか常に熱いし「友情・努力・勝利」をヒシヒシと感じられるので、これも何回読んでも面白いです。ていうか何回読んでも面白い作品が多すぎる。 今ちょうど物語的に面白さのテッペン周辺にいると思ってるので、50話ぐらいポンと読んでほしいです。大した量じゃないと思うの。

デフォルト画像
2019.05.07
死んでしまったGWに思いを馳せる火曜日

GW死んじゃったよー ぼくらが大事に育てた10連休、死んでしまいましたね…。 あんなに一緒だったのに…。 夕暮れはもう違う色…。 休み明けの火曜日、今日は地獄でした。 何が辛いってGW前に何をしていたのかさっぱり覚えてなかったことですね。 ぼくは基本的に仕事のメモを取らねえアホなので記録は皆無です。 なので最初の1時間は自分の仕事を思い出すことで始まりました。 10連休、色々ありました。 10分の8は家でゲームしてましたけど、それはそれはとても有意義な時間でした。 今日の仕事中はずっとGWのことを考えてました。 この胸の高鳴り…これが恋…? 次の祝日 Twitterで見たんですが、次の祝日は7月中旬までないそうですよ。 なんじゃそりゃ。 死ねってか。 ぼくは仕事がしたくて仕事をしているのではないので、祝日がないと死にます。 具体的には余分な休日が1ヶ月間ないと死を感じ始めます。 なんやねん、死ぬわ。 会社の引っ越しも控えてますし、もう嫌になりますね。 会社が遠くなるってだけでもう働くことを辞めたくなります。 具体的には徒歩5分の距離に会社がないと駄目です、体に影響を及ぼします。 この世の悪は通勤時間だと思ってるので。 なんかこう、生活に潤いがほしい…。 急に空から金降ってこい。 でもそれはそれで事件に巻き込まれそうで嫌だな…。 税金払わなくても良くてクリーンな3億円降ってこないかな…。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2018.06.06
WindowsアップデートしたらWinSCPが死にかけた

FTPソフト ファイル転送用のツールとしてWinSCPを使用しています。 大学時代に使ってたものより断然使いやすい。 正直これ以外はもう使えないねぇ…ってレベルで便利です。 ここ最近、Windowsさんがアップデートをしていますね。 それも割と重たいやつ。 とうとうぼくの作業用PCにもそれが現れたわけですよ。 よほど重かったのか、終わるまでに1時間程度かかりました。 いつも通りファイルを復号化して、出勤ボタン押して、さあ仕事と意気込み。 WinSCPを開くとそこには驚きの風景が! 設 定 が な い ホゲエ!!!! ナンデ!?イツモノジャナイ!!!ナンデ!?!?!? よく見てみると、なぜかPCの前任者の設定になっているらしく、いつものファイルがありません。 今まで見たことのないような転送先もあったりして、もうワチャワチャ。 あまりのことに10分ぐらい呆然としてました。 で、まあ冷静になってみると、WinSCPには設定ファイルがあるんですよ。 WinSCP.iniだかっていう設定ファイルが。 Appデータとして保存されているので、Roamingとかを検索。 そしたらなんと、 「WinSCP.ini」 「WinSCP.ini(1)」 の2種類のファイルが。 Web制作で言うところのindex.html的な感じなのが前者、そうじゃないコピーファイルが後者。 ということはつまり…?と思い(1)の謎ファイルを読み込ませてみました。 完 全 復 活 イェェェェイ!!!! とまあそんな感じで一人で勝手に盛り上がってました。 なんで急にiniファイルが切り替わったのかが謎だなと。 Windowsアップデートの関係で前者のファイルが参照されたのかなーとか考えてます。 前もThunderbirdで似たようなことありましたが、本当にやめていただきたい。 マジで仕事ができないかと焦りまくりますからね。 できないこともないけど、いちいち転送先の情報とかを調べるのが面倒なんですよ。 今度からちゃんとiniファイルを管理しておきます。 怖ぁい。 それでは今日はここらでサヨウナラー