20190801-3

関連記事

デフォルト画像
2019.11.02
文章力を上げるべく感想を積み重ねる日記

継続は力なり…らしい。 最近感想書いてんの。M3行ったからね。ついでに飯食ったりして写真撮ったりして。そんなことしてるわけなので。 継続は力らしい。まー中身が伴ってなけりゃ大した経験値にもならないそうなので、ない語彙振り絞って文章にしてみたり。普段なら「尊い」とか「すげー!」「やべー!」で終わらせる部分を言語化してみる練習になったり。 webのお仕事してると、文章屋さんが度々出てくる。いわゆるライターってやつ?実質企画屋さんにもなってたりするので、そういう場面でも登場する。そういう人たちが書く文章ってすげー。商品の特徴を的確に捉えた上で、「何文字以内で」とか指示を出すと、その指定されたルールの中で仕上げてくる。しかも短時間で。何年文章書きゃあのレベルに至るんだろうね。 ぼくも日記は書いてるものの、別に文章力を上げる練習~とかでやってるわけでないので、大して文章力は上がってない。多分初めてブログを書いたのは中学生の頃だったりする。FC2とかいうのすんごい懐かしい。おそらくその頃よりはマシな文章が書けてるのは間違いない。初期の頃なんて全部話し言葉で面白いぐらい読みづらい文章だったし。 で、最近思ったのがなんとなく美味しいなーとか面白いなーって感じたことを言語化してみるのもまた一興ってこと。それで考えてみると大変難しい。そしてなぜ難しいのかを考えていくと、語彙力・知識力のなさが原因に上がってくる。 例えば最近M3に行ったので、自然と音楽に関する感想を書くことになる。まずジャンルが出てこない。「なんとなくこの音が良い」ことを伝えたいのにそれを言語化する術を持っていない。まあ当然。音楽の勉強をしたことあるわけでもないし、今まで「なんとなくこれが良い」で大まかなジャンルぐらいしか考えたこともなかったから。そうなると、文章ひとつ書くのにGoogle先生に頼ることになる。結果、感想を書くのに30分かかることになる。 ま、でも、多少は言語化できてるんじゃないかなーって思ったりする。正直めっちゃふわふわしてるから上手く言葉で言い表せてるのかはしらんけどー。 今後の練習は、 書こうとする→わからないから調べる→知識がつく→どんどん書きやすくなる→つまり言語化能力が上がる はー完璧。誰がどう見ても完璧なスケジュール。もうライター一直線。きっと面白い文章も書けるようになる。お、天才か? そんなことを考えたりする午前3時。初の真夜中お散歩 in 新潟をやったばかりだから少しテンションが高い。 アレだね、この時間に書く日記はハイテンションだ。 今日(昨日?)は感想おやすみしたので、多分次は書くぞぅ。見てる人がいたら嬉しいなー。ついでに感想見て興味を持ってくれたりするとすげー嬉しいよな。 よろしくですぞ。

デフォルト画像
2019.11.04
イキった中高生みたいなことしてる

徘徊老人への道を着実に歩んでる ここ2日、かねてより試してみたかった夜のお散歩(別名:深夜徘徊)を行いました。まあ、具合悪くなるだけだと思うよ。 ふと思い立ったので、夜中の2時・3時頃に外へ飛び出し散歩をしてました。この時点でめちゃくちゃ頭悪くなってると思います。 最初は近くの24時間スーパーへ行く程度でしたが、2回目は少し思い切ってそれなり(?)に距離のある商店街まで歩きました。 楽しいな~と思ったのは、人がいないから閉まった店頭やガラス窓に貼ってあるポスターなどを気兼ねなくじっと見れること。ぼくはなんとなく周りの目が気になってしまうので、昼間とかはあまりじっと見たりすることをしません。あまりにも自由なので同じ所のポスターをぽーっと30分くらい見てました。 あとは、これまた基本的に誰もいないので解放感が非常に高まってること。高まりすぎて拍手しながら歩きたくなるぐらいです。 ちなみに、流石にド深夜だからか人どころか車もタクシーぐらいしか動いていません。そのタクシーも大抵車外に出てタバコ吸ったり、道端に止まって寝てたりしてる感じです。走ってるのもめちゃくちゃゆっくり走ったりしてましたし。 楽しかったといえば楽しかったのですが、注意する点が。当然っちゃ当然なんですが、カバンやらリュックやら、そんなもの何も持たずに飛び出てるので明らかに不審者です。誰がどう見ても不審者に限りなく近い不審者です。なのでもしお巡りさんと遭遇してしまったら、間違いなくなにか聞かれるであろうことは覚悟して歩いてました。結局一度も会いませんでしたが。 後は健康状態でしょうか。ド深夜に1時間半ほど歩く、こんなこと普段しないしこの時期は非常に寒いので翌日わりと具合が悪いです。なんであんなことしたんだ…とまではいきませんが、「もうちょい暖かい格好をすべき」ぐらいは思いました。多分アホなんだと思います。 そこそこには楽しかったのでまたやるとは思います。 ちなみに、一番楽しかったのは3時頃に吉野家で豚丼食べたことです。

2019.09.04
validate.jsではdisplay:noneした要素をvalidateできない

今年で一番冷や汗かいた 死んだね。今日提出のファイルがあったので、その準備をしてたんですね。最終確認ってことでフォームのテストをしてたんですよ。 今回はフォームを使う必要があって、もしかしたらPHPが使えないかもってことでフォームのミスチェックをjsでしてたんです。使ったのは(多分)有名なvalidate.js! jsでバッチリ動いてたのを前まで確認していたのですが、今日やったらなぜか動かないわけで。もう提出の期限は1時間もなくて、冷や汗かきまくり。意外と涼しくてエアコンが付いてなかったのもあってまさしく生き地獄。久々に死ぬかと思いました。 20分もかけてようやく原因を特定し、無事提出することができましたが正直死ぬかと思いましたね。おやおや?って状態からおやおやぁ!?!?!?ってなったわもう。 ほんま死ね。 原因について validate.jsでは、存在しない要素をvalidateすることができません。特にありそうなのが、フォームのラジオボタン。最近は装飾を施すことが多くて、下のみたいに普通のやつとちょっと違うパターンが結構あります。 See the Pen vYBWeOw by 【LIGHT WINGER】 saiko (@saikofall-the-typescripter) on CodePen. この程度なら30分もいりませんし、わりと簡単に色々できるのでデザイン上もそうなってることも多いです。 実はこれがvalidate.jsを使う上で問題になります。このjsって、基本的に存在しない要素をvalidateすることは不可能なんですよね。事実上述のcodepenで見てもらうと、ラジオボタンがdisplay:noneされてるかと思うのですが、こいつのせいで動いてなかったようなのです。 まあ攻略法は別にそんな難しい話ではなく、display:noneになっている部分をopacity:0で消してあげればいいだけの話です。ただそれだと要素として存在してて変になってしまうので、今回はそこにheight:0とwidth:0をかけて完全に存在しないものとして扱うことにしました。ひとまずはこれで動くようになったのでセーフです。 ちな みに、上記したやり方で対応すると、ブラウザによっては変な見え方をしてしまう可能性があります。例えばsafariとかな!!!!多分このブラウザで見ると変な浮き方をしてしまっていると思います。今日は何も言わずにオッケー!とか言いましたが実は全然オッケーじゃなかったりします。 どうしよ。 validate.jsは非常に便利なんですが、ここだけなんとも言えないっすよねー。つーか面倒だからデザイナーはラジオボタンとかに装飾付けるのやめてクレメンス。 それでは今日はここらでサヨウナラー