20191013-thumb

関連記事

デフォルト画像
2017.07.13
nFinderが死んだよ~延命できるけどしないよ~

そもそも死んでる 右に出るものなしと言われる(勝手に言ってる)nFinderが死にました。 死因はHTML5な模様。 ニコニコがHTML5対応になり、nFinderがそれに付いていけなくなったようですね。 まあ死んだ死んだと騒がれていますが、元々死んでいるんです。 ぼくらはぶっ壊れた玩具で必死に遊んでただけなんです。 でも今までは壊れたものながらもなんとか遊べてたんですよ。 毎回エラーとか出てたし、定期的に完全な死を迎えかけていたけど。 それが今回、とうとう限界が来たってことです。 次を探そう!次を! 延命処置 ぼくはよくわからないのでやりませんが、延命をすることも可能なようです。 なにやらプログラム部分をいじって無理やり動かすとかなんとか。 プロキシがどうのとか本スレでは言われてましたね。 何してるのかさっぱりです。 しかしアレですね、これではXPを使い続ける役所、おっさんを馬鹿にできませんね。 いくら便利だからって、壊れたものを使い続けてるわけですから。 気持ちは大いにわかるけどな!!! nFinderより使いやすい専ブラなんてないんですよ。 痒い所全てに手が届くのが悪い。 次の移住先 ぼくはNNDDに戻ることにしました。 nFinderを見つけてからはずっとそこにいましたが、元はNNDD使いだったので。 こっちは未だに問題なく動きますし、使い勝手も悪くありません。 問題点を挙げるとすれば、投稿者の説明が見づらいだとか再生済みの動画がわからんとか。 文字が小さいだとかコメント欄とかの補足情報は一体化しといてくれとか。 なんかもう色々出てきますが、そう悪くはないのでもうこっちに移住します。 どうせこの先nFinderを超える専ブラなんて出ませんよ。 奇跡的に作者のハゲが復活しない限りは、延命してもいずれ死ぬだけです。 どうせなら延命したその間に次の移住先を見つけような。 約束だぞ! それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2019.03.06
wordpressにwelcartを入れてECサイトを作るのは疲れるだけなのでやめてください

そんなのあるんだ 仕事でECサイトを作ることになったんすよ。 内容はともかくとして、安く作りたいとか。 大抵そういう通販的なサイトを作るなら、都会は知らんが EC cube カラーミーショップ MakeShop(ゴミ) が出てきます。 こっちは田舎なんで大抵これで押し切れます。 でもこういうので作ると、作成元に初期費用払って、月額払って、システムの構築費用払って、ってなるんですよ。 もちろんその後なんかしてほしい場合はウチに保守費用払ってもらうし、とにかく金がかかるわけですね。 かといってまともなもの作るなら流石に「基本無料!」とかいうのは論外です。 あの辺はデザインを自由に作れないとかの制約があるのが基本なので選択肢に入りません。 で、今回はなんと50万ももらえないそうなので、WordPressのプラグインでやることに。 はいこの時点でゴミ、選択肢がない。 選択肢がない上に残されたものが無料プラグイン。 は? そこで出てきた選択肢というのが「WelCart」っすな。 基本的に無料で、決済とかもなんとかなるとかなんとかかんとか。 しかもWordPressだから管理画面もある!デザインも自由にできる! お、神か? 神なわけがなーい これはもうアレですね、初期費用とか月額とかその辺全部捨てて赤字覚悟でシステム構築するやつです。 しかも初めて使うので大体解析しながらとかいう地獄。 一応自動生成されるテンプレートを元にしながら作るので多少は楽なんですけども…。 正直な所使い勝手は気にしたら負けだと思います。 大体なんでもできちゃいますが、システム慣れしてる人じゃないと無理だしなんか使い勝手微妙だし。 画像とかもまた別のプラグイン入れないと挿入の仕方が煩雑だったりして。 まあその辺の愚痴はさておいて。 調べながら開発を進めてましたが、デザインが自由にできるという点に関してはとても良いと思います。 ただ、更新が数年前でストップしてるみたいなので、脆弱性はめちゃくちゃあると思います。 しかもプログラム的に微妙な仕様で出来てる部分があったりするっぽいので、実はセキュリティ的にもヤバイ感じがあります。 判定の仕方が一部甘い部分があるみたいなので、決済部分大丈夫?って思いながら組んでます。 安くやってくれつってんだから知らねえよその辺はお前なんとかしろよの精神ですね。 基本機能は抑えられてるので、単に通販サイトやりたい人は勝手に使ってどうぞって感じ? でも脆弱性とかセキュリティとか色々気になる部分があるのが怖いところ。 一応イプシロンとか使えるみたいではありますが、ここでクレカ決済を組み込むのはやめときたいです。 やりたいんなら知らねえけど、どうなっても知らんわこんなん。 ていうのを頭の片隅で思いながら組み込みしてました。 まあ金ないのはわかるんだけど、カラーミーショップ使ったらいいんじゃないかなって思ってます。 だって正直あまり値段変わらないと思うんですよ。 ブログ機能とか付けたいってんならもうそれは高くなってもしょうがないでしょだって。 ぼくはECサイト作るならカラーミーショップ使ってほしいです。 楽だし慣れてるので。 まあ去年だかにクレジットカード情報の流出事件起こしてますけどね!!! でもウチ関係ねえから!!! なんだかんだ安定してて使いやすいのでカラーミーショップを使おう! デザインもわりと自由にできるぞ!! という愚痴でした。 明日もWelCartと戦います。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2018.09.09
Hexoのテンプレートの弄り方は???

記事詳細テンプレートの修正方法がわかった!!! やーっと記事詳細のテンプレートを修正する方法がわかったんですよ。 今日はHexo以外の静的テンプレートとして、Jekyllをインストールしようとしまして。 Rubyをインストールしないといけないということに気づいてやめました。 Hexoはそれ単体で動くんですけど、JekyllはRubyベースで動く静的言語なんですよね。 インストールするだけでいいんですけど、面倒なもんは面倒なんだ! というわけで再度Hexoのことを調べ始めました。 この前やろうとしてできなかった「記事詳細テンプレートの修正」です。 Hexoは上の画像みたいになってて、各テンプレートファイルをbodyって変数で読み込んでるっぽい? つまり、layout.ejsのbody変数はpost.ejsとかpage.ejsとかを呼び出してるってことなんでしょうかね。 ですので、結局現状はそのpage.ejsとかを修正するのが一番早いって話ですね! でもやりたいことはこれだけどこれじゃねえんですよね。 できればlayout.ejsでif文使って記事詳細だけに表示する、とかスマートなことがしたいんですよ。 それ用にテンプレート変数があればいいんですけど、どうすりゃいいんすかね。 まあひとまずは、それぞれのテンプレートがどうやって呼び出されてるのかがわかったので満足しました。 次は「今表示されてる記事と同じカテゴリの記事を5件呼び出す」とかができればいいなーとか考えてます。 そうすれば多少は回遊率に上昇に繋がりますし? 関連記事プラグインはなぜかローカル上でしか動きませんでしたし。 多分page変数を使うところを、post変数に変えてしまってるのが原因だと思うんですけど。 何はともあれ、同カテゴリの表示方法を調べます。 無理だったら諦めて普通にカテゴリリストを作ります。 それでは今日はここらでサヨウナラー