20191028-goods

関連記事

デフォルト画像
2019.05.11
暇だからもいっこブログ作って遊んでた(はじめての日本語ドメイン)

WordPress様はやはり便利なのだなぁ あまりにもやることがなかった(やる気が出なかった)ので、ブログを作ってました。 とはいえネタがこれといって思いつかなかったので、たまに書いてたPSO2記事を移したりなんだり。 (記事は移してないけど) Hexoは、これはこれで非常に楽しいのですけど、やはりWordPressは勝手知ったるといった感じで使いやすいです。 どうしたら記事を出せる、とかどうしたらページネーションが作れる、とかわかってますしね。 しかもわからないことがあったとしても、大抵のことはネットに書いてあるという。 なんだかんだで時代がWordPressを離さないわけです。 今回、新規にドメインまで取得したわけですが、初めて日本語ドメインを取得しました。 https://ぷそにっき.site/ 面白いでしょこれ! ちゃんと表示状は「ぷそにっき」ってなってるんですよ。 DBとかに保存されてる名前は変換されたやつだからぷそにっきにはならんけど。 ただ、対応してるドメインとしてないドメインがあるのが注意点ですかね。 ぼくはvalue-domainで取得してますが、結構日本語対応なしってやつも多かったです。 このブログではその中でも安かった「.site」を使用しております。 お値段106円なり。 5系が出て半年 WordPressが5系になってから半年、改めて使いましたが投稿周りの便利さが上がりましたね。 投稿のコピペがしづらくなった印象がありますが、慣れれば新規投稿のしやすさとかが段違いです。 ブロック要素ごとに追加ができるので管理もしやすいと来たもんだ。 4系との大きな違いは今の所投稿ぐらいしか感じてませんが、それだけでも便利さはかなりのものですね。 というか他って何か変わったことある…? お客さんに説明するときもそこしかしてませんし。 そもそも慣れたものがいい!ってなるのでご新規さん以外にはバージョンアップすらしてませんしね。 (未だに4.2とかのWordPressを使ってるの見ると、流石にそのうち移行しなきゃ、とは思いますが) 構築の楽さ 構築が大変楽です、WordPressは。 覚えることほとんどないからこれまでの知識だけで大体なんとかなるし。 Hexoは情報がほとんどないので、既存のテンプレートから引っ張ってこないといけないんですよねー。 そうなってくるとCSSとかも作りづらいし、色々大変です。 ゼロから勉強ってなると流石に趣味の範囲でも疲れてしまうので、細かくは調べてないのが現状です。 なのでWordPressではできたってものが大抵できなかったりします。 まだ所々ゴミみてえな部分が多いですが、一応形にはなってます。 ここまで大体12時間ぐらいですかね…。 それでここまで作れりゃ十分っしょ!ってことで暫くは休憩です。 更新するかどうかとかは謎ですが、実験台みたいなとこもあるのでそういう方面では使うことになると思います、ぷそにっき。 急にサイト自体を消したりすることも? Hexoは更新が楽ってのがそれなりにメリットなので、暫くはこのままです。 移すのも面倒なんですよね、md管理だと。 でもやっぱりWordPressが楽なんだよなぁ…。 かーっ、つれーわ、情報増えろHexo増えろ。 それでは今日はここらでサヨウナラー

2019.12.25
インデントを!!!HTMLに!!!付けてください!!!

メロスには政治がわからぬ。 メロスは、会社勤めのコーダーである。キーボードを叩き、客と遊んで暮して来た。けれどもインデントの位置に対しては、人一倍に敏感であった。 インデント付けてよ!って話 大っぴらには人のことを言えないので、Twitterには書けない内容的な…。Qiitaとかに書いたら「お前はどうなんだよ!」とか言われそう、と保険を掛けておきます。 一言で表すと、インデントとかに関してです。決してHTMLの構造だとかセクションだとかアウトラインだとかって話ではないです。 コーダーやってると、他人のソースを見たり弄ったりするときが結構な割合であります。そういうとき、ソースが見やすい場合と見にくい場合があるわけですよ。そんな中その判断を下す基準としては、ブロックごとに分かれてるかとか色々ありますが、ぼく的には「最低限のインデントが付いてる」か否かが一番低いハードルとしてあります。ちなみにぼくのインデントは半角スペース2つです。 いやこれ、別にインデントの数を2つにしろとか4つにしろとかそういう強要をしているわけではないんですよ。極端な話かもしれませんけど、最近インデントがほとんど存在しないソースコードを弄らされまして。このブロックどこ?書いてある場所どこ?っていうことになりました。 しかもそれだけではなく、インデントの量が場所によってマチマチ。これの何が悪いかって、ネストの関係が全くわからないんですよ!!!こことここ、同じ深さで<section>だけどなんでソース上は深さ違うの?って。 時間がなくて慌ててるのはわかるんですが、HTMLは入れ子関係がわからん状態だと、ソースの解析から始めないといかんのですよ!!!!(多分他のプログラムも大体そう) しかもなんか所々に変な半角スペースが入ってたりなかったり。ソースコード上の距離がブロックごとで微妙に違ったり。そもそもブロック同士のネスト関係がわからないし…。しまいにゃ<" ">と<””>が混じってるし? なんじゃこら。 フロントが合ってればオッケー!? これまた極論、コーダーが出す成果物はフロントで見たとき問題なけりゃ誰も文句は言わないです。コーダー以外。 でも何か月か経ったりしてそのソースを改めて見たとき、それが自分か他人かは知りませんが、間違いなく彼or彼女はキレます。これを作ったのはどいつだ!と叫びます。(実際には叫ばず黙ってソースを修正しはじめます)(これすごいコードだね、と多少の嫌味は入ります) とはいえ、デザイナーも熟達者になるとソースを見始めます。なぜかといえば、自分の思う通りにデザインを書き起こしてほしいからですよ。中にはコーディングも行うことのできる段違いのパーフェクトヒューマンもいますが、その辺になると自分で全部やり始めるのであまり関係はないです。 そんなことがあったりなかったりするので、コーダー志望ならちゃんとインデントを付けてソース管理しようねって話。久々にどこに何が書いてあるのかさっぱりわからんソースを見たので愚痴ってほどでもないですが、書きました。 ちなみに(おまけ) すごく適当に書きましたけど、大体こういう感じのソースでした。なんていうか、整理の苦手な人なのかな?って感想。別に中身まで詳しく検分してどうのしたってわけではないのでどうでもいいんですけど、すげぇなって。正直PHP云々でWordPress覚えさすより先に、文法の基本ってわけじゃないけど綺麗にソース書けるようになってくれないかな。これソースとして渡されたらまず整形で半日かけるわ。 ということがあったので、 ・インデントつける(ぼくの場合は半角スペース2個分)・タグを見やすく書いてくれ・軽くで良いからHTML5の文法について調べてくれ ぐらいはやってほしいですよねほんと。ぶっちゃけイラレとかで機械的に出すソースコードとなんも変わんねえじゃんね。これを人間が出すんなら人間いらんわ、機械でいい。 そろそろ人間が書くレベルで、後々人間が保守できるぐらいのソース書けるツールとか出ないの?まあ出たらぼく失職すると思うけど。

2019.07.30
Googleお手製WPプラグイン、site-kitでエラー出たので対処

教えてもらったので早速入れてみた 今日会社で、Google先生がとうとうWPプラグインを出したと聞いたので入れてみました。もしかしたら仕事で使うかもしれない…ということで備忘録代わりに記録しておきます。 手順は簡単で、下記のサイトからプラグインを入手することができます。 https://sitekit.withgoogle.com/ Get developer beta > download right here の順でダウンロード。プラグインをWPのpluginにぶちこめばそのまま使えます。聞いた話によれば、現在はβ版ですが正式版が出ればそのままアップデートすることも可能、らしい。つまりとりあえず入れておけってことです。 やれることは極単純で、Search Consoleとかをこっちで軽く見れる、みたいな感じ。ちなみに、ちゃんと設定すればAnalyticsのデータなどをWPの管理画面で確認することができます。正直普通に進めればAnalyticsとの連携画面に簡単に行けちゃうので、その辺はなんとなくで頑張ってください。この記事はそれを解説するアレコレじゃないです。 一瞬詰まったエラー エラーが出たんです。「お前なんだよそのドメイン!聞いてねえぞ!」みたいな。他の人も書いてるかもしれないですけど、ぼくも書くよ。 具体的には手順2つ目の、認証するよ!って部分です。メールアドレスの認証を済ませて自分のWPに戻ったら「Unknown Error」とかいうのが赤エラーでダッシュボードに出ました。 とりあえず解決方法は下記のページを見ればあります。 https://github.com/google/site-kit-wp/issues/4 原因は単純で、WP管理画面の「設定 > 一般」のサイトアドレス(URL)の2つがhttpsになってないことでした。要は、 ぼく「この管理画面のアドレスは、https://saikofall.com~だよ!」Google「WPの管理画面で設定されたWordPressアドレスを見るよ!」Google「https://saikofall.com~ってなってるけど…?おかしいよ?」 っていうエラーでした。要はsite-kitの手順1でOauthコードをhttpsで発行してるのに、手順2で参照しようとしたらなぜかhttpでGoogle先生がエラーを返したわけです。 一般設定でhttpsに直してOauthコードの発行からやり直したら無事に先へ進めました。 っていうだけのエラーでした。10分迷いました。 それでは今日はここらでサヨウナラー