「SEO対策したい」とか「Google上位に出したい」とかに対する雑感

SEO対策費用 ○万円

webのお仕事してると、SEOという単語が頻出します。
んで、それ、どこまでやればええねんって話。

正直、内部対策と呼ばれるもの自体はHTMLを構築してく段階で勝手にやってます。

・imgとかにaltを入れる(アクセシビリティ対策含む)
・HTML構造を考えて作る
・title、descriptionの設定(中身は大体客からもらうかこっちから提案)
・OGPタグ等々の設定(画像とかはこっちで作るかあっちから提供もらう)
・sitemapの生成(最近のは大抵wordpressが入るのでAll in One SEO入れる)
・アナリティクス入れる(アカウントは大抵ウチの使う、保守費用もらったりする)
・SearchConsoleの設定する(こっちもアカウントは大抵ウチの使う)
・PageSpeed Insightsの確認(Googleは極力これの点数が高いものを重視する)
・上記PSIの点数が低ければ、よほどのことがない限りは90点は目指す(綠点数になればまあ合格)

とりあえずはここまでが構築段階でこっちが勝手にやるSEO対策だと思ってます。
そこまで大変な作業じゃないので既存制作費用に乗せてもいいと思うんですけど、どうなんですかね。

ここからが「それ以上のSEO」を求められた場合のこと。
全部が全部やらないといけないことでなく、作ってるサイトによって使い分ける。

・Google広告出す(当然別途費用が必要)
・採用サイトであるなら、Google求人とかIndeedは無料でイケるので別途費用もらって対応(システム部分の理解が必要)
・Facebookとかの代理投稿やらとか各種SNSとかアナリティクスの解析(人力アナリティクス的な部分)

とまあ、これが主にできることです。
多分これ以上になると代理店とかのお仕事になってきます。

結局みんなどこまで求めてんのよ?

SEOって話が出てくると、それは大抵「Google検索で上位に出したい」という話になると思います。
これが意外と困りがちなことで、そう安々と検索上位に来れるようなことはないんですね。

例えば、自分が音楽をやってたとします。
そんでそれ用のアカウントとサイトを作ったとする。
「自分の名前」で自分のサイトとアカウントが上位(一番上とか)に出てくるのは当たり前なんですよ。
問題になるのは、「ジャズ ○○」とかで上位に出そうとしたくなると途端に難易度が上がります。
簡単な話ではあるんですけど、(極論ですが)「自分の名前」は10件しか検索対象しかいなくとも「ジャズ ○○」なら数百万件が検索対象になるからです。
その中で上位を目指そうとするんですから、大変なのは当たり前。

そこで結局やらなきゃいけないことが、「コンテンツの拡充」と「宣伝・広告」になります。
web作成をしてる人たちができるのは、サイト運用する人の武器を揃えることだけです。
つまり、その武器を使うのはサイトを作ってもらった人たち、ということになりますね。
じゃあ武器持ってる人が何できるのかっていうと、ぶっちゃければGoogleに金出すことと、自コンテンツを増やすことです。

よく言われることではありますが、「良質なコンテンツ」をGoogleは上位に持ってきます。
これを詳しく言うと、良質なコンテンツというのは「多くの人が訪れて見ているサイト」を意味してると思います。
アクセス数が多いだとか、長い時間滞在するようなコンテンツがあるか、とか。

ぼくのこのブログ、平均で言えば滞在時間は1分とか2分です。
これには当然理由があります。
例えば、

・記事から記事への移動経路が少ない(おすすめ記事、とか人気記事トップ5とかそういうの)
・記事ひとつひとつの文章量が少ない(すぐに読み終わってしまう)
・訪れる人が興味のあるコンテンツを提供できていない(要はただの日記ということ)

などが挙げられます。

さっき例として出した「音楽」であるならば、なにかひとつのジャンルに特化した音楽をコンテンツとして設置するのが一番の対策になります。
要はGoogle検索などで流入した人を、自分の音楽で繋ぎ止めることができるかどうかという部分が大事なので。
それで更にその音楽を気に入って、お気に入り登録なんかしたり、Twitterにアクセスしてもらったりすれば万々歳です。
その時点であなたの勝ちです。

つまりは大事なのはサイトじゃなくてコンテンツじゃんってことじゃん?

まあそういうことなんですよね。
一時期流行った「○○について調べてみました!どうでしたか?」の記事が優れている点というのは、上記したものをすべてクリアしてるからです。

・良質なコンテンツ
→記事(コンテンツ)の中身量を増やすことで滞在時間を伸ばしています。また、定期的に迫力のある見出しを出すことで飽きさせない。

・記事と記事の遷移が容易
→素人でも近頃は「WordPressを入れる」「テンプレートを使う」ことでまともなブログサイトを作ることができ、かつそのテンプレートが非常に優れています。大抵は人気記事機能とか自動オススメ記事機能が付いているので、基本的には文章を書くことだけ考えることができます。

・訪れる人の興味のあるコンテンツを書く
→基本的に長文でテーマに沿った文章を書いています。一番最後に「何もわかりませんでした!」と書いて締めたりするのは、途中で離脱が出ないように既存の知識で上書きして、ユーザーに「そういうのもあるのか~」と思わせる施策です。非常によくできてると思います。

とまあそういうわけで、案外馬鹿にできないぐらいの良質さがあるわけですねぇ。
(何度も言っている「良質」というのは、Googleにとっての良質です。中身がどうあれアナリティクス的に強いなら検索上位に出てきます)

正直な所、ぼくらweb屋がページを作ったところで、お知らせ機能を作ったところで、使わないなら宝の持ち腐れなわけで。
サイトを依頼してる時点で何かしら意図があるんでしょうから、作った機能ぐらいはちゃんと活かそうよって話です。

最近SEOという単語を会社とかでもよく聞くことがあったので、雑感的な雑な文章で書いてみました。
いかがでしたでしょうか!?

関連記事

デフォルト画像
2018.09.30
呂布を育てる「Lu Bu Maker」買った

死ぬほど暇だったので タイトルどおりです。 よくわかんないけどなんか異世界転生で恋姫みたいな世界の男董卓になった主人公が呂布育てるゲーム。 実質プリンセスメーカー。 (強制だけど)モブと結婚するイベントもあるし(?) EDは全部24通りあるみたいで、網羅するとなると結構時間がかかりそうです。 まだほとんど遊んでませんけど、わりと不穏なEDが多めな予感。 BADEDだと大体董卓が殺されてるあたり、なるほどって感じです。 ちなみに呂布ちゃんはすごくかわいいです。 お前ほんとに国外製か?ってぐらいかわいい。 ぼくは、呂布ちゃんと結婚するEDを見たら大体なんか満足しちゃいました。 かわいかったからもういいよ…。 それだけで払った額の価値はあった。 Lu Buってなんだろと思って調べたら、呂布のことだそうですね。 読み方的には「リ ブォー」って感じ? 英語での読み方になるんですかね。 このLu Bu Makerが890円! (韓国語だけど)フルボイス! ついでに貂蝉(ちゃん)もかわいい! ぼくはセールなんて待ってられないので買いました。 前から興味はあったんですよ、興味は。 わりとおすすめ。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2018.08.14
妙に筐体が脆い

筐体が危ない! 昨日、いつもの通り暇でしたので、南イオンで遊んでました。 夜に行きまして、3クレ落としてから帰ろうとしたわけです。 そしたらそこの筐体、なんと右の赤ボタンが押すと沈んでしまう有様。 昼まではまともに遊べていたはずなのになぜ! プレイ中でしたが慌てて店員様を召喚しました。 工具箱を持ってきて簡易メンテをしてもらったのですが、どうやらオンゲキはバネが異常に軽いとのこと。 そんで変な位置に入り込んでボタンが戻らなくなっていたそうな。 その人曰く「よほど軽さを体感してほしいんでしょうかねぇ…」とかなんとか。 こっちからしてみればまだ1ヶ月も経ってないのに不具合出るのかよ、と思ってしまいますが。 ぼくもそうなんですけど、つい強く叩いちゃうんですよね。 最近は押すのに慣れてきたので神威とかエバラスでなきゃ叩き方は比較的軽めですが、 物理ボタンじゃないタッチパネル式ですら破壊する輩がいるほどですから、強く作ってほしいっすね。 メンテナンス費用でかなり取られてそうな印象は受けました。 ここ数日の成果 そんな筐体話はさておき、着実に歩みを進めているワタクシでございます。 脳漿はBREAKが多すぎるので正直再走案件ですね。 一応どこでミスしてるのかは理解してるつもりなんですけどねぇ。 なんでHalcyonよりスコア低いのか、それが不思議でなりません。 なんか脳漿って他の曲よりも妙に疲れる気がしませんか? ぼくだけ? ちょっと神威とエバラスに詰まりを感じたので他の譜面のスコア詰めを行っている所です。 とりあえずは鳥+が目標って感じですかね。 そこまで来ると定数MAXになりますので。 L13で鳥+取れてないのは脳漿だけなので、一旦はそこが目標でしょうか。 L13+になると途端に難易度が上がって、現状はHalcyonとオシャマでしか鳥+は達成できていません。 何気に一番苦手と言えるはずの激唱がリーチ!ってぐらいのスコア出てるんですよねぇ。 多分連打力(トリル力?)を鍛えれば達成できそうな感じがするので、粘着するとしたら次はそこでしょうか。 L14はもういわずもがな。 FBはできてるけど精度の問題で…というやつですね。 一応目処が付いてないこともないので、なんとか鳥+にしてしまいたい所ですが。 わかってはいるんですよ、どこでHITが出てしまっているのか。 でもそこを克服できないから苦手譜面なんですよ! もうほんと誰かなんとかしてくれ! 明日は水曜なので、オンゲキ休息日です! お仕事終わったらさっさと家帰って寝ます! それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2018.08.19
新潟市のオンゲキ筐体

既に調子悪い所が多すぎる 新潟県には、全14店舗にオンゲキが配置されています。 その中でぼくは ・ラウワン 2台制限なし ・namco(ドンキ=シルク) 4台2クレ制限 ・亀田イオン 1台制限なし ・黒崎メジャーロード 3台2クレ制限 ・カプコサーカス 4台2クレ制限 の筐体を見てきました。 わりと既に調子悪い筐体が多いんですね。 今の所判明しているメンテ不備としては ・ラウワン 左筐体の赤ボタン反応悪い?(定期メンテにて回復) ・亀田イオン 右赤ボタンが埋まった(簡易メンテにて回復) ・黒崎メジャロ 一番右(奥側)の筐体、左青ボタンの反応が悪い ・カプコサーカス 4台を正面にして手前の右筐体、イヤホンが使えない(稼働開始2週間でイヤホン右から音が聞こえない) とまあ、ボロボロです。 いや文句しか出ませんけど、メンテにかかるコストが高すぎるのでは…? なんでこんな脆いんですかね。 イオンでの会話から察するに、正面6ボタンのバネが原因になってそうな感じはあります。 バネがかなり軽くなってて壊れやすいとかなんとか。 それにしたってどんだけ不具合出るんだよって感じですが。 カプコサーカスに至っては最早初期不良と思えるレベル。 県内他のゲーセンは行けてませんが、新潟市内で遊ぶなら多分断然ラウワンだと思います。 クレ制限なしで遊べるという点ではイオンでも良いんですが、あそこはメンテが怪しい所。 その点ラウワンの場合は2台あるという点と、ちゃんとメンテ要因がいるんですよね。 しかもメンテ日もちゃんと記録されてますし。 これだけでもう市内でオンゲキ遊ぶならここでしょ!って感じはあります。 現状、新潟市内ではラウワンとドンキに人が集まってるのが現状ですね。 なんだかんだ4台ちゃんとした筐体があるのは嬉しいことです。 なあカプコ!イヤホン使えないとなんも聞こえねえんだわ! それともう一つ、これは個人的なことなんですけど黒崎メジャロのオンゲキはかなりボタンが軽いです。 メンテで弄ってるのかは不明ですが、他と比べて軽いせいで判定が微妙に速くなります。 ただしデメリットだけというわけではなく、激唱や神威のトリル地帯など、ボタンがメインとなる部分ではかなり強みになります。 もしボタン操作が苦手な人がいれば黒崎のオンゲキをプレイすると幸せになるかもしれません。 判定が狂うと困るのでぼくは二度と行きませんが。 もし時間と体力に余裕があれば、白根のメジャロにも置いてあるそうなので行ってみたいっすね。 何台あるかとか微妙に調べたさがある。 家から20kmあるけど。 それでは今日はここらでサヨウナラー