20191118-1

関連記事

デフォルト画像
2018.12.20
オンゲキが本気出した結果wwwwwwwwwww

(虚無) は? は??? ていうだけの日記。 インフレが激しすぎる オンゲキさん、ちょっと難易度インフレが激しすぎませんかね。 なんかもう気づいたら14+とかいう変な難易度が追加されてるんですけど。 今回追加された4曲のうち、「Opfer」と「Titania」が14+でした。 過去最高難易度です。 Titaniaのほうを無理して解禁してやってみた感想としては、わけわかめって感じですかね! 完全にわからん殺しな状態で、譜面が見えなかったです。 序盤から中盤ぐらいにかけてはまだ見えてたんですが、後半はもう何がなんだか。 お願いだから人間向けの譜面を出してほしい。 皆が皆、ゴリラってわけじゃねえんだ。 正直久々ですね、全くわからん譜面は。 何も見えないしわからないしどうしたらいいかチンプンカンプンだし。 初めて14が追加されたとき、あれは神威とエバラでしたね。 あの時点でも相当キてましたが、今回のはもう駄目ってぐらいです。 これもう引退するしかねえな!って思えてしまうレベル。 ちなみに、添えるように追加された他2曲ですが、一旦怒槌だけやってきました。 全然人間が耐えられる譜面だと思います。 いやそれどころかやっててまだ楽しいと思えるレベル。 これぐらいがちょうどいいんだよ! 個人的な意見を述べますと Titania >>> (超えられない壁) >>> YURUSHITE ぐらいの難易度の壁がある気がします。 だってTitaniaはもう、なんかSすら取れる気してこないじゃん? 一生かけてもたどり着けない極地みたいななにかを感じる。 とはいえ、やりごたえのある曲が追加されたので暫くまたオンゲキ再開します。 仕事帰りとか行っちゃうかもしれんねこれは…。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2018.08.01
ブログを微妙にアップデートしました!

Ver 1.01的な感じで 見出しに使ってるh3タグを見出しっぽくしました 記事をフォルダ分けして綺麗に整理できるようにしました っていう感じです。 フロントで見れるのは前者ですかね。 ちょっと見出しっぽくなったでしょ。 適当に検索かけると出てくるブログとかで使われてそうな感じのやーつです。 なんとなくブログみたいな雰囲気が出ましたね!? この前ulタグもちょっと整えたからそれも相まって良い感じですな!? ただ、ulタグに関してはスマホ版を一切考慮してないので酷いことになっております。 多分そのうち直すと思います。 アクセスに関するなんとやら。 アナリティクスは今こんな風になってます。 面白いことに、このブログはPC率が8割なんですよ。 だから実はスマホ版なんて考慮しなくていいんじゃねえかなって! Google先生的にはそういうわけにもいかないのですが、まあ暫く放置してても問題ないでしょう。 Hexoに変えて速度が上がったからなのか、ちょっとアクセスが増えた気がしますね。 ていうか回遊率が上がった? 表示に3秒以上かかると直帰率がどうのって話を聞いたことありますし、多分そういうことなんでしょう。 意外な副産物であります。 レポートを見ると、わりと404エラーページに入ってる人もいます。 どこに入ってるのかは知りませんが、それなりに人が入るページは移してるから大丈夫なはず…。 1500件ぐらいあった記事が10分の1以下にまでになりましたからね。 そりゃ404エラーページも活用されるわって話です。 作ってよかったエラーページ。 Hexoに変えて色々メリットがあって喜んでます。 記事作るのを楽にできるようになったのが一番の良さだと思います。 管理画面入る必要がないのもグッド。 これからもちょくちょくブログを改造していくので、時折ぶっ壊れたりもしますがよろしくお願いします。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2020.01.31
WordPressの愚痴を書いた日記

ただの愚痴だよ Gutenbergは本当にクソですよ、本当に。何がクソってフックかけて操作できないからだよ。 Gutenbergって、投稿画面の上と右にそれぞれ色んな機能をもった管理バーがあるんですよ。 赤枠で囲ってる部分ね。この部分、4.X系の時はfunctions.phpでフックかければ色々できたんですよ。それが、5.X系になった途端にできなくなってしまったという。 なぜか…いやぼくもようわかってないのですが、多分主な構成がjsになったからじゃないかな。どうやらWordPressの新エディタであるGutenbergは、ブロックとか諸々がReactで生成されているらしいのです。つまり、jsでできてるってことですかね。多分非同期での処理とかREST APIの実装とかそういうのを考慮してのことなのではないかとは思う。 これのせいでPHPによる操作、つまりはフィルターフックとかアクションフックとかなんかそういうのでわちゃわちゃできなくなってしまった模様。 「プレビューボタンを消して!」とか「文書で不必要なものを削除して!」とか そういうことができねえ!!! ただ、別にできねえってわけじゃあなかったりする。消すだけならぶっちゃけCSS使って無理やり削除することもできる。ボタンの追加なら基本部分が全部jsでできてるわけだから、それで操作したりできる。 作業は100%完了したのですが、希望が見える90%ぐらいまでイライラしながら作業してました。ほんとクソって思った。 希望が見えたのは「wp.domReady」という存在を見つけた瞬間。これ、エディタを操作するために用意されてるらしく、要は「WordPressのDOMが用意されました」っていう瞬間を捉えられる。つまり、これを使えば「WordPressが用意されたら指定のjQueryを発火させる」ことができる。 具体的には、wp.domReadyを起点にしてbeforeでプレビューボタンをもいっこつけることができるし、removeで「パーマリンク」を削除することもできる。 cssでは限界があって、「テキスト設定という文字を持つDOM要素」とかって指定ができない。jsは恐ろしいことにその辺もなんとかできてしまうため、超優秀なんですなぁ! ということで解決案見つけてから即終了。最後の10%ぐらいは晴れ晴れとした気持ちで仕事を終えることができました。 まあアレだよ、90%ぐらい無茶振りだろとか考えてたけど、終わってみれば知見が増えたとも言えるんだよ。後付だけど。 マジで許さねえからな、昨日の残業3時間分返せよ。