20191128-2

関連記事

2019.12.25
インデントを!!!HTMLに!!!付けてください!!!

メロスには政治がわからぬ。 メロスは、会社勤めのコーダーである。キーボードを叩き、客と遊んで暮して来た。けれどもインデントの位置に対しては、人一倍に敏感であった。 インデント付けてよ!って話 大っぴらには人のことを言えないので、Twitterには書けない内容的な…。Qiitaとかに書いたら「お前はどうなんだよ!」とか言われそう、と保険を掛けておきます。 一言で表すと、インデントとかに関してです。決してHTMLの構造だとかセクションだとかアウトラインだとかって話ではないです。 コーダーやってると、他人のソースを見たり弄ったりするときが結構な割合であります。そういうとき、ソースが見やすい場合と見にくい場合があるわけですよ。そんな中その判断を下す基準としては、ブロックごとに分かれてるかとか色々ありますが、ぼく的には「最低限のインデントが付いてる」か否かが一番低いハードルとしてあります。ちなみにぼくのインデントは半角スペース2つです。 いやこれ、別にインデントの数を2つにしろとか4つにしろとかそういう強要をしているわけではないんですよ。極端な話かもしれませんけど、最近インデントがほとんど存在しないソースコードを弄らされまして。このブロックどこ?書いてある場所どこ?っていうことになりました。 しかもそれだけではなく、インデントの量が場所によってマチマチ。これの何が悪いかって、ネストの関係が全くわからないんですよ!!!こことここ、同じ深さで<section>だけどなんでソース上は深さ違うの?って。 時間がなくて慌ててるのはわかるんですが、HTMLは入れ子関係がわからん状態だと、ソースの解析から始めないといかんのですよ!!!!(多分他のプログラムも大体そう) しかもなんか所々に変な半角スペースが入ってたりなかったり。ソースコード上の距離がブロックごとで微妙に違ったり。そもそもブロック同士のネスト関係がわからないし…。しまいにゃ<" ">と<””>が混じってるし? なんじゃこら。 フロントが合ってればオッケー!? これまた極論、コーダーが出す成果物はフロントで見たとき問題なけりゃ誰も文句は言わないです。コーダー以外。 でも何か月か経ったりしてそのソースを改めて見たとき、それが自分か他人かは知りませんが、間違いなく彼or彼女はキレます。これを作ったのはどいつだ!と叫びます。(実際には叫ばず黙ってソースを修正しはじめます)(これすごいコードだね、と多少の嫌味は入ります) とはいえ、デザイナーも熟達者になるとソースを見始めます。なぜかといえば、自分の思う通りにデザインを書き起こしてほしいからですよ。中にはコーディングも行うことのできる段違いのパーフェクトヒューマンもいますが、その辺になると自分で全部やり始めるのであまり関係はないです。 そんなことがあったりなかったりするので、コーダー志望ならちゃんとインデントを付けてソース管理しようねって話。久々にどこに何が書いてあるのかさっぱりわからんソースを見たので愚痴ってほどでもないですが、書きました。 ちなみに(おまけ) すごく適当に書きましたけど、大体こういう感じのソースでした。なんていうか、整理の苦手な人なのかな?って感想。別に中身まで詳しく検分してどうのしたってわけではないのでどうでもいいんですけど、すげぇなって。正直PHP云々でWordPress覚えさすより先に、文法の基本ってわけじゃないけど綺麗にソース書けるようになってくれないかな。これソースとして渡されたらまず整形で半日かけるわ。 ということがあったので、 ・インデントつける(ぼくの場合は半角スペース2個分)・タグを見やすく書いてくれ・軽くで良いからHTML5の文法について調べてくれ ぐらいはやってほしいですよねほんと。ぶっちゃけイラレとかで機械的に出すソースコードとなんも変わんねえじゃんね。これを人間が出すんなら人間いらんわ、機械でいい。 そろそろ人間が書くレベルで、後々人間が保守できるぐらいのソース書けるツールとか出ないの?まあ出たらぼく失職すると思うけど。

2020.03.28
チップ特装完全に理解した(完全に理解した) #pso2es

気合と運のチップ特装 esくんは鬼システムとして、チップ特装とかいうのがあるんですけど、とうとうそれに手を出し始めました。去年の6月とかに実装されたんですが、各種チップが鬼のような強さに変貌を遂げるので、上位層には必須級となるクソシステム。強くなるのは良いことなんだけどさあ! チップ特装まとめ wikiでもどこでも散々言われてるのでありふれた情報ですが、死ぬほど手間のかかる強化システムになっています。 チップ特装解放まで 「解放」と「レベル上げ」は別物。チップ特装解放でそれに応じたチップレベル上限の上昇がされます。素材は各共通素材4種類と、属性別素材3種類の計7種類。 特装解放することで、レベル上限が10上がるため、最大30まで上がる。プラグレベルが1になるので、解放した時点で5%とか6%ぐらいチップ効果は挙がった状態になる。中にはプラグレベル1が最大のものもあるため、そういうのは解放した時点で終了。 曜日クエストの「特装素材を求めて」で入手が可能。多分主戦力の★12の場合は、★4素材2種類が50個近く必要とかいう鬼仕様。ちなみにドロップは1周につき3個とか4個。★10素材とかに至っては1周につき1個しか出ないし、2種類別々で出ることは恐らくないため運試し状態。 マジ? プラグ強化 地獄の始まり。プラグ強化はプラグ強化で、解放とは違う素材が求められる鬼仕様。レベル2~10は、こっちの素材を使って強化していくことになる。拷問かなにかの類。 素材は、レベルが「2・3」「4・5」「6・7」「8・9」「10」で必要な種類と数が切り替わる。正確に言えば、2・3のときは★3素材のABCを5個ずつ求められて、4・5では★4素材のABCを5個ずつ求められたりする。 求められる種類に関しては全レアリティ共通で、数だけが増えていく。最終的に、 ★11 = 共通素材である★3~★6が10個ずつ、属性別素材である★8~★11が4個ずつ、最終素材として★12が5個と★13が1個★12 =  共通素材である★3~★6が14個ずつ、属性別素材である★8~★11が6個ずつ、最終素材として★12が7個と★13が2個 ★13 =  共通素材である★3~★6が24個ずつ、属性別素材である★8~★11が10個ずつ、最終素材として★12が12個と★13が4個 必要。 素材獲得クエスト レベル上限を上げたいなら「特装素材を求めて」で、プラグレベルを上げていくなら「プラグ素材を求めて」を周回。 ちなみに、体感情報としてスタミナが269ある状態でスタートして、★12チップの特装を上から「9 9 6」にするのに費やしたラッピーメダル枚数は10枚~15枚程度。多分運が悪かった可能性あり。 プラグレベル10に関しては、タワークエストがないと強化素材が手に入らないため、現実的な落とし所としては「9 9 5」とかの一歩手前で止める感じ?多分、コスト低下とかの重要そうなものに使うべき。(倍率が尋常じゃないぐらい上がるものは除く) これが気合の力だ うちのモタ腐ちゃんです。これで、素の強化倍率である「E枠:160%」とプラグ強化による「①:126%」の、合計286%ということになります。 モタブは何よりコストダウンしてくれる部分が嬉しさを感じるところなので、ひとまずプラグ③のチップコストダウンだけ最大強化してあります。なかなか厳しい戦いだった…。 esはただでさえクソザコサーバーなので、ひたすら周回するのに向いていないゲームです。だというのに死ぬほど周回しないと強化ができないという恐ろしいシステムなので、もしやるならじっくり腰を据える必要があります。それと、思ったよりもメンタルを削られるのでラッピーメダルをジャブるよりも少しずつ集めるほうが建設的です。 今やってる「6周年記念任務」はプラグ素材と解放素材両方がドロップしますし、属性素材も複数落ちたりします。目当ての属性デイリークエストがないのであれば優先して回したほうが良いような気がします。 覇級ワンパンは昔の1倍通常であれば余裕のよっちゃんイカでした。現状では×4とか×10とか、その辺になるとHPが跳ね上がるためにチップ特装が必須になっています。もし覇級×4ワンパンとかやりたいのならチップ特装に手を出す必要があります。地獄を見ような。 ちなみにモタブ、多分タワークエストが使えません。確かアレって初期属性値参照だよね?相手の抵抗って。じゃあ何に使うんだってなってるけど、それこそ覇級でオート周回とか…。 皆もやろうぜes!皆もやろうぜチップ特装!

2021.01.30
ブログ改造計画実行!

デザイナーの個人講習会受けた 本日、土曜にも関わらず仕事をしに行ってたんですよ。事前にわかっていたことではあるんですが、ウチのデザイナーも仕事があったみたいで、出社していまして。ある程度仕事したら、段々と飽きてきたので雑談していたんですよね。 そしたらですね、ふとした拍子にデザインの話になりましてね。ぼくはデザインのことなんてからっきしで、基本的にできることと言えばフロントエンドのことかバックエンド、Wordpressとかぐらいなんです。そこで試しに、ロゴとかってどうやったら良い感じに作れるのかを聞いてみたわけです。 そこからはもう現役デザイナーによるデザイン講習会みたいな感じで、主にタイポグラフィについてのお話になりました。デザインセンスとかなんて関係なく、こんな感じにすればそれっぽくなるんすよ~、ということで色々色々…。 そのまま実践編ということでぼくもやってみることになったので、直接指導してもらいながら作ったのが、これ。 デザイナーってすごいっすね…。 ロゴができちゃったね!ということで、ついでにブログの構造自体も色々変えました。また、サムネイルにも相談したらなかなかそれっぽいアドバイスをもらったので、早速反映させています。 とてもそれっぽくなった気がするね…。 定期的にこういう講習会やってくれねえかな…。 ぼくはデザイナーではないですが、こういうのは個人的にやってるこのブログとかに、色々とフィードバックができるので定期的に教えてほしいですね。やはり何を考えてデザインしてるのか聞くだけでもタメになるんで…。 とはいえ、デザイン系のセミナーに行った所で今日みたいな経験値を得ることはできないんですよね。ぼくが望んでるのは直接目の前でフィードバックをもらうことなんですよね。家庭教師みたいなもんで。 今日のは報酬なしで、ちょっと暇になったからやったという程度の話なのですが、今度何かお礼をしたほうがいいかもしれませんね?飯奢るぐらいじゃ返せないぐらいの何かだと思うんですが(正論) 今度からは商品ロゴとかを意識して見てみよう!とか思いました。多分ぼくだけで見たところで、何も得られるものはないんでしょうが。