20191211-thumb

関連記事

デフォルト画像
2020.04.19
テレワークの兆し

テレワーカーぼく氏 このご時世、仕方のない話ですがテレワークの話がぼくの会社でも出ました。面倒くせえ!!! 当たり前の話ですが、守秘義務とかなんやかんやがあるため、基本的に自分のPCに仕事の内容を持ってくることができないんですよね。そこで当然のように手段としてあがる、「PCを持ち帰る」「リモートデスクトップ」ですよ。後者はぼくが案として挙げたので、自業自得なんですが。 テレワークとかそんな簡単にパッとできるものかよ!なんかもう色々とどうすんだよ!リモートデスクトップとか正直遅延が酷すぎて話にならんぞ!!! とかなんとか頭の中では考えてるんですが、まあそれをせざるを得なくなるんだろうなあとも思っています。だってしょうがないんじゃんね。 というわけで、もしかしたら今週の半ばぐらいから試験的におうち勤務が始まるかなーって。どうやってモチベーション確保しましょうかね。在宅勤務の一番の難しさはそれやねんな。 勤務態度監視とかいって常にzoom付けっぱを強要されたらやだな~~~~。ありえるから困る、意味もねえのに。

デフォルト画像
2019.05.09
マナー講師はビジネスマナーより先に段落という概念を教えろ

なんでそんな読みづらいねん だんらく【段落】 長い文章を幾つかのまとまった部分に分けた、その一くぎり。転じて、物事の切れ目。 たまに、メールで全部の行を改行一個分開けて書く人がいるんですよ。 アレ死ぬほど見づらくないですか? ぼくは死ぬほど見づらいと思ってます。 なんで全部一行ごとに書くんですかね。 国語でひとまとまりにされた文章を読んだことがないんでしょうか。 キミ、学校って知ってる? 日々のメールで違和感を持たないのかという疑問 ビジネスメールのやり取りなんて散々してると思うんですが、その中で違和感を持たないのでしょうか。 だってみんなある程度は行の間隔とかしっかりしとるやないですか。 というか今どき大学生だってある程度の別々の情報同士で多少改行してわかりやすくするわい。 Wordとかの文書はそれで書けるのになぜメールだけ…!? といったことを仕事しながらボーッと考えてたんですが、どうなんでしょうね。 メールのお作法なんて基本的に知らないのでなんとも言えないんですが、少なくともあのメールだけはやめていただきたい。 ぼくが見づらい。 ぼくが、見づらい! メールにおける情報量 死ぬほどメールでやり取りする人いますよね。 なんかもう500字ぐらいをバンバン投げ合うタイプの人。 まあ今やり取りしてる人にいるんですけど。 電話でやり取りしきれないレベルの内容なんでしょうがないっちゃしょうがないのですが、返すのが辛い。 いちいちメールで10分も20分も掛けたくないんですよぼくらは。 なんで1日の業務8時間のうち1時間もメールしてんの?っていう。 もういっそWordファイルかなんか作って一気に書ききってから送ってくれ。 同じ感じで電話が死ぬほど長い人もいますね。 30分とか喋っちゃおかなみたいな。 アレもやめてほしい、どうせ電話の内容なんてロクに覚えてねえから。 むしろそういう人は文章に残してくれ、忘れるから。 というかお前前言った内容忘れてるじゃねェェーーか!!!! 「どうでしたっけ?」じゃねーよ!!! お前が言い出したんだろ!!! 適度にメールしてくれ なんかこう、個人的には1日のメール量は全部10通ぐらいがいいです…。 仕方のない部分もありますけど、そのぐらいだと大変嬉しいですね。 メールがないのは嬉しいこと。 電話がないのも嬉しいこと。 仕事がないのは憂いしこと。 明日行ったら休みじゃん。 日々のメールのやり取りに疲れたので土日は美味しいものを食べます。 それでは今日はここらでサヨウナラー

2021.03.10
【Valheim】素材の宝庫、沼地

臭い、汚い、敵が強い 黒い森を抜けた先で急激に難易度が上昇するバイオーム、「沼地」。長老を倒したと思ったら、クソ地形にクソデバフを撒くことで有名。 敵が毒持ち(ブロブ2種、蛭)、妙に強い人型、夜にのみ生息する霊。 更には地面が水没していたり無駄に暗かったりと、まるで良いことのない沼地ですが、意外にも素材にあふれています。 中盤から後半にかけて料理で使うアザミ、(現状で)最終段階の装備にも使う羽目になる鉄、そこそこ作りやすくて長持ちするソーセージの主成分である内臓など。実に豊富な素材が、バラエティ豊かに生息しているわけです。終いにゃスルトリングの核も落ちてる。 この中でも特に個人的に重要だと思って、今なお回収作業をしているのが、もちろんこれ。 蛭から落ちる血袋ですねー。今日はこれを集めています。 これが実に便利で、現状では2つの使い道が主にあります。 ひとつはポーション。 大釜に何種類かの素材と一緒にかけてあげることで、ポーションの素が作れます。これを樽にぶち込めば、なんと6つもポーションが生成されるんですねー。ポーション酔いが存在するといえど、ボス戦などでは必須になるアイテムだと思います。死にたくないなら1スタック分は持て。 もいっこは料理。 大麦が解放された後なので、ほぼほぼ終盤の話になりますが、「血のプティング」に血袋を使います。血袋2、アザミ2、大麦の粉4で生成可能なこれ、なんと体力を90も向上してくれるんですねー。素晴らしいコストパフォーマンス。 Valheimでは、回復は基本的に料理頼みになります。ポーションはかなりの回復量を誇るのですが、どうしてもリキャストが必要です。3種類まで料理を食すことができるので、基本的には「重い飯+軽い飯+軽い飯」がわりと最適解?です。ハチミツとかは消化が早いわりに回復量が多いので、緊急的にポーションとして使えたりします。 嫌になるほどの暗さと敵の強さがある沼地ですが、後半になって装備も強くなれば頭空っぽにして周回できるので今は素材集めに重宝しています。雪山は必須な素材などが特にないのでスルーしても問題ないのですが、鉄とかの関係もあって沼地は周回しないといかんのですよね…。今後のアップデートで、もっと高級な素材とかが手に入るバイオームが追加されていってくれるとありがたいのですが。