20191226-3

関連記事

デフォルト画像
2017.07.13
nFinderが死んだよ~延命できるけどしないよ~

そもそも死んでる 右に出るものなしと言われる(勝手に言ってる)nFinderが死にました。 死因はHTML5な模様。 ニコニコがHTML5対応になり、nFinderがそれに付いていけなくなったようですね。 まあ死んだ死んだと騒がれていますが、元々死んでいるんです。 ぼくらはぶっ壊れた玩具で必死に遊んでただけなんです。 でも今までは壊れたものながらもなんとか遊べてたんですよ。 毎回エラーとか出てたし、定期的に完全な死を迎えかけていたけど。 それが今回、とうとう限界が来たってことです。 次を探そう!次を! 延命処置 ぼくはよくわからないのでやりませんが、延命をすることも可能なようです。 なにやらプログラム部分をいじって無理やり動かすとかなんとか。 プロキシがどうのとか本スレでは言われてましたね。 何してるのかさっぱりです。 しかしアレですね、これではXPを使い続ける役所、おっさんを馬鹿にできませんね。 いくら便利だからって、壊れたものを使い続けてるわけですから。 気持ちは大いにわかるけどな!!! nFinderより使いやすい専ブラなんてないんですよ。 痒い所全てに手が届くのが悪い。 次の移住先 ぼくはNNDDに戻ることにしました。 nFinderを見つけてからはずっとそこにいましたが、元はNNDD使いだったので。 こっちは未だに問題なく動きますし、使い勝手も悪くありません。 問題点を挙げるとすれば、投稿者の説明が見づらいだとか再生済みの動画がわからんとか。 文字が小さいだとかコメント欄とかの補足情報は一体化しといてくれとか。 なんかもう色々出てきますが、そう悪くはないのでもうこっちに移住します。 どうせこの先nFinderを超える専ブラなんて出ませんよ。 奇跡的に作者のハゲが復活しない限りは、延命してもいずれ死ぬだけです。 どうせなら延命したその間に次の移住先を見つけような。 約束だぞ! それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2018.08.08
俺は虹レだぞ!

目標達成 どうも、とりあえずこれを見てください。 虹レですよ。 とうとう手に入れてしまった「俺は虹レだぞ!」です。 最強の称号と言っても過言ではありません。 つまり、ぼくは今日は「虹レだぞ!」とイキっても良い権利を得たわけですなあ。 稼働当初からというわけではないのですが、目標として「初回曲追加前に虹レ到達」がありました。 そして、なんと明日に新曲追加を控えた今日、虹レート入りを達成してしまったわけです。 まあ譜面定数的な意味で明日以降また14.99ぐらいに戻ってしまうわけですが。 称号は手にしたからもう舐められることもありませんね! ぼくの虹レート入りは、オシャマで達成しました。 不思議なことにフルコン(ABではない)で15.00に到達。 謎の感動を覚えてしまったものです。 直近の譜面定数上げで粘着してたのも理由の一つかもしれませんね。 なんだかんだで一番上げやすくてやりやすい曲だったもので。 虹レートについて 今作のレートは、基本的にチュウニズムと同じようです。 なので譜面定数(譜面ごとにある難しさを数値化シたもの)の高いものをひたすらプレイすればいつかは届きます。 例えば直近10曲を評価するリーセントは、何も13+だけしなくてはならないってわけでもありません。 ベストでは13+SSSぐらい取ってないと厳しいですが、リーセントならBrain Powerが強いという事実。 要はBrain Powerひたすら粘着してりゃなんとかなったりするかもしれません。 その辺詳しくはwiki見れやって話。 大体14.90まで来ればもう実質虹レと同価値だと思いました。 だってそこまで来れる人は残り0.10ぐらい余裕で上げられてしまいますし。 一番キツいのは14.50から14.70ぐらいですかね。 上がんねえ!じゃなくて「本当に上がるのか…?」っていう絶望感と戦いながら連コしてました。 14.70ぐらいからがかなり余裕が出てきて、なんとなく0.30ぐらいなんでもないさ!という謎の自信が! それまでに難易度の高い譜面を埋めてたっていうのもありましたけど。 ぼくの場合は、Halcyonをフルコン(ABではない)した頃から虹レ行けそう感が出てきました。 なんかやたら難しい譜面をフルコンできるとそれだけで自信が付きますね。 途中マイティで死にかけましたけど、理論値動画ひたすら見てたら覚えたのでギリギリSSS達成。 13+って最早個人差のレベルだと思ってるんですが、ぼくはマイティが一番嫌いです。 理由は言わずもがな。 あの譜面考えた社員躓いて転んでほしい。 ま、何はともあれ虹レートが達成できてよかったです。 明日でオンゲキが始まって2週間、その前で嬉しいですよぼくは。 県内5人目か6人目ぐらいじゃないかな! 今日から俺はイキるぞ! イキらせろ! それでは今日はここらでサヨウナラー

2020.02.05
脳死営業マンのみんな~~~~~~~~

脳死営業マンの心得 1.リソースの確認はするべからず 調達可能なリソースの確認なんてしない。仕事が取れてから「できますか?」って聞き出す 2.できることを前提に受ける できないは言わない。できることを前提に見積もりしはじめる。後になって「リソースありますか?」とか言い出す 3.見積もりは勘と気合 現リソースなんて知らないから普段どおりの見積もりを出しはじめる。いざというときに外注できる余裕を持たせるとかは考えない。周りの状況に捕らわれない柔軟な見積もりを出す。(毎回出す見積もりはほぼ同じ、内容は問わない) 育 成 失 敗 上司は早くこの事実を認めて? 実際、定形で作っといて出すだけっていうのは大変便利です。誰でもできるように形が決まってる点もベスト。問題は本人の頭がキマってるという点。 見積もりするならまずはリソースの確認からしてくれませんかね…。ていうか見積もりした後に「ここからここ、空いてますか?」とか言い出すのやめませんか? 別にできるけどさー!!ぼく優秀なので!!!他の人に手伝ってもらうので!!!(?) 必ずリソースを確保できることを確認してから見積もりをしましょう。というかそもそも周りの状況を把握して、外注するなりなんなりの判断ができることを前提とした見積もりを出しましょう。つーか、できる奴がいるかどうか確認しないで作るんなら、それが常識では?ぼくより倍は長くこの仕事してんだからさぁ!!そのぐらい分かれや!! ていうか!!!!!!最近ぼくがフロントエンドやってんだから!!!先声掛けろや!!!!!!!