M3のカタログ買った

始まった感

M3も近いので、カタログを買ってきました。

なんかこう、カタログ買っただけでも偉い!って感じがしますね。

というわけで、いつでもサークルチェックができるということになりますね。
いや、M3の場合は別にこれがなくてもできるんですが。
なんとなく、意識的なね?

ちなみに、サークルチェッカーでわかることなんですが、今年のサークル数は1584サークルになるみたいです。
(収集が合ってれば、ていうかサークル数の公式情報ってどこに載ってるんですかね)

それはともかくとして、本格的にM3が近づいているのを感じています。
次回開催が10月25日と、大分先のことになるので暫く同人音楽と離れることになるんですよね…。
C98も行く気は今の所ないし、今の所は。

多分サークルチェッカーの改造は間に合いそうにない、というかあまりやる気が出ないので、今の状態でサークルチェックを進めることにはなりそうな予感がしています。
仕方ないね。

新幹線も予約してあるし、とりあえずM3への準備は万端です。
サークルチェックが順当に行けば、間に合えば。
よろしくおながいします。

関連記事

2019.08.16
wordpressで起きた「更新に失敗しました」問題

hetemlに対してブチ切れる午後5時 今日もせこせこしこしこお仕事三昧。納期が目前に迫っている案件をやっている中突如現れる、「更新に失敗しました」! 失敗しました、じゃねーんだよ。せめて何がエラー起こしているのか原因を記述せよって言うんだよ。その辺親切じゃねえのどうにかしろよ!!! 【事件概要】・WordPress 5.0.2を利用中のサイトにおいて、固定ページの更新が失敗する減少が発生・PHPのバージョンは5.4と古いもので、それが理由でWordPressも古いものを利用していた・hetemlではエラーログを見ることができるが、PHPエラーログには何も表示されず 【行った対応】・hetemlでは特定の記述を.htaccessにすることでPHPバージョンを管理することができるので、7.0に上げてアップデートを実施・原因と思われるプラグイン等を停止、削除 以上が事件の概要です。新規作成は上手くいくのですが、過去の固定ページを更新等しようとするとなぜか「更新に失敗しました」と表示されて更新がされませんでした。記述を削除していってもなぜか失敗するので、実質更新が不可能に。 調査結果と対応策について 結論としては、hetemlが常備しているWAFが原因だったみたいです。以下、原因と対策です。 【根本的な原因】hetemlのWAFが、WordPress5.0以上で実装されたGutenbergの更新機能を攻撃とみなしていたことが原因でした。Gutenbergのみ?更新などの際にJSを使って非同期にしている?らしく、それに使うJSがエラーを吐いていたみたいです。そのため、開発者ツールでconsoleを見てみたら、 api-fetch.min.js ってやつがエラーを起こしていました。ここで止まっていたということですね。 【対応策】調べてみたら過去に記述していた人がいて、hetemlのWAFを通らせるようにしたら直りました。 https://heteml.jp/support/manual/waf/ 上記はhetemlのWAF設定についてです。 hetemlでWAFログを見てみるとわかるのですが、恐らくWordPressの更新処理が攻撃性のあるものとして弾かれてると思います。そのため、その処理を「攻撃ではありません!」と設定する必要があります。 ログに何の処理がエラーになっているか記述されていましたので、それを.htaccessの一番下に記述したら更新できるようになりました。 以上 それでは今日はここらでサヨウナラー

2019.06.29
Google広告の申請が通ってしまった

仕事で使うからやってみただけなのに… 最近の案件で、GoogleAdsの埋め込みに関係する作業をしたので、自分で取ってみることにしました。物は試しってやつです。 一応審査があるっぽくて、当然それがどういう審査なのかは不明ですが結構落とされているパターンがある模様。中身がどういう審査なのかわからないし、落とされた理由が告げられるわけでもないので、色々と模索してるみたいですね。 かくいうぼくのこのブログも、正直広告を入れるような内容でもないんですよね。ただの日記で、ゲームの話を適当に書き連ねているだけですし。これで通るんだったら、世の中の大体のサイトは通るんじゃない? とか考えてたら通りました。特に再審査とかもなく一発OKで終了。 なんか色々と言われてますけど、ぼくは普通にいつもの感じでサイト作っただけですし…。どういう基準で審査をしてるんですかね? まだ貼り付けていませんので表示はされないと思います。そもそも貼るかどうかってところですが、一応通ったことは確かなので、とりあえずトップとかの記事と記事の間に貼り付けてみようかと思います。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2018.07.29
WordPress脱却!Hexo時代へ!

さらばWordpress とうとうWordpressとサヨナラしました。 もう旧URLを指定してもこっちに移動となります。 新ブログのURLは「saikofall.com」です。 つまりドメインを取得したってことなんですよ! 年間約1000円で独自ドメインに変えられるって考えれば強みですよ~。 というわけで、Hexoにしたメリットとデメリットをつらつらと。 まずはメリット 表示速度の向上 セキュリティ面の安心さ 管理が楽 次にデメリット 必要な知識が多い Wordpressと比べるとやりたいことができない場合もある 複雑 といった所でしょうかね。 完成しちゃえばもう後は普通のCMSなんですけどね。 たどり着くまでにどれだけの人が挫折しているのか。 いや単純にぼくが阿呆すぎるだけっていうことも? とにかく表示速度が素晴らしいです。 PHPとかを使っているわけではなく、HTMLファイルを生成しちゃうので表示が速い! PageSpeedにかけてもPC版は89点となかなかのハイスコアを出してくれました。 このブログだとほとんど関係ないんですけど、セキュリティ的にもなにかされる心配がほとんどないんですよね。 ただのHTMLなのでよほどのことがない限りどうこうなるってこともないし。 ブログ自体もローカルで生成してるので別でウイルスに引っかかって流出しない限りは安心。 ただ、Git使って更新してるので、必要な知識が多そうですね。 今ぼくが使ってるだけでも、Gitとかgulpとかnode.jsとか多少は知ってないと何もできないし。 しょうがないことではありますけど、参入障壁が大きいですね。 よほど根気のある人でない限りは手を出そうとすらしないのでは。 それとWordpressのときにしていたことをなんとかワチャワチャして再現してたりもします。 例えばTwitterとの連携。 ローカルなので当然「記事を投稿→Twitterに自動投稿」なんて機能は存在しません。 なので、IFTTTというサービスを使って再現しました。 IFTTTの説明は省くとして、概要としては「RSSが更新されたら更新された記事をTweetする」って感じです。 HexoのプラグインでRSS生成と更新をしてくれるものがあったのでそれを利用しています。 わりと便利。 上にある最新記事5件もプラグインになります。 こっちは特に難しいこともなく、必要な箇所にプラグインで生成されるものを書いてるだけ。 ただ、それと似たような感じで関連記事はちょっと面倒そうです。 日本の方がプラグインを作ったようですが、そのうち試してみたいです。 精度とかどんなものなのでしょうね? そんなこんなで、結構思うようにできなかったりします。 書き方もMarkdown記法だったりで、ガッツリ覚えることがありすぎる…。 それでも非常に便利なことは確かなので、これからはこの方式でブログを更新していく形になります。 Googleさんはページの表示速度とかも考慮しているみたいですし、選択肢の一つとしてHexoとかを活用してほしいところ。 みんなで覚えよう! Wordpressよりも便利かもしれない! いやそれはないか! それでは今日はここらでサヨウナラー