20200217-3

関連記事

2020.02.11
クッソ面倒なCDのインポート作業みんなはどうしてるんですかね…?

コレクター魂的なものがあっても、これとそれとは話は別 定期的にM3に行くぼくですが、そのたびにCDが40枚とか50枚とか60枚とか増えるわけです。コミケも行くので、合間合間に追加で10枚とか20枚が追加されるわけで。最終的に、年間120枚ぐらいのCDが我が家にやってきます。 全部自分の意思で買ったことは確かです。欲しくて買ったし、何よりCDで手元に置いておきたいタイプだからあればあるだけ嬉しい。 ただ、毎度毎度、買ったもののインポート作業が苦痛なんですよね。 ぼくの場合、一般的なやり方ではありますがiTunesを使っています。わりと大抵のアーティスト様方はiTunesにCD情報を登録しているので、こっちも読み込ませるだけでタイトルとか作曲者情報とかが表示されます。(たまにしてない人もいますが、そこは仕方ないので手作業でポチポチ) これがですね、段々と精神的に辛くなってきて、最終的に10枚ぐらいが次回に持越しみたいな感じで放置されるんですよ。特に聞きたいやつとかでもたまに。それどうなのよってぼくはぼくに語りかけたりさぁ!もうちょい頑張れよ的なさぁ!こっちだって頑張ってるんだよ! 唐突な話ですね なんでこんな話を始めたかといえば、前回11月に行われたM3購入分を、今更聞いてるからです。いや仕方ないんですよ、コミケの分も放置してたのをなんとか頑張ってインポートして、ついでにってことで頑張ったんですよ。むしろこれは褒めてほしい案件。 M3でTwitter検索かけたりすると、100枚ぐらい買ってる人とかいますよね。ある意味ぼくみたいな種族の人間だと思うんですけど、どうにもこうにも大変そう。どうやってインポートしてるんでしょうか? とは言っても、結局はやること変わらないんですよね。どんなソフトを使ったところで、CDをPCに読み込んでデータ保存して、スマホなりなんなりに入れていくしかないわけで。誰に聞いたってやり方大して変わんないでしょ~~~~~~~~。 もしくは、苦痛を和らげる手法を持ってる人がいたらぜひ教えていただきたい。いやもういっそ誰かに代行してもらいたい、この作業。飯奢るから、誰かぼくのインポート作業を代行してくれる人いたりしませんか!?!?!?今ならCDも貸すし!!!!!! とはいえ、とりあえず現状インポートしそびれたものは存在してない綺麗な身なのですけど。頑張ったよぼく。そろそろ春M3だしやらんきゃなと思ってね。 また今回のM3でドッと増えるんでしょうけど、それもまあ、頑張るね…。目標は、2週間以内に買ったCDをすべてインポートします!!!これは公約みたいなものです。 多分途中で疲れたインポートしたものを聞き始めたりしなきゃすぐ終わると思うんですよ。ぼくは偉いからその辺よくわかってるんです。現実的じゃないというのは置いといて。 は~~~~~~~~。サークルチェックせな。 みんなもこれ使ってサークルチェックしてよ!!!誰かアクセスしてくれよ!!!(宣伝) 需要がなさすぎるってそれ一番言われてるから。

2020.02.17
俺たちのイベントは!!!終わらねえェ!!!! #アークナイツ

ひとまず一段落 一通り終わりました。 交換所はわりと序盤で早々に消し去ったのですが、追加されたステージに手間取ってしまいまして…。一昨日ぐらいでやっと終わりました。 でもこれで終われないのがアークナイツ、明日方舟。地獄の素材狩りはまだ終わりません。 画像は用意してませんけど、砥石は100個ちょうどで止まってます。本来は合成コールが300個越えたらそっちに移行しようと考えてたんですけど、思ったよりも手間取ってます。いや手間どうもなにもぶん回すだけなんですけど。 しょうがないので、合成コール300個我慢しようかなーって…。砥石のほうは、もしやるとしても150個ぐらいが限界な気がしないでもないです。でも多分150個もあれば十分足りると思うんですけど(正論)いやよくわからんけど。 明後日までなんでまだ頑張ります。俺たちのイベントは終わらねェ!

デフォルト画像
2019.04.18
iosで「特定の要素の外をクリックしたらポップアップを閉じる」を適用する

stopPropagation() 最近よく要求されて、なおかつよく忘れるのでメモとして残します。 ついでに頭に残すために記述してます。 See the Pen stopPropagation by 【LIGHT WINGER】 saiko (@saikofall-the-typescripter) on CodePen. 仕様としては下記の通り 1.ボタンを押すとメニューが右から出現する(この時背景にはbeforeで黒を敷く) 2.documentをタップするとメニューが閉じる(背景の黒くなっている部分) というだけのもので、重要なのが二番目の黒背景タップ、クリックで閉じること。 それと同時に、wrapの中身をタップしても閉じないこと。 ここで利用するのがstopPropagationで、親への伝播を止めることができます。 これがない場合、「ボタンをタップするとメニューが開く」と「documentをタップするとメニューが閉じる」が同時に動きます。 タイミングの問題で、後者が最後に発動するので、メニューが開きません。 なのでボタンタップ時にdocumentのjsが動かないようにstopPropagationで伝播を止めて、閉じないようにします。 これが今回の備忘録全貌です。 iosにおける処理 問題点:iosだと二番目の処理である「documentタップで閉じる」が動かない PCは動く、Androidは知らん。 で、まずは解決記事。 https://qiita.com/myzkyy/items/ce6a26c9c59612e6f515 技術的な方法も含め上記の記事に書いてあるのでその辺は全部読んでください。 それでこれを読んで、今回使った解決法。 解決:touchstart または touchend を使う これで解決しました。 記事でも書いてありますが、clickイベントとtouchstartイベントで処理が違うので挙動が変わります。 まあ多分問題ない範囲ではあります。 記事内でも「該当要素にcursor: pointerを付ける」があります。 ただ今回の場合、該当要素がbeforeで疑似要素なので使いませんでした。 試してないけど効かなそうだし、そもそもtouchstart効いたし。 終わり というわけで、これでちゃんと動きましたとさ。 次回動かないことがあったらこれ見ます。 それでは今日はここらでサヨウナラー