20200302-1

関連記事

デフォルト画像
2018.11.24
星翼→せいよく→性欲

星と翼のパラドクス 噂のゲームをプレイしてきました。 ぼくにしては珍しい対人アーケードゲームです。 星と翼のパラドクスですが、今年の初めとかに結構宣伝されてた気がします。 スクエニさんが出すアケゲーですけど、随分と大掛かりだなって感想。 筐体がバカでかすぎて、なんだか懐かしさを覚えます。 昔って妙に大きい筐体が多かった印象があるんですよね。 ゲーム自体は、なんていうかガンスリンガーストラトスとかフィギュアヘッズ的なサムシングだと思います。 まあわりと一般的な対人ゲームってことですね。 個人的にその中で嬉しいなあって思うのは、操作方法が比較的楽なことですかね。 こういうのって大抵FPSとかじゃないですか(勝手なイメージ)。 ああいう細かな操作が求められるのって基本苦手なんですよね。 星翼は大雑把にやっても攻撃を当てられるのが嬉しいかなーって。 照準合わせたりするのできないんですよね、どうしても外れる。 対人戦というのが基本苦手なぼくですが、なんとか楽しんでやってます。 専らやってるのがサポート。 ヒールとかできるやつ。 ほとんどの人がアサルトかヴァンガードなので、一人でシコシコしてるのが現状です。 よくよく考えてみると、あんまり役に立たない職ですよね。 せめて二人はいないと、正直バリア貼るぐらいしかやることない…。 攻撃はメインじゃないから大した火力になりませんし、回復も一人だとおっつかない。 そう考えるとせめて攻撃手段が多いヴァンガードをするべきなのでは?と思わないでもないです。 ルールが陣取り合戦になっているのですが、まだランク下位なので皆バラバラ。 ぼくもいまいち理解できてないので超テキトーです。 運良く強い人が味方に入るとWINになって嬉しいなーって。 今日は5回ほどプレイしてきましたが、暫く遊ばなくてもいいぐらいには遊んだ気がします。 なんていうか、一戦一戦が疲れるんですよね…。 やっぱプレイヤー相手のゲームって改めて苦手に思います。 ぼくみたいなのは音ゲーやってるのが一番なんですよ。 まあそれはともかくとして、なんだかんだ楽しいのでまたやりに行くと思います。 せめてもう五千円分ぐらいは使ってみたい。 回復・防御のどちらかを上手になりたい! 攻撃は知らん!

2020.03.28
チップ特装完全に理解した(完全に理解した) #pso2es

気合と運のチップ特装 esくんは鬼システムとして、チップ特装とかいうのがあるんですけど、とうとうそれに手を出し始めました。去年の6月とかに実装されたんですが、各種チップが鬼のような強さに変貌を遂げるので、上位層には必須級となるクソシステム。強くなるのは良いことなんだけどさあ! チップ特装まとめ wikiでもどこでも散々言われてるのでありふれた情報ですが、死ぬほど手間のかかる強化システムになっています。 チップ特装解放まで 「解放」と「レベル上げ」は別物。チップ特装解放でそれに応じたチップレベル上限の上昇がされます。素材は各共通素材4種類と、属性別素材3種類の計7種類。 特装解放することで、レベル上限が10上がるため、最大30まで上がる。プラグレベルが1になるので、解放した時点で5%とか6%ぐらいチップ効果は挙がった状態になる。中にはプラグレベル1が最大のものもあるため、そういうのは解放した時点で終了。 曜日クエストの「特装素材を求めて」で入手が可能。多分主戦力の★12の場合は、★4素材2種類が50個近く必要とかいう鬼仕様。ちなみにドロップは1周につき3個とか4個。★10素材とかに至っては1周につき1個しか出ないし、2種類別々で出ることは恐らくないため運試し状態。 マジ? プラグ強化 地獄の始まり。プラグ強化はプラグ強化で、解放とは違う素材が求められる鬼仕様。レベル2~10は、こっちの素材を使って強化していくことになる。拷問かなにかの類。 素材は、レベルが「2・3」「4・5」「6・7」「8・9」「10」で必要な種類と数が切り替わる。正確に言えば、2・3のときは★3素材のABCを5個ずつ求められて、4・5では★4素材のABCを5個ずつ求められたりする。 求められる種類に関しては全レアリティ共通で、数だけが増えていく。最終的に、 ★11 = 共通素材である★3~★6が10個ずつ、属性別素材である★8~★11が4個ずつ、最終素材として★12が5個と★13が1個★12 =  共通素材である★3~★6が14個ずつ、属性別素材である★8~★11が6個ずつ、最終素材として★12が7個と★13が2個 ★13 =  共通素材である★3~★6が24個ずつ、属性別素材である★8~★11が10個ずつ、最終素材として★12が12個と★13が4個 必要。 素材獲得クエスト レベル上限を上げたいなら「特装素材を求めて」で、プラグレベルを上げていくなら「プラグ素材を求めて」を周回。 ちなみに、体感情報としてスタミナが269ある状態でスタートして、★12チップの特装を上から「9 9 6」にするのに費やしたラッピーメダル枚数は10枚~15枚程度。多分運が悪かった可能性あり。 プラグレベル10に関しては、タワークエストがないと強化素材が手に入らないため、現実的な落とし所としては「9 9 5」とかの一歩手前で止める感じ?多分、コスト低下とかの重要そうなものに使うべき。(倍率が尋常じゃないぐらい上がるものは除く) これが気合の力だ うちのモタ腐ちゃんです。これで、素の強化倍率である「E枠:160%」とプラグ強化による「①:126%」の、合計286%ということになります。 モタブは何よりコストダウンしてくれる部分が嬉しさを感じるところなので、ひとまずプラグ③のチップコストダウンだけ最大強化してあります。なかなか厳しい戦いだった…。 esはただでさえクソザコサーバーなので、ひたすら周回するのに向いていないゲームです。だというのに死ぬほど周回しないと強化ができないという恐ろしいシステムなので、もしやるならじっくり腰を据える必要があります。それと、思ったよりもメンタルを削られるのでラッピーメダルをジャブるよりも少しずつ集めるほうが建設的です。 今やってる「6周年記念任務」はプラグ素材と解放素材両方がドロップしますし、属性素材も複数落ちたりします。目当ての属性デイリークエストがないのであれば優先して回したほうが良いような気がします。 覇級ワンパンは昔の1倍通常であれば余裕のよっちゃんイカでした。現状では×4とか×10とか、その辺になるとHPが跳ね上がるためにチップ特装が必須になっています。もし覇級×4ワンパンとかやりたいのならチップ特装に手を出す必要があります。地獄を見ような。 ちなみにモタブ、多分タワークエストが使えません。確かアレって初期属性値参照だよね?相手の抵抗って。じゃあ何に使うんだってなってるけど、それこそ覇級でオート周回とか…。 皆もやろうぜes!皆もやろうぜチップ特装!

2020.02.18
CSSアニメーションを勉強することにした理由(というか原因)

(画像は)ないです https://saikofall.com/profile/ 体調不良で死んでたんですが、偉く暇だったのでポートフォリオサイトの作成に着手しました。そろそろちゃんと作ろうかなって…。前に簡単な構成図書いたんですけど、もうアレ全部捨てました。 昨日、東京でpixiv tech fesとかいう完全招待制のイベントがあったみたいで、そこですげーCSSアニメーション作る人が登壇したんですよ。その人がスライドを流してまして、見たらもう超楽しそうだったんで、ぼくもCSSアニメーションやってみることにしました。 一番上でURL置いたんですが、作り途中です。基本的にエフェクトとかアニメーションって引き出しの数で勝負が決まると思ってるんですが、ぼくはめちゃくちゃ少ないのでアウトプットもできません。頑張ってそれっぽいのを作ろうとはしてるんですが、インプットが足りなすぎですね。 そのすげー人はアニメとかの効果をCSSで再現してみたりするらしいので、ぼくもそれに習って面白いのがあれば保存して再現してみようかなって。わりと面白そうだし。 フロントエンドの流行り廃り フロントエンドの領域に限った話ではないですが、この業界ってやたら流れが早いじゃないですか。特に技術的な流行り廃りの。 ただ、ここ最近はちょっと注目されてるのがあって、「自動コーディング」なんですよね。複雑なのはともかくとして、簡単なやつであればもうそいつ単体で組めちゃうんですよ。 さて、これの何が問題かいえば、ぼくの仕事なくなりますね!!だってコーダーいらねえんだもん、デザイナーがいればそれをXD風のコンテンツ作成ソフトで組めばいいだけの話なわけだし。 そうなってくると、コーダー…というかぼくみたいな人間が生きていくためにやっていかないといけないことがありますよね。 1.何かしら、暫くは再現できなさそうな技術を使えるようにする まずはひとつ、というかほぼ答え。コーディングをやってくれると言っても、色々と制約はあります。複雑な動きができるわけじゃないし、難しい領域になると再現できないデザインも出てきます。なので、その辺りができるようになれっていうこと。 具体的にはjsの動きとかになりますかね。恐らく複雑なスライドの動きとかはできないので、そういうのをやりたければ人間に依頼するしかありません。いずれはAIとか使ってできるようになるんでしょうけど、まあまだ先の話です。とりあえず延命はできる。 2.バックエンドの技術を覚える 一口にCMSといっても、WordPressがすべてなわけじゃありません。ECサイトに使えるようなやつだったり、全部静的ページとして生成するやつだったり、色々あります。その辺りを覚えれば、まだこの業界で飯を食っていけますね。 ちなみに、AIではないんですが、デザインするとそれをコーディングするやつで「STUDIO」ってのがあります。 https://studio.design/ja デザインしたらコーディングをしてくれるスグレモノですが、なんとEC関係もやってくれます。本格的にぼくらいらねえな? 3.フロントマンになる これ最強です。今フロントマンが圧倒的に少なくなってるらしく、東京のほうでは単金がものっそいことになってるみたいです。 やること…は要は進行管理です。物事を進めるためには管理する人が必要ですから、それをする人ってことですね。ぼくなんかはコーディングに比重を置いてますからね、あんまりできない。とはいえやれないわけではなく、仕事の都合任されてる代理店とかはぼくが進行管理する形にはなってます。ほとんどお飾りですけど。 別業界行くのが一番なんじゃないかな 身も蓋もない話ですが、いよいよなったら別業界行くのもありです。別にそれでもいいんですけど、まあギリギリまで生き延びようやってことで。 そういう理由で、手始めにCSSアニメーションをやってみることにしたわけです。簡単なやつなら仕事でやったこともあるんですけどね、本格的なのは面倒で面倒で。 とはいえ、引き出しは大変少ないので、とりあえず現状でできる範囲でって感じです。ちょっとねー、そんなエフェクトの勉強なんてしたこともないからねー。でもできる限りでがんばりますよ、多分。 なんかエフェクトとかの良い教材ありませんかね?ゲームとかアニメのOPとかなんでもいいんですけど。なるべく2Dアニメーションなやつ。 これで食っていけるようになれば安泰だな!!!!!!!!!!俺も頑張る!!!!!!!!!!!!!