20200210-1

関連記事

2021.02.17
【Valheim】文明開化の音がする

木→銅→鉄 帰宅したら原神>Valheimというスタイルを確立しつつあるこの数日間。この手のゲームをプレイしているにしては、中々良い進みをしているのではないかと自画自賛しています。Arkとかもそうなんですが、大抵ボスとかいかずに建築やらなにやら、サブ扱いされてるコンテンツを延々とプレイしてしまう癖があるので…。300時間ぐらいやって結局ボス戦すらやってませんからね、Arkに至っては。 それはともかくとして、Valheimはアーリーアクセスとは思えないぐらい完成度が高くて良く出来た作品だなぁと改めて実感しています。要素もそんなないでしょう、と高をくくってはおりましたが、どうもキッチリと初期で把握できるボス戦もちゃんと用意されているみたいですし。 今の所のチャートとして、 ①木文化でデカい鹿倒す②銅文化が解放されるので黒い森でダンジョン探す③銅文化でデカい木倒す(長老)④沼地で鉄文化が解放されるので石建築ができるようになる⑤沼地ボスを探す←イマココ! ここまでで大体60時間ぐらい遊んでます。鉄文化が解放されたおかげで石を使った建築ができるようになったので、建築物を壊される心配もなしというのがありがたいですね。問題はこれまで作ったものを石に切り替えるのが面倒なことですが。(どうせ草原に建てているため切り替える気もなし) 鉄文化が解放されたものの、沼地ダンジョンでしか手に入らないという性質からして集まりにくいため、未だにメインは銅装備です。沼地バイオームは確定でダンジョンが生成されるというわけでもないので、入手できる数も限られてるのが難点ですねー。とはいえ、マイクラとかと同じように別ワールドを作れるので、そっちで素材を集めるとかすればなんとかなることも確かですが。 鉄文化は消費量も銅に比べて非常に多いので、暫くは鉄集めに奔走するか、銅を極限まで強化するぐらいしか選択肢がなさそうです。 「毒」が極悪すぎる 沼地に登場する敵は半分が毒持ちなので、どれだけ防具を強化しても無駄な感じがあるのが怖いですね。Valheimはレベル制度ではないので、基本的には自分のHPが成長していくわけではないということもあり、継続的なダメージはキッツイです。ぶっちゃけ普通に死ねます。 毒持ちは把握している限りでは、ブロブ・リーチ・ブロブ亜種(死ぬとブロブ撒く奴)ぐらいですが、こいつらが複数出たら死を覚悟するレベル。正直一発でも攻撃を受けたら撤退を余儀なくされるほどに削られるので、相手したくはないんですね。倒しても得られるものがまるでないのもつらい。 一応、対抗策として毒耐性つけるポーションもありますが、生成するためのコストが高すぎてねー。沼地遠征のたびにそれをやるとか頭おかしなるで。だったら沼地駆け抜けてダンジョン探ししたほうが良いレベル。 一回沼地ダンジョンを引き当てることさえできれば、人数次第では70個分ぐらいの鉄は手に入るので割はいいっちゃいいんですけども…。 すげー人気らしい 何気なくsteamで見かけて買ったこの作品ですが、とんでもねー人気が出てるみたいですね。同接30万人とか?既に100万人のヴァイキングが誕生してるとか?やべーじゃん? アーリーアクセスでこれですし、発売2週間ほどですが売り上げランキングがずっとトップぐらいですし。既にロードマップも示されているようですので、暫くはガチでこれ一本で遊んでいけそうなレベルですね。 皆もなろうぜヴァイキング!

2019.09.22
ボードゲーム用にテーブルを買いました

1,980円(税抜) 前々からほしいほしいとは思っていましたが、ここでようやく購入の目処が立ったので買いました。お値段なんと、セカンドストリートで1,980円(税抜)です。入ったら真正面に堂々と置いてあったものを購入。 当たり前っちゃ当たり前ですが、大変使い心地が良いです。上にガラスが乗ってるタイプのもので、下ん所には色々と物を置くスペースがあります。 ボードゲームとかで使うとなると、だいたいこんな感じです。 横長なテーブルなので5人までなら余裕で遊べると思います。このときは4人だったのでそれ用しかやってませんけど。生憎、正方形ではないので広々とスペースを取るようなものはできないです。そういうのをやるときが来るとしたら、間違いなく床になります。 問題点としては、このテーブルは折りたたみとかができないタイプなので思った以上にスペースを取ることですね。現状、本棚の一部が使えなくなるという事態に陥っていますが、なんとか問題なく使えてる風に見えている状態…。正直ギリギリです。 ぼくは6畳の部屋ですので、より手狭になった気がしますね!ここに来る人は大変苦労すると思います!座る場所なんて用意しねえよ! ボドゲができるようになったので誰かボドゲしに来て。 それでは今日はここらでサヨウナラー

デフォルト画像
2018.06.06
WindowsアップデートしたらWinSCPが死にかけた

FTPソフト ファイル転送用のツールとしてWinSCPを使用しています。 大学時代に使ってたものより断然使いやすい。 正直これ以外はもう使えないねぇ…ってレベルで便利です。 ここ最近、Windowsさんがアップデートをしていますね。 それも割と重たいやつ。 とうとうぼくの作業用PCにもそれが現れたわけですよ。 よほど重かったのか、終わるまでに1時間程度かかりました。 いつも通りファイルを復号化して、出勤ボタン押して、さあ仕事と意気込み。 WinSCPを開くとそこには驚きの風景が! 設 定 が な い ホゲエ!!!! ナンデ!?イツモノジャナイ!!!ナンデ!?!?!? よく見てみると、なぜかPCの前任者の設定になっているらしく、いつものファイルがありません。 今まで見たことのないような転送先もあったりして、もうワチャワチャ。 あまりのことに10分ぐらい呆然としてました。 で、まあ冷静になってみると、WinSCPには設定ファイルがあるんですよ。 WinSCP.iniだかっていう設定ファイルが。 Appデータとして保存されているので、Roamingとかを検索。 そしたらなんと、 「WinSCP.ini」 「WinSCP.ini(1)」 の2種類のファイルが。 Web制作で言うところのindex.html的な感じなのが前者、そうじゃないコピーファイルが後者。 ということはつまり…?と思い(1)の謎ファイルを読み込ませてみました。 完 全 復 活 イェェェェイ!!!! とまあそんな感じで一人で勝手に盛り上がってました。 なんで急にiniファイルが切り替わったのかが謎だなと。 Windowsアップデートの関係で前者のファイルが参照されたのかなーとか考えてます。 前もThunderbirdで似たようなことありましたが、本当にやめていただきたい。 マジで仕事ができないかと焦りまくりますからね。 できないこともないけど、いちいち転送先の情報とかを調べるのが面倒なんですよ。 今度からちゃんとiniファイルを管理しておきます。 怖ぁい。 それでは今日はここらでサヨウナラー