万代シルバーホテルの朝食ブッフェ

バスセンターにあった広告見て気になってた、万代シルバーホテルの朝食ブッフェに行ってきました。
正確な店名は「西洋料理屋 ダンスィングドール」です。

シルバーホテルに泊まった人は、朝食券みたいなのがもらえるらしく、それを使って無料で利用することが可能です。
ぼくはもちろん外部参加者なので、「朝食券はお持ちですか?」に男らしく「ノー!」と叩きつけてきました。
お値段は、通常1600円(税抜)のところが土日祝ですので1100円(税抜)でした。
つまり1210円です。

そこまで豪勢なものが大量にあるわけでもなく、上の画像がほぼすべてです。
後はドリンクバーが付いてきます。

特に目玉扱いされてるのが、オムレツ。

頼めばすぐ作ってくれます、他に待ち客がいた場合は番号札を渡されるので、それを持って自分の席で待ってると、かわいいお姉さんが持ってきてくれます。
制服すごいかわいいですね?
随分顔立ちが良い辺り…選考基準だな?

それはさておき、お味のほうは…すごく美味しいです!(小並)
いや流石ホテルの朝食として用意されてるだけあって、全部ちゃんと作ってあるんですよ。
ぼくね、新潟県だとこの手の朝食をやってる所はココスしか知らないんですけどね、完全に雲泥の差ですね。
あのココスのなんか後味悪い味噌汁を体験した後ですと、なんかもうココスのアレは味噌汁じゃなかったんだなって思ってしまいます。

米・・・美味いし炊きたてがバンバン来るしココスの米と比べるとありえないぐらい美味しい。
味噌汁・・・ココスのアレはなんかよくわからん汁だったんだなってのがわかる。
米のお供・・・明太子とかノリとか納豆とかじゃことか鮭フレークとか意味わからんぐらい種類ある。ちなみに鮭フレークが明らかに只者じゃない…市販品だとしてもちゃんとのが使われてる…。
おかず・・・和と洋でエリアが別れてて、料亭とまでは行かないけどチェーン店で食べる料理よりは美味しいぐらいの美味しさ。コシヒカリリゾットとかいうのがあって、水気がちょうどよくてベチャベチャしてないし、年配向けに薄味すぎるわけでもない絶妙な美味しさ。多分今日食べた中ではピカイチの美味しさ。
ドリンクバー・・・ジュース以外にも紅茶やコーヒーが数種類あってありえんぐらい満足度が高い。
店員さん・・・かわいい。

多分ココス行くぐらいならこっち来たほうが良いと思います。
だってココスの朝食バイキング900円でしょ…?
こっち1200円じゃん…?
あっちでようわからん汁とかなんとも言えない米とか美味しすぎない程度のおかず食うぐらいならこっち来るでしょ。
すべてにおいて勝ってんだよ。

朝7時から10時までだけですが、やたら優雅な空間で美味しい料理を楽しめるのは最高だと思いました。
叶うことなら毎日行きたい。

ちなみに、ビビりまくって普段会社行く用の格好で行きましたが、よくよく考えてみれば基本的には宿泊客がいるだけなので皆カジュアルでした。
つーか見てみると普通に寝間着のまま来てる人も多いので、普段着で行って浮くことはないです。

また行きてえわ…ていうか来週行くわ。

関連記事

デフォルト画像
2020.01.31
WordPressの愚痴を書いた日記

ただの愚痴だよ Gutenbergは本当にクソですよ、本当に。何がクソってフックかけて操作できないからだよ。 Gutenbergって、投稿画面の上と右にそれぞれ色んな機能をもった管理バーがあるんですよ。 赤枠で囲ってる部分ね。この部分、4.X系の時はfunctions.phpでフックかければ色々できたんですよ。それが、5.X系になった途端にできなくなってしまったという。 なぜか…いやぼくもようわかってないのですが、多分主な構成がjsになったからじゃないかな。どうやらWordPressの新エディタであるGutenbergは、ブロックとか諸々がReactで生成されているらしいのです。つまり、jsでできてるってことですかね。多分非同期での処理とかREST APIの実装とかそういうのを考慮してのことなのではないかとは思う。 これのせいでPHPによる操作、つまりはフィルターフックとかアクションフックとかなんかそういうのでわちゃわちゃできなくなってしまった模様。 「プレビューボタンを消して!」とか「文書で不必要なものを削除して!」とか そういうことができねえ!!! ただ、別にできねえってわけじゃあなかったりする。消すだけならぶっちゃけCSS使って無理やり削除することもできる。ボタンの追加なら基本部分が全部jsでできてるわけだから、それで操作したりできる。 作業は100%完了したのですが、希望が見える90%ぐらいまでイライラしながら作業してました。ほんとクソって思った。 希望が見えたのは「wp.domReady」という存在を見つけた瞬間。これ、エディタを操作するために用意されてるらしく、要は「WordPressのDOMが用意されました」っていう瞬間を捉えられる。つまり、これを使えば「WordPressが用意されたら指定のjQueryを発火させる」ことができる。 具体的には、wp.domReadyを起点にしてbeforeでプレビューボタンをもいっこつけることができるし、removeで「パーマリンク」を削除することもできる。 cssでは限界があって、「テキスト設定という文字を持つDOM要素」とかって指定ができない。jsは恐ろしいことにその辺もなんとかできてしまうため、超優秀なんですなぁ! ということで解決案見つけてから即終了。最後の10%ぐらいは晴れ晴れとした気持ちで仕事を終えることができました。 まあアレだよ、90%ぐらい無茶振りだろとか考えてたけど、終わってみれば知見が増えたとも言えるんだよ。後付だけど。 マジで許さねえからな、昨日の残業3時間分返せよ。

デフォルト画像
2018.08.29
始めてました

今のメイン 最近流行りのドルフロ、実は始めてました。 意外と楽しくて、もうアズレンとかesとか諸々やってないぐらいです。 まあもうダラダラとレベリングするだけのゲームになってきてるんですけど。 このゲーム、わりとレベリングが辛いなって思いました。 貧乏ランとかありますけど、地味に手間がかかる。 慣れてきたので片手間ですが。 レベル80ぐらいからもうほとんど上がらないので、段々と飽きてくるのが問題ですね…。 経験値作ろうにもバッテリーは足りないし…。 ハマってプレイしてみると、想像以上に金のかかりそうなゲームであることがわかります。 スキン高すぎるよ。 それはそうと。 9月にもうイベントが待ってるんですが、レベリングが終わらないこと終わらないこと。 夜戦ってことですので、それ用に色々準備をしてるんですが、無理な気しかしません。 今必死に4-3eを貧乏ランして稼いでるところです。 これ永遠に終わらねえんじゃねえかな。 イベント始まったらその様子を軽く日記にしてみようかなとか考えてます。 それでは今日はここらでサヨウナラー

2020.03.28
チップ特装完全に理解した(完全に理解した) #pso2es

気合と運のチップ特装 esくんは鬼システムとして、チップ特装とかいうのがあるんですけど、とうとうそれに手を出し始めました。去年の6月とかに実装されたんですが、各種チップが鬼のような強さに変貌を遂げるので、上位層には必須級となるクソシステム。強くなるのは良いことなんだけどさあ! チップ特装まとめ wikiでもどこでも散々言われてるのでありふれた情報ですが、死ぬほど手間のかかる強化システムになっています。 チップ特装解放まで 「解放」と「レベル上げ」は別物。チップ特装解放でそれに応じたチップレベル上限の上昇がされます。素材は各共通素材4種類と、属性別素材3種類の計7種類。 特装解放することで、レベル上限が10上がるため、最大30まで上がる。プラグレベルが1になるので、解放した時点で5%とか6%ぐらいチップ効果は挙がった状態になる。中にはプラグレベル1が最大のものもあるため、そういうのは解放した時点で終了。 曜日クエストの「特装素材を求めて」で入手が可能。多分主戦力の★12の場合は、★4素材2種類が50個近く必要とかいう鬼仕様。ちなみにドロップは1周につき3個とか4個。★10素材とかに至っては1周につき1個しか出ないし、2種類別々で出ることは恐らくないため運試し状態。 マジ? プラグ強化 地獄の始まり。プラグ強化はプラグ強化で、解放とは違う素材が求められる鬼仕様。レベル2~10は、こっちの素材を使って強化していくことになる。拷問かなにかの類。 素材は、レベルが「2・3」「4・5」「6・7」「8・9」「10」で必要な種類と数が切り替わる。正確に言えば、2・3のときは★3素材のABCを5個ずつ求められて、4・5では★4素材のABCを5個ずつ求められたりする。 求められる種類に関しては全レアリティ共通で、数だけが増えていく。最終的に、 ★11 = 共通素材である★3~★6が10個ずつ、属性別素材である★8~★11が4個ずつ、最終素材として★12が5個と★13が1個★12 =  共通素材である★3~★6が14個ずつ、属性別素材である★8~★11が6個ずつ、最終素材として★12が7個と★13が2個 ★13 =  共通素材である★3~★6が24個ずつ、属性別素材である★8~★11が10個ずつ、最終素材として★12が12個と★13が4個 必要。 素材獲得クエスト レベル上限を上げたいなら「特装素材を求めて」で、プラグレベルを上げていくなら「プラグ素材を求めて」を周回。 ちなみに、体感情報としてスタミナが269ある状態でスタートして、★12チップの特装を上から「9 9 6」にするのに費やしたラッピーメダル枚数は10枚~15枚程度。多分運が悪かった可能性あり。 プラグレベル10に関しては、タワークエストがないと強化素材が手に入らないため、現実的な落とし所としては「9 9 5」とかの一歩手前で止める感じ?多分、コスト低下とかの重要そうなものに使うべき。(倍率が尋常じゃないぐらい上がるものは除く) これが気合の力だ うちのモタ腐ちゃんです。これで、素の強化倍率である「E枠:160%」とプラグ強化による「①:126%」の、合計286%ということになります。 モタブは何よりコストダウンしてくれる部分が嬉しさを感じるところなので、ひとまずプラグ③のチップコストダウンだけ最大強化してあります。なかなか厳しい戦いだった…。 esはただでさえクソザコサーバーなので、ひたすら周回するのに向いていないゲームです。だというのに死ぬほど周回しないと強化ができないという恐ろしいシステムなので、もしやるならじっくり腰を据える必要があります。それと、思ったよりもメンタルを削られるのでラッピーメダルをジャブるよりも少しずつ集めるほうが建設的です。 今やってる「6周年記念任務」はプラグ素材と解放素材両方がドロップしますし、属性素材も複数落ちたりします。目当ての属性デイリークエストがないのであれば優先して回したほうが良いような気がします。 覇級ワンパンは昔の1倍通常であれば余裕のよっちゃんイカでした。現状では×4とか×10とか、その辺になるとHPが跳ね上がるためにチップ特装が必須になっています。もし覇級×4ワンパンとかやりたいのならチップ特装に手を出す必要があります。地獄を見ような。 ちなみにモタブ、多分タワークエストが使えません。確かアレって初期属性値参照だよね?相手の抵抗って。じゃあ何に使うんだってなってるけど、それこそ覇級でオート周回とか…。 皆もやろうぜes!皆もやろうぜチップ特装!